2006年11月06日

日本のネット右翼が中韓を攻撃 社会からの批判も効果なし

新華網 2006年07月01日 ソース(中国語)


ここ2年程、「ネット右翼」と呼ばれるグループが日本で形成されてきている。彼らはパソコンのモニターの後ろに横たわり、感情的な言葉で猛烈に中国や韓国などの近隣を攻撃し、心の中の不満をぶちまけている。この種の特殊なグループの出現は、多くの人の注目を集め、日本社会の主流からは批判を受けている。

すべての歴史を正視する観点に対して攻撃

「ネット右翼」この言葉は、昨年には既に日本のメディアに出現した。日本のNHK、TBS等は特集番組で報道している。今年の5月14日、日本の「毎日新聞」はネットとナショナリズムに関する討論を掲載した。日本の有名なジャーナリストである佐々木俊尚は「日本には"ネット右翼"が存在する。ネット上の掲示板やブログ等で"南京大虐殺は好いことではない"等と記述すると、彼らに猛烈な攻撃を受けることになる」とし、これらの者を「ネット右翼」と呼ぶことを提案した。

各方面の報道を見る限り、日本の「ネット右翼」は対外関係に対しての主張を行っている。彼らの共通の特徴は「ネット上で中国や韓国に対する右翼言論を発表する」ことであり、自己と対立する左翼の観点に関しては徹底的に匿名で攻撃し、相手のサーバーを麻痺させることすらある。

「ネット右翼」の言論が一番多く、一番過激なのは有名な「2ch」である。中国、韓国などの隣国に関する言論は過激であり、日本の侵略の歴史を最も過激に否定している。「2ch」のWebページを開くとすぐに、中国を中傷する各種のスレッドがあり、その中を見ればすべての物がそろっている。

あるメディアが靖国神社参拝に反対をする記事を載せたり、ある記者が日本は歴史を正視し、侵略を反省するべきとの評論を載せると、「2ch」では「売国奴」と罵られ、あくどい攻撃をされる。「毎日新聞」の政治部記者清宮克良が「村山談話」に賛成し、過去の侵略に対して反省と謝罪を表明すると、すぐに過激な批判を浴びる。これらの「ネット右翼」は韓国に対しても敵意十分で、韓国は反日教育をすべきでない等とする。また韓国人とは「相容れない」とする者もいる。

「ネット右翼」はネット上に偽の情報を流し、最悪の影響を与えている。昨年10月、長崎市のプログラマー山本隆博が日本の共同社の名前を盗用し、ヤフージャパンのWebサイトに偽の情報を掲載した。その偽情報は「米国の国防総省が18日、日本の沖縄に中国軍が侵入した」という内容で、共同社米国18日電とされた。偽情報を真に受け、日本のネットユーザーの多くに戦慄が走った。日本の警視庁は著作権侵害と名誉毀損で山本を逮捕した。

負け組みのグループ

「ネット右翼」が日本の多くの民衆の注目を浴びたのは、小倉秀夫弁護士が5月5日の「朝日新聞」に投稿した記事で、「ネット右翼」の現状の分析と暴露を行ったことによる。小倉は、「ネット右翼」を一種の社会現象であるとし、具体的な組織の関与を否定した。「ネット右翼のグループは、一時的な興奮で議論に参加する人により増加しており、言論はますます過激になっている。ネット上の保守掲示板は既に異なる意見に対する寛容をなくしている」と指摘した。

ある30代の自称「ネット右翼」は「朝日新聞」の取材に答え、かつて小説を出版したことがあるが、現在は職がなく、父母と同居し、昼夜が逆転してる生活をしているとした。また、ある関西に住む30代の教師は自分のブログと掲示板で匿名で、朝鮮に対して弱い態度を採る評論家やメディアに対して攻撃をしている。「我々は"左翼"の観点を批判しているが、そもそも発言の場所がなかった。ネットの普及は我々が鬱憤晴らしをする突破口になった」と不満を述べた。

「日本新華僑報」は6月6日、このグループに対するより詳しい分析記事を掲載した。記事によると日本の「ネット右翼」には複数の特徴がある。まず、彼らの活動方式は1960年代の日本の学生運動とは異なっている。彼らは街に出ることも、ビラを配ることもなく、ただネットの奥で自己に陶酔している。次に、彼らは流されている者が緩やかに結合したものであり、信仰も「献身」の熱情もない。彼らを「右翼」と呼ぶべきでなく、「風に流されている」グループといえる。彼らは「嫌左」「嫌中」「嫌韓」であり、ただたんに一種の感情をぶちまけているだけである。ネット右翼の相当の部分は「弱者グループ」であり、彼らは小泉による改革により得る物が無く、日増しに拡大する貧富の差により負け組みに追いやられ、その意識の喪失感を補充する為、「ネット右翼」としてネット上で自由に連想し、鬱憤を晴らし、自分が国家の命運を担った主人公になったような気になっているのである。

「ネット右翼の存在は悲しい現実」

日本の社会の主流は「ネット右翼」に対して基本的に批判的な態度を採っている。記者が取材した複数の日本人は皆、「ネット右翼」のやり方を支持しないとしている。東京に住む30才の女性は記者の取材に対し「ネット右翼が日本に存在することは悲しい現実です」とした。彼女は、この種の現象は日本の若年層が自信を失い、ネット上で反中、反韓等の排他的な言論を行うことにより、自己の存在を証明し、自己が一人の日本人であるとの感じていると指摘した。「だから、私はネット右翼の出現は日本の若年層の自信不足の表現だと思うのです」と続けた。

21才の日本の青年は、日本人の性質により、彼らが匿名の発言を好んでいるとした。日本では一般的に他人と意見を同調する空気があり、「ネット右翼」の多くは他人の受け売りをしているだけであるとする。赤信号皆で渡ればと同じで、他人と同じなら自分も恐くないと考えていると指摘する。

ある専門家は、日本の若年層で貧困者が益々増加しているとし、生活に不安がありネットを通じて生活の不満をぶちまけているとする。小泉が政権をとって以来、日中、日韓の関係が大きく損なわれ、日本が孤立していることが、これらの者の心理を逆上させていると指摘する。また、中国や韓国に対する理解不足、歴史に対する無恥が「ネット右翼」が増加する重要な原因となっている。

その威嚇を強調しすぎるべきでない

日本の「ネット右翼」のWebサイトの数量の確実な統計はまだ出ていない。しかしメディアによると、日本全国の右翼政治団体は900ほどあり、彼らは皆自己のWebサイトを持っており、これらのサイトが「ネット右翼」の主要な拠点となっている。これらのWebサイトでは戦争を美化し、軍国主義の精神を宣伝している。たとえば、靖国神社、特攻隊戦没者慰霊平和記念協会等のサイトや、侵略の歴史の否定を主題とする自由主義史観研究会や新しい歴史教科書をつくる会等のサイトである。

専門家はこれらの「ネット右翼」は客観的に日本の右翼政治家に支持を提供し、中日の民間感情の悪化をおこすだろうとする。しかし、現在の「ネット右翼」は思想レベルに留まっており、大規模な現実的な運動とはなっていない。これは極一部の日本人の感情的な表現であり、その威嚇を強調するべきではないだろう。
駐日本特約記者林梦葉

今年7月に掲載された古い記事です。面白い反日記事が無かったので、ストックから訳してみました。

「ネット右翼」に対するレッテル張りの嵐ですね。具体的な内容で勝負できない場合の印象操作の代表的な方法でしょう。公開されている記事は人民に対する教育用ですから、ネット右翼=一部の右翼団体や政治家に流された低レベル層とし、善良な日本の民衆と分けて中日友好であるといった論調にしてますね。

但し、中共の上層部はここまで日本の世論を読み間違えてはいないでしょう。ネットでは最近、各掲示板等で日本語が不自由な発言が散見されますし、人気の「右翼」ブログに対して目立たせないようにするような工作も見られます。相当気になってはいるのでしょう。

最近、朝鮮総連、部落解放同盟、創価学会といった数年前ならネット上でしか批判できない団体に対する批判や、改憲、核兵器の保持の議論等がメディアで始まっています。ネット、メディア、社会の世論がますます近づいているのでは無いでしょうか。そういえば最近、近くの小学校のクラブ活動で子供達が「日の丸」の演奏をしているのを目撃しました。私が中国に行っていた間に本当に変わったんだなあと感じました。

私がこの記事で気になったのは、「匿名」にこだわっている点です。この種の「ネット右翼」の言論を抹殺するには個々に潰すしかないですからね。きっとこの方向で対日工作をしてくるのだろうと思われます。時既に遅し。成功するとは思いませんが。
posted by 元祖うぷぷ at 12:54| Comment(12) | TrackBack(4) | 反日記事(日本国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

日本がAV学校を設立しポルノ女優を養成 ポルノ産業の影響は巨大

世界新聞報 2006年月日 ソース(中国語)


「AV女優」からみる日本社会

本紙専稿 易晨

「AV女優」はポルノビデオ産業を専業とする女性の俳優のことで、この言葉は日本で生まれた。「優」は日本では女性の俳優の意味であるため、日本の女性の俳優は「女優」と呼ばれる。

日本は島が連なり、土地が狭く、資源が欠乏している。このことにより、彼らは社会や家庭で生存のストレスに直面している。また、日本人は生殖を崇拝しており、「AV女優」はこのような環境により生まれたといえる。現在、日本はアジア最大のAVの生産国である。市場の要求により、日本のAV産業は他の商品経済と同様に成熟し、細分化されており、市場のニーズに答え、「ポルノ産業ラインナップ」を構成し、日本の経済発展に巨大な影響を与えている。AV業界は日本では市民権をもち、大規模な産業となっている。日本のAVは日本の民族文化の一部であり、この民族の抑圧下での個性表現である

「AV文化」

現在の日本では、多くの若い女性が誘惑に負けてAVの道を歩んでいる。彼女達は一夜で有名になり、輝こうとしている。一度有名になれば、社会に高く認められる。彼女たちがもしも学生なら、学校に大いに沸き立たせ、OLなら、昇進のチャンスが増えることすらある。

「AV女優」の細川しのぶは、家庭の崩壊の危機に直面し、「業界入り」した。その父は平凡なサラリーマンで、バブル経済時に多くの株を購入(多くは借金をして購入)し、バブル経済崩壊後、家庭は貧困状態に陥り借金をして生活をしていた。高校時代、細川しのぶはポルノ活動を開始したが、家族は反対し、父親は毎日彼女を学校まで送り、彼女が考えを変えるように促した。現在20歳をむかえた細川しのぶは、AV業界を既に征している。彼女はもう貧困の生活を経験したくないとして、AVの道をまだ進んでいる。

例外もある。「AV女優」小沢まどかは大富豪の家に生まれ、テニスやピアノも得意である。彼女が「業界入り」した理由は、「興味があっかたから」である。このような考えをもつ日本人は多く、それが日本の教育体系の変更を促した。2003年、日本に初めての「AVカルチャースクール」が設立されたのである。

この「AVカルチャースクール」に日本中のファンが入学した。校長の久保新二はもともとAV男優で、既に800本以上のタイトルに出演している。学校の教師は、人気の「AV女優」であり、菊池えりのような重鎮も含まれている。「AVカルチャースクール」は4つのコースが設定されており、それぞれAV演出、AV脚本制作、AV撮影、AV監督コースとなっており、学生は自由に選択が可能である。授業は週末に行われ、すべての課程を修了するには1年の時間がかかる。学生は実習に参加が可能で、実際に撮影もできる。学校に通えない希望者のために、「AVカルチャースクール」は通信教育も行っている。

日本式優越感

日本社会には外から見て不可思議な現象が存在する。サッカー選手が皆AVを見る習慣があることである。一部の「AV女優」もサッカーの有名選手を使って有名になろうとしている。1998年(訳者注 2000年と思われる)のアジアカップレバノンで、日本の選手はトルシエ監督の許可を得て、常に宿泊先でこの種のビデオを鑑賞していたが、一部の正統派のメディアに批判された。2002年のワールドカップでは、「AV女優」黒澤愛が自己の「愛国の熱情」を表現するため、選手が緊張している試合の合間に「リラックスできる」ように、主演した作品を日本チームの静岡県の合宿所に送った。2006年のワールドカップでは、「女優」真鍋かおりが、日本チームがブラジルに負けたら、彼女が日本チームのために「ヌード」になるとした。

さらに驚くべきこともあった。2006年のワールドカップでは、日本チームは完敗したが、「生き続ける」為の戦いにおいて、日本が強大なブラジルと対戦した際(日本はブラジルに1996年のオリンピックで1対0で負けており、日本チームはまだ勝てるとの考えがあった)、日本全土で代表チームに対しての支援が広がり、日本のサッカーファンが全土で大声で応援した以外に、サッカーファンは日本チームにはビデオを使った応援が必要と考えた。彼らがまず選んだのが、「頑張れ日本代表!AV WORLD CUP」であった。

「頑張れ日本代表!AV WORLD CUP」は日本AV界が代表チームの士気を高める為に特別に撮影した作品である。日本のアイデアポケット社が2006年5月2日に撮影した。当初は11名の「女優」を選手とする予定であったが、結局9名の選手とコーチ、監督となった。9名の選手は日本、ドイツ、ブラジル等のユニフォームを着た。最後に勝利するのはもちろん日本の「女優」である。ストーリー中、ブラジルやドイツの「女優」が日本の「女優」に「馬鹿にされる」場面があり、典型的な「日本式優越感」を表現している

この作品が日本で販売されると大ヒットとなった。「日本の誉れを高めた」理由以外にも、製作会社のアイデアポケット社が日本で10位に入る製作会社で、「女優」が豊富であり、各女優が場面を任せられる実力をもっていることにある。大きなイベントやスポーツ大会を題材とするのは日本のAV企業の伝統であり、多くの「女優」が「サッカーの試合の為に服を脱いで」いるのである。

政界でも「美人刺客」

日本の「AV女優」の魅力はフィールド上に留まらない。ある種の特殊な存在として、彼女達は日本の各界で「演技」を行っている。スタイル抜群で美脚で有名な藤原紀香は選挙で自民党の応援の為に声を張り上げた。日本の「週刊朝日」は、自民党は2007年夏の参議院選挙の東京選挙区で、藤原紀香を知名度から無党派層を呼び込めるとして採用することにしたと報道した。2005年9月の選挙では、小泉は「美女刺客」を使い、大勝した。一部の議員は藤原が100万票を集める実力を持っていると指摘している。藤原が自民党の参議院選挙の代表となり、「二代目美女刺客」の「栄誉」を独占するかも知れないとした。

現在36才の藤原紀香は日本の有名な女優である。しかし彼女はまだ売れていない時代に、「AV女優」をしていたのである。今日、藤原紀香はAVには出ていない。

最近中共の指示で抑えてられていたと思われる反日報道ですが、次第に復活してきています。日本の一部メディアは中共の指示をキチンと守り、中共の面子が立つように真面目に報道しているようですが、中国国内のメディア指示に対してはテキトウですね。そもそも反日記者が沢山いますし、何事にもテキトウな民族性ですし、指示された内容も半月も経てば忘れているのでしょう。

さてこの記事ですが、お約束の中華思想が見られます。「他者と比べ優越感を感じることが喜び」と考える中国人の特性もよく出ています。

順を追ってみると、「AV女優」=「女優」=「自民党の刺客議員」との印象付けを狙っているように見えます。つまり日本女性=AVのお約束です。この手の記事は「慰安婦」問題の為の下準備で、日本=猥褻の印象の徹底化の為のような気がします。

「慰安婦」の問題、安倍首相の国会答弁から「勝てる」とみた中共が今後仕掛けてくる可能性があるでしょう。ただ、中共にアドバイスをするとしたら、調子にのって攻撃すると「梯子をはずされる可能性がありますよ」ということでしょうか。「靖国」の二の舞になりますよと。

そもそも、首相の思想と相容れない形式上の回答をしているわけで、メディア対策、政権基盤の確立、来年の参議院選挙を考慮した発言でしょう。数日後に官房副長官から河野談話を検討課題にすべきとの外国人向けの発言も出てますしね。

ちなみに、藤原紀香系の顔は中国人に「美人」とされる要素が多いと思われます。
posted by 元祖うぷぷ at 22:26| Comment(22) | TrackBack(0) | 反日記事(日本国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

中国人はどのように日本を見るべきか

新華網 2006年10月11日 ソース(中国語)


新華網特稿 近年のますます激しくなる中日の対立において、世論に次第に特徴が現れてきた。「日本のイメージ」が民間の関心を呼び、世論においてのキーポイントとなってきているのである。

いわゆる「日本のイメージ」とは、中国人の日本に対する認識である。中国の一般の民衆の日本観は、「基本的な特徴」と「必然的な方向性」から構成されている。「基本的な特徴」では、日本は2面的であり、物質的には発展しているが思想では落伍であり、外からは強く見えるが本質は虚弱であり、大きな理想を抱くが心は狭隘であるということである。「必然的な方向性」は現実的な権力拡張ロジックにより、日本は必ず中国に直接対抗した歴史を繰り返し、最終的に自身に火がつき、完璧に失敗するとである。

詳細に検討を行うと、「日本のイメージ」の形成は「イメージ」から「意義」への過程であることが見出せる。近代からの侵略の歴史は、中国人一人一人の日本に対する初めての知識であり、心理学上での「第一印象」となり、単一的で、マイナスで、固定的な日本の印象が長期に渡って続くことになる。認知能力の成長により、それが補充、強化、深化され、さらに動機、手段、策略等の深層の問題に対して、その第一印象が解釈力と現実的な意義を与える。メディアがメディアの意見の発表の場だけでなく、メディアにおいて世論が社会的な「紋切り型」のイメージ」をつくり、広く信用される「集団意義」となるのである。

否定できないのは、第一印象により現実の全部か一部が変えられていること以外にも、「日本のイメージ」の深層には、歴史、文化、地縁等の複数のメカニズムが存在し、後者がさらに重要であることである。日本の長期戦略の方向性の分析を行うことのように、我々は拡張と同盟の2つの手段で等級秩序を目標とする戦略をとる以外にも、自己を起点とし、相対主義の手学によりを基礎とする戦略文化をとることにより、日本の各種の矛盾した行動のの源泉をみることができるのである。これはつまり、「日本のイメージ」が固定化された様式や記号となっているならば、木をみて森を見ない誤りを犯すのである。このように、表面上に画一化されているものの、心の中は不統一である「日本のイメージ」は改善すべき正当な理由があるといえるのである。

事実、「日本のイメージ」を突破することは、今日非常に重要になってきている。主要な理由は、日本が中国に対して影響力をもったからではなく、中国が民衆に対して大きな影響力をもったからである。現在積極的に平和発展を求めている大国として、我々はそ原始的で粗末な「日本のイメージ」を「小康社会」や「調和社会」の建設の「妨げ」にしては成らない。ましてや「中日は必ずもう一戦ある」のような「自己実現の予言」はもってのほかである。

英国の戦略家リデル・ハートはかつて「大戦略は戦争の外にある」とした。民衆の世論において民族情緒が激しく揺れ動いている現在、我々は日本国と日本人の観点を研究し、一定の期間内にこの種の余りに単純な「日本のイメージ」を覆す必要がある。

更新が遅れ申し訳ございませんでした。仕事量からして、来週から年末までは週1回ペース以上で更新できると思います。

分かりやすい国です。安倍総理との会談の前後から反日記事の分量が9割方減少しています。

さて、今日の記事ですが、当ブログでも散々指摘している中華思想と反日プロパガンダによる中国人の日本に対する偏見を指摘しています。ここまで細かい指摘と批判が新華社から出るのは新しい動きでしょう。

その偏見を無用なほどに難解に批判をし、こき下ろし、国の発展の妨げになる等として正すようにと主張しています。最後に欧米人の言葉を引用して格をつけているあたりはいつものパターンです。

このような記事が出ることは中国の対日姿勢の一つの変化といえます。一部で「親日」姿勢等と指摘されていますが評価しすぎでしょう。多少「現実主義」に基づいた動きにシフトしている程度の認識でよいのではないでしょうか。

まぁ、南京大虐殺の否定も、全国の反日テーマランドの廃止もでないでしょうから、この流れはそれらとの矛盾を引き起こし、不安定要素なるでしょう。大量生産された反日戦士達の回収修理作業も容易ではないでしょう。というか、無理でしょうね。

まぁ、がんばっていただきたいものです。国際政治に疎いとされていた日本人の一部は既に前方の遥か遠くを走ってますよ。このままでは追いつけませんよ。
posted by 元祖うぷぷ at 23:38| Comment(15) | TrackBack(0) | 反日記事(政治日中関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。