2005年03月13日

北京の日本料理店の広告「秘密裏に入村、発砲は不要」

新京報 2005年03月12日 ソース写真有(中国語)

本誌情報(記者毛学文)「秘密裏に入村、発砲は不要」亜壇村医院の対面の福禄寿日本料理店が顧客の注意を引くため、このようなフレーズをチラシに刷った。付近の住民は、このフレーズは歴史上日本「鬼子」が入村したとこを容易に連想させると話した。

福寿寿日本料理店は亜壇村安恵里4区1号の一階、亜壇村医院の対面にある。

「このチラシの"日本料理店"と"秘密裏に入村"を見て、歴史上の日本"鬼子"が入村したことを連想させ、非常に不愉快だと思う。」日本料理店の付近の店の韓さんは言う。先週末、北辰買物センターと料理店の前でこのチラシは配られた。「これらのフレーズは顧客を引き付ける方法としては議論する必要がある」

亜壇医院、付近の住民もチラシ上のこの文には首をひねる。「"発砲は不要"と食事は違いがありすぎてどうやっても結びつかない。何でこの店はこんな落ちを使うんだ。これは客の反感を買うだけではないか」

「"秘密裏に入村、発砲は不要"に特別の意味はありません。ただのキャッチコピーです。顧客に料理店の印象を深くさせ、この店を覚えてもらいたかったのです。」李支配人は昨日午後に答えた。広告のフレーズは映画の一部分で、顧客はどのように考えようと、店側は関係ないとした。

(コメント)
中国の日本料理店の経営者は大体台湾人か韓国人であり、おそらくこの件も日本人は絡んでいないと思います。

日本企業の広告を巡って中国人の尊厳を傷つけた云々で謝罪した日本企業が過去にいくつかありますが、その際は言いがかりとしか取れないものが多いのですが、これはダイレクトでしょう。こんなキャッチコピー作りますかね。

最後の店側のえらそうな回答もいいですね。日本企業だったら必死に謝罪でしょう。

大体の中国人はネット上でニュースを見る場合、捜狐等のポータルサイトを利用するんですが、社会記事のトップとして一面にこの記事のリンクがありますね。おかげで記事付属の掲示版は発言が1000を超えてます。日本のメディアが騒ぎすぎと批判している国のメディアとは思えませんね。

posted by 元祖うぷぷ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

日本国籍取締役中国人女工に暴行容疑 すでに逮捕決定だが国外逃走

捜狐新聞 2005年02月03日 ソース(中国語)

「女工が告発した日本国籍取締役の強姦」追跡

この事件に関して日本国籍取締役逮捕決定

中国人女工暴行未遂の容疑者、審問までの保釈中、検察が実証するもすでに帰国

本誌(記者梁永建)宝安区新橋の日本国籍経理に中国人女工に対する暴行未遂容疑がかかっている問題で、最近新たな進展があった。昨日、記者が聞いたところによると、検察院等の部門は日本国籍取締役田山雅成のこの件に関しての実証をしたが、すでに彼はすでに逃走、帰国している。検察院は現在彼の逮捕を決定している。

去年7月22日夜10時頃、安区新橋の日本企業小林塑像ゴム製品向上の幹部宿舎の306号室で、日本国籍取締役田山雅成が女工の王絹(仮名)を強姦未遂した疑い。その後この件は深センの格大媒体により報じられた。しかし、警察が有力が証拠を見つけられず、事件に対しての多くの疑問点があったため、警察の取り調べの間、田山雅成は中国の法律によって、審理保釈手続きがとられた。

おととい、この件の当事者である女工王絹は記者に語った。彼女は故郷に帰ることも、深センにとどまることもできない。この件が報道され、彼女の故郷の友人はみなこの事件を知ってしまい、また、まだこの件の結果が出ていない。工場の者が言うには、田山雅成はすでに帰ってしまったという。

昨日、記者は王絹の代理人である弁護士の盛典弁護士事務所でこの件がよくわかった。この事件は証拠不足であった為、検察院は田山雅成の逮捕を決定することができなかった。田山雅成は病気であったため、中国の法律によって、小林塑像ゴムを保証人にして、審理保釈手続きがとられた。しかし、その後捜査が進み、田山雅成は逃走、帰国し、中国の法律に違反した。検察院は彼の逮捕を決定、以降、田山雅成が中国の国土を踏んだ場合は、警察によって逮捕される。

(コメント)
よく出てくるパターンですね。日本の男、北京のホテルで三人に傷害 謝罪せず調停2回失敗や、日本日本A級戦犯の息子の秘書、中国人中国人女性店員を殴り重症等と同じ種類でしょう。時々、出てきます。日本人男性の中国人女性に対する暴力と言う面で共通ですね。これは日本人男が暴力的である印象操作、男女不平等であり、中国の男女平等の間接的な強調等の意味があると思われます。

日本人では無く、日本国籍になっているのはおそらく「法律的」なものを強調しているからでしょう。ただ、この種の「外国人が優遇されている」といった記事をあまり乱発すると最終的には義和団のようなことが起ると、個人的には心配なのですが。

この新聞もよく読むと、容疑者は「強姦未遂」なんですね。さらに、証言があやふやだそうで。限りなく怪しいです。慰安婦と同じパターンでしょうか。さらに、記者は被害者の弁護士からの取材だけで、容疑者側、警察への取材はしていません。つまりでたらめの可能性もあります。

仮に真実だとしたら、この会社のリスク管理は甘かったと言わざるを得ないでしょう。取締役の日本人男性と中国人女性職員が疑いを掛けられるような環境を作ってはいけませんし、問題発生後も毅然とした態度をとらなければなりません。結局、強姦の件ではなく、保釈中に逃亡した件での逮捕状が出ているわけですから。


この件に関してはあまり関係ないですが、先週あたりから、中国側が、靖国神社に対してはトーンダウンをするとの報道が日本の新聞で散見されます。今週に入って、一般の中国人のコメントの中に過度の愛国者の発言をけん制するものが散見されるようになってきました方向転換が進んでいるのかも知れません。
posted by 元祖うぷぷ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

日本の男、北京のホテルで三人に傷害 謝罪せず調停2回失敗

網易新聞 1月19日 ソース(中国語)

「現在すでに金の問題は片がついた。私はただ、怒っているんだ」昨日の午前、日本人客に殴られたカイサイホテルの従業員の劉さんは二回目の調停の失敗後に言った。

1月8日夜9時45分、北京カイサイホテルの3階の運動場のレストラン内で、一人の日本人客が3000元が入ったコートが蜜からないと言いがかりをつけ、ホテルの3人の従業員を殴った事件に関して、昨日の午前、日本人が勤める会社で被害者とホテルとが外事局の介入の元、第二回の調停に向かったが、協定は結ばれなかった。

ホテルの警備部の呂部長によると、調停の失敗は賠償金額と必ずしも関係があるものではないという。

劉さんの話によると、調停において、日本側は警備のグウに対して1万元程度、張に1000元以下、劉は1200元だという。しかし、彼女が言うには、日本側取り囲んで殴った原因と賠償問題に関して、謝罪の意思を表示しなかった。このようなことから、劉さんは司法で、この問題を解決する準備をはじめた。

カイサイホテルの渉外部は、「今のところ、書面による謝罪は着ていない。ホテルもこの件に関して影響がある」これに対して、殴った男の会社の顧問弁護士陳は、謝罪は協定が結ばれた後にするとし、「われわれは調停後に謝罪と賠償を行う。しかし、2回の調停は失敗した。」どのような処理を行うか、陳弁護士は未定とする。ホテルは引き続き調停を希望する。

(コメント)
1月11日の 日本人男コートがなくなったと言いがかり、北京のレストランで暴れ3人負傷の続報です。

「日本側」などとして小戦争モードをあおっている以外、たいしたものでは無いですね。1人が殴ったのが「取り囲んで」殴ったように拡大してますが、10年後にカイサイ大虐殺事件にならないように祈りましょう。

金額からして、あやしいですね。日本人が罪を犯すと半端ではない金額の請求がくるはずです。1000元と1200元(1万5千円程度)の2人は「精神的な苦痛」ではないかと思います。1万元の警備員は小競り合いが合ったのかも知れないですね。

掲示板のレスを見る限り中国人の受けはいいですね。やはり直接的なものが中国人民の皆さんは理解しやすいのでしょう。

posted by 元祖うぷぷ at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

日本人男コートがなくなったと言いがかり、北京のレストランで暴れ3人負傷 その2

今日は掲示板に書き込まれた中国人の反応を見てみます。

北京カイサイホテルの奴、お前ら中国人の面子を台無しにしやがって!
ホテルの警備員、ただ飯食いか、お前それでも男か!
ホテルの支配人、お前ら何を教育してるんだ。金儲け以外に国家の体面の為の教育をしたのか。高等教育を受けたんだろ、多くの農民企業家ですら、もっと強いぞ!
こんな簡単なことをこの程度の対応かチッ。兄弟である中国人が、小日本の畜生に殴られたんだぞ。南京と瀋陽の中国人を勉強しなおせ。お前ら北京人はいつもこんな怠慢なのか?恥を知れ。

-支持 166人

日本人を木馬に縛って引き回せ

-支持 108人

北京人、外地人ともに奴隷、外国人がご主人様。言う事はない、一文字、卑!

-支持 101人

日本人について、もう何も言うことはない。殴られたやつも日本人を理解していないんだ。皆、考えてくれ。何でこんなことになるのか?現在中国の国力は上がってる、国際的な地位も上がってる。なぜこんなことになるのか、"精武門"みたいに鬱憤を晴らしてればいいのか?
何で韓国のようにできないんだ。俺たちの政府、公務員は外国人から寄付をもらい、自分のポケットに入れる以外、何もできないのか?尊敬できるのは出された金を受け取るのではなく、自分で掴み取るんだ。
中華民族の美徳を寛容と言うならば、なぜ、我々の祖先は匈奴を攻撃し、倭寇追っ払ったんだ!寛容も相手を選べ。この畜生に我々はこれからも耐え忍んでいくのか?身近なことからはじめよう。日貨排斥 俺は日本人が俺たち中国人の金をつかって中国に来て売春、暴行するのを見たくない!

-支持 58人

(コメント)
とりあえず50人以上の支持を集めた上位4つを訳してみました。

一番目、私と同じく、なぜ周囲の中国人が助けなかったかを責めています。南京は南京大虐殺のこと、瀋陽は日本大使館の話ではなく、731部隊の人体実験の話をしています。結論が中国人ぽいですね。「北京人」が悪いと。この人はおそらく内陸部の人ではないかと思われます。

二番目、そのままですね。ちなみに、中国のテレビでは犯罪者はさらし者にされます。

三番目、これも「北京人」を責めてますね。北京には「政府」という意味もあります。「中国人」とてい一致団結して日本人を攻撃すればいいのに、先に仲間割れなんですよね。

四番目、力作です。つまり国力がないから侮辱を受けるのだそうで、逆に言えば、国力が劣った相手に対しては、以前津波の時の反応のように

インドシナ〜 お前のような野蛮で原始的な国家は消えうせろ。
実際のところインドシナ人は劣等民族。

ということになるわけです。まさしく、強気に従い、弱きを挫くですね。もし、日本の国力が中国より下になったらどうなるか、容易に想像がつきます。決してそうしてはいけません。

最近の日貨排斥運動でよく出てくるのが「韓国人を見習え」との主張。見習ってください。はい。

ちなみに、精武門はカンフー映画、匈奴は中国の北方にいた民族で、漢民族とよく対立していた民族です。

今回は訳していませんが、私と同様になぜ一人の意見を検証もせずに掲載するのかに疑問を呈するものや、なぜこれが「民族の恨み」に直結するのかを疑問視するもの、外国人も中国人と同等によって裁けばよいだけの問題だとするような冷静な意見もあり、支持されていることも見ておく必要があります。その辺は逆上して燃え上がる半島の人と宗主国との違いでしょう。

もっとも、これらの掲示板の意見は人民のものだけでなく、中共政府の世論工作員もかなりの数まぎれていることも見ておくべきでしょう。もしかしたら日本人の煽りもあるかもしれないですし。
posted by 元祖うぷぷ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

日本人男コートがなくなったと言いがかり、北京のレストランで暴れ3人負傷

網易新聞 05/01/10 ソースはこちら(中国語)

昨日午後、北京カイサイホテルの3階の運動場のアルバイト張は仕事をしていた。前の晩9時45分ごろ、一人の日本人客が3000元のコートが見つからないと言い掛りをつけ、彼女に殴りかかり、ホテルのパートの劉(女性)と警備員のグウも同時に怪我をし、昨日は出社できなかった。ホテルの警備部と建国門外派出所が現在処理をしており、結果は出ていない。

日本人客がコートが見つからず係りに殴りかかる

記者が張と会ったとき、彼女はレストランの掃除をしていた。張は回顧して言う、殴りかかってきた日本人は170cm、45歳位の中年男で、濃い赤のコートを着ていた。「園子は北京郵航貨代理公司の新年会で、41人参加しました。」宴会が終わり、その日本人が彼女の前に現れ、あまりうまくない中国語で言った「俺の服、3000元」張は大体彼が言ったことがわかった。「服が見つからない、中には3000元入っている」

張はその日本人客の友人が彼のコートを持って言ったのを目撃しており、彼のそばのその友人を指差した。まさかその客がさらに何か言った後に、右手を伸ばし、張の肩の上を殴りるとは思わなかった。張はすぐによけ、ホテルの警備員を呼んだ。

その日本人客は張から離れると、テーブルを片付けていたパートの劉に大声で脅した。劉が知らないと答えると、前に押し倒し、劉の左頬を殴った。「私が戻ったころには、劉はすでに殴られ、後ろのソファーに下がっていました」当時、そこにいたコックや音響係等はみんな目撃している。劉が言うには、彼女は殴られた後、必死に逃げたが、日本人客は彼女を殴り続けた。

警備員が殴っていた男を止めるが、彼もまた殴打される

その後、ホテルの責任者が到着、張はもう一度警備員を呼んだ。そのころ殴った男はロビーに着き、ホテルの外に出るところであった。ロビーに着いた警備員のグウと2人の同僚は男を止めようとした。そのときに、グウと殴った男は回転門の中に入った。
「回転門の中でグウはその日本人に三回殴られ、左の顔から失血した。」張は言う。警備員は門の外まで追跡した。最後に、その日本人は門の外で10数人の同僚が駆け寄り、警備の車から逃れた。「彼は自分で運転してました。酔ってなかった。彼の服はなくなってもいない。彼の友人が持ってました。彼が車に乗った後、彼がコートを着たのを目撃している人がいますから」

やった男は警察に対し殴ったことを否定

張は記者言った。事件後警察が到着したとき、殴った男の同僚は殴ったことを否定した。「私は4年働いているが、こんな人をみたことはないわ」張は言った。

建国門外派出所の警察が記録をとり、3名の殴られた者は北京医院で検査を受けた。パートの劉とグウの傷は重く、昨日は出社していない。昨晩、カイサイホテルの警備部と建国門派出所は現在処理中であるとし、結果は出ていない。

(コメント)
どのような印象をもちますか? いろいろな印象があると思います。いろいろ疑問がありますね。

1、張さんが言っているだけで裏を取ってない。つまり出鱈目の可能性大。そもそも張さんは実在かい?
2、その日本人、そんなことでバイトやパートのおばちゃんを殴るか?
3、周りの中国人はなぜ止めないの?

などと感じる人が多いのではないでしょうか。その他にも

4、こんなことが何で記事になるんだ。中国人は日本で人を殺しまくってるじゃないか。

という人もいると思います。このページを見ている中国在住の方はさらに突っ込みどころを発見できるでしょう。

5、そもそも45歳の男がなぜ直接中国人のバイトに中国語で尋ねる? (これは通常、駐在員の年配者はあまり中国語を勉強せず、通訳がつく、もしくは宴会の席などでは中国人社員もいるわけで、まず彼らに尋ねると思われる。)

6、3000元持ち歩いてるんだ、リッチだな。(日本円にすると5万円程度だが、こちらの物価水準から考えると30万円ほどになる。通常は1000元程度持ち歩く人が多い)

7、トラブルはまずいだろ。車運転していいの?(中国の日本企業はトラブルに対して非常に神経を尖らせる。仮にこのような事件が起これば全国紙に載るような大事になる。中国で日本人が車の運転をすることは可能だが、禁止している日本企業は多い。人身事故で中国人を殺した場合、会社にとって非常に大きなリスクに成るからである)

などの意見があるでしょう。

日本人留学生や女を買いに来ているおっさんならともかく、駐在員だとしたら考えにくいです。もっとも、中国ブームですから、質の悪い日本企業も来ており、一概に否定もできませんが。

どうも、以前の記事、日本A級戦犯の息子の秘書、中国人女性店員を殴り重症等と同じパターンなんですよね。つまり凶暴な小日本の男が弱い中国人女性を訳もなく殴りつける。つまり、日本人男が南京で理由もなく女性を犯し大虐殺をしたとの延長と考えられるんですね。

この記事、中国人に大好評みたいです。今時点でコメントが2600も書き込まれてます。中国人に支持されているコメント等を明日は訳して見たいと思います。
posted by 元祖うぷぷ at 22:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 反日記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

日本 日本A級戦犯の息子の秘書、中国人中国人女性店員を殴り重症

人民網(中国語) 12月23日 要約

犯行に及んだのは衆議院議員平沼赳夫の秘書大垣進保41才。12月13日、東京港区の中華料理店。営業時間は午前11半から翌朝の5時まで。女性店員が近づき、「終電がなくなりますよ」と声をかけると、「なんだと」と言って殴りかかった。警察は取り合わなかった。女性は顔に怪我をし、自宅で療養している。

平沼赳夫は平沼騏一郎の息子。平沼騏一郎は終戦後、A級戦犯として無期懲役刑。

(コメント)
李登輝さんとか、大きなニュースもありますが、こねたで。
てか、A級戦犯の息子の秘書ってえらい遠い関係ないじゃないか。
掲示板で冷静な中国人にも指摘されてるし。
ちなみに平沼赳夫は靖国に毎年参拝しています。

posted by 元祖うぷぷ at 19:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 反日記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。