2007年02月25日

硫黄島から何の手紙が送られたのか?

捜狐掲示板 2007年2月10日 ソース(中国語)


最近、米国人監督クリント・イーストウッドが「ヒューマニズム」を標榜し第二次大戦の皇軍を描いた映画が、日本でセンセーションを引き起こし、日本人の自尊心を駆り立てた。硫黄島の指揮官であった栗林忠道将軍を日本の有名な俳優である渡辺謙が「ヒューマニズム」たっぷりに、自己の残酷で重い使命を深く理解している「理知人」として演じた。この映画が日本で公開されると、日本の映画館は満席となり、映画を見終わった日本人は皆、自尊心と悔しさの涙を落とした。

「硫黄島からの手紙」は米国人監督が「尊重する態度」と「ヒューマニズムに忠実」な手法で第二次大戦時の日本の軍人を描いた初めての映画で、オスカー賞の4部門にノミネートされ、5週連続で高い興行収入をあげた。ある日本の老人はこの映画を鑑賞後涙目で、戦時中の尊厳に満たされた人を非常によく描いており、尊厳がこの作品のテーマだと話した。

それでは、この映画の内容と従来の「凶暴で残虐な鬼子」と描かれた日本軍の描写の何が違うのであろうか?

この作品では、日本の兵隊が人間的に悲惨に描かれている。これはつまり、このような戦争において、日本人もその他の被害を受けた人民と同様に被害者であり、さらに悲惨であり、唯一の違いは日本人は刀を持っていたが、その他の国の被害人民は殺されただけであったとの意図をもっている。どうりで、日本人がこの作品を見終わると、無念さで満たされ、感動して満面に涙を流すわけだ!!!!つまり、日本人が普段思っても話せない話を、この映画が話しているのだ。では日本人は普段何を考えているのか?

日本人は一途に中国を侵略した戦争が、卑劣で恥知らずで強盗行為で、世間からつばを吐きかけてやりたいほどに軽蔑されることであることを認めようとしない。この作品は日本人の声を代弁しているのである。日本人か引き起こし、他国人から「侵略」とされる戦争を当時の日本政府のプロパガンダと同じく聖戦であると。日本の軍人は聖戦の戦士だと。この聖戦の戦士の殺戮は、「大東亜聖戦」の障碍の邪魔者を消し去る聖戦であったと。

子どもの頃から我々は映画の中で、日本鬼子の凶悪で残忍な姿を脳に刻み込んでいる。これはわが国政府が誤った毒薬を我々に飲ませていることを意味する。我々のような「愚民」は「順民(他民族の支配に帰順した人民)」に成れず、日本政府の民衆への「救い」の配慮を理解できないのである。どうりで日本の老人が我々中国人を「支那豚」と呼ぶわけだ。

少し残念なのは、この映画が中国での南京等の多くの大虐殺、三光政策、中国での殺人、略奪、強姦、拉致、731、百人切り競争・・・を取り上げていないことである。もしも取り上げたなら、「ヒューマニズム」や「尊厳」の角度から壮麗な歴史物語を描けていただろうか? 歴史上での日寇の「ヒューマニズム」や「尊厳」はどのようなものだというのか? 彼等の「ヒューマニズム」がクリント・イーストウッドが掲げる「史実を尊重する」ものならば、「狼」の「ヒューマニズム」と「鬼の尊厳」となるのであろうか? 残念なのは、クリント・イーストウッドは目的を達成する為、人類が専用で使うべき「ヒューマニズム」や「尊厳」を使ってしまったことである。まったくもってお笑いである。童話の世界のように、野獣を擬人化し、人の言葉を話してしまっている。童話は童話であり、娯楽に過ぎない。もし君が現実で影響を受けてしまうならば、本当に野獣に「ヒューマニズム」や尊厳があると思ってしまうことであり、君は間抜けな豚である。

この作品は、日本の軍国主義の復活のタイミングで上映され、彼等が必要としていない「恥辱」をゴミ箱に捨てさせている。「読売ウィークリー」である評論家は、「この映画は偏見がなく(それなら抗日映画は偏見だらけになってしまう)、ヒューマニズムから戦争を描いている。我々は栗林将軍や日本の軍人の誠と尊厳を感じることができる」としている。これは当時の日本の軍国主義の見方と同じである。


掲示板の投稿です。作者は愛国主義世代の標準的な若者でしょう。軍国主義日本のプロパガンダには抵抗するものの、自国のプロパガンダはそのまま信じ込んでますね。

もちろん、極極一部ですが、同じ映画を見てもう少し違った感想を持つ中国人もいます。当ブログとは正反対の傾向の中国の記事を選んで翻訳されている有縁ネットさんが訳出されています。532中国の三面記事を読む(136) 「硫黄島からの手紙」を見て(1) 「内江葉子」と名乗る作者、バックグラウンドはわかりませんが、中国人にしては上出来でしょう。当然、自分のブログ(中国語)では売国奴扱いされています。

オスカー賞、もう直ぐ発表ですね。
posted by 元祖うぷぷ at 11:09| Comment(18) | TrackBack(0) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ドーハ・アジア大会からみる日本人の民族性


捜狐社区 民間紀事 2006年12月01日 ソース(中国語)


昨日、ドーハ・アジア大会の卓球女子の中国と日本の試合を観戦し、中国チームの積み重ねの力の爆発を感じ、着実な基礎力、特に王楠のレシーブには余裕が感じられ、キャプテンとしての風格も感じられた。

それに対して日本チームであるが、彼女らに共通する特徴としてある分野の技術的な優秀さはあるものの、総合能力は非常に劣っていた。たとえば王楠と対決した日本人選手は、サーブは凶暴で、回転し、力も強いものの、王楠がレシーブして打ち合いになれば、直ぐに慌てふためいており、明らかに基礎力不足である。キャプテンの福原愛を含め、中国チームで練習を何年も行っているにもかかわらず、いっぱいいっぱいで、足並みも揃っていない。彼女達は中国で練習をしたものの、子供のころから中国で育ったわけではない。一方、我が中国チームの選手は、子供の頃から基本的な力を養い、国家の代表チームに向けて一貫した訓練方法を採り、一寸の隙もない。我々の選手は長期のハイレベルな練習を行っているのである。1〜2年の練習ではとてもかなわないのである。

他の分野を連想してみよう。経済、科学技術、軍事等、我々は彼らの製品が世界レベルであることを知っている。電器、半導体、自動車、ロケット等もある。しかし、これらの技術は全て日本が創造したものではなくご主人様の米国から特許を購入したものであり、それを生産し、改良しているのである。応用科学において日本は世界トップレベルであるが、全ての応用科学の基礎であり、最も基本的なものである基礎科学に関しては、日本は明らかに欠如しているのである。例えば日本のロケットは性能は非常に先進的であるが、しばしば墜落する。何故このようなことが起きるのか? それは最も重要な部品がご主人様の米国のものであり、日本にこの技術を与えていないからである。日本は何故、基礎科学の研究を行わないのか?

これは日本の民族性に問題があるからである。我々が周知のとおり、日本は第二次大戦に敗戦後、主人である米国に命運を握られた。それゆえ彼らは自身の発展を急ぎ、自身が強大になってご主人様によるコントロールから逃れようとしたのである。そしてこのような思想の元、日本は急激に発展する為に米国に既にある技術を取り入れた。日本はこのように3〜40年続け、経済の奇跡を成し遂げ、一躍世界の経済強国になったのである。

日本は何故、基礎科学の研究を行わないのか?これは基礎科学の投資が巨大で、貢献が巨大で、リターンが非常に遅いことが挙げられる。目先のことにとらわれ、視野が狭い日本人にはこのような事業は出来ないのである。

我々の航空産業を看てみよう。1950年代既に毛首席はこの分野の研究を先見の明をもって決断され、現在我が国の航空科学技術は世界3位となっているのである。我々は50年の歴史を経たのである。これは我々の民族性である。中国人の研究は着実に積み重ねる物であり、これは我々の煌びやかに輝く文化が我々に残してくれた巨大な財産といえるのである。

我々は中華民族は英明な故総書記の指導の元、民族の復興の大業を成し遂げよう!

我々は誇りある中華の子なのである!


前回同様に面白い反日記事が出てきていません。相変わらず超変態! 日本の結婚式(中国語/大人向け写真有り)の類の日本=変態写真の類は沢山ありますが。まぁ、裸を煽るのは結構ですが、この手の内容を真に受け教授が裸で教壇に(中国語/写真有り)なんて勘違いをする人民が多数発生するリスクを考えたほうがいいんじゃないですかね。

さてこの内容ですが、これは掲示板の記事で、新聞記事ではありません。中国の各ポータルサイト等はブログや掲示板を一般の記事と混在させていますので、中国人の日本観の形成に大きな力を与えることから、今回は訳出してみました。

まぁ、典型的な中国人の日本観といえます。ある程度教養のある中国人からよくこの種の話は聞きますね。出鱈目の知識と妄想の塊です。総合能力がある中華民族は、ご主人様の米国から全て授けてもらった劣等な日本とは違い、先見の明をもって自力で国を発展させているとのプロパガンダです。まぁ、ロシアのロケットを国産と称して打ち上げただけで、ここまで自尊心を持てるのですから、すばらしい前向き思考ともいえますが。

この手の誤った知識と妄想を持ち、日本に渡り仕事をしている中国人で、日本の広く深い科学技術に圧倒されてしまい、自尊心を喪失していまう人が結構いるようです。日本は戦後50年でここまで成長したが、中国は20年以上掛けてコピーしか出来ない・・・どうしてだ・・・とね。何回も指摘していますが、日本が西洋の優れた科学技術を積極的に導入したのは明治維新後ですから、既に100年以上の歴史があるわけで、そう考えれば、あと80年経てば中国(有れば)も今よりは発展していると考えれば大切な自尊心を保てるんですがね。

実際は80年経ってもあまり変わらないか、さらに悪化しているような気もしますが。
posted by 元祖うぷぷ at 22:34| Comment(21) | TrackBack(0) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

中国の男は日本の女を娶るべきでない その2


しゃべり始めてから初めてわかった

汚い発音、軽蔑すべき口調、もし彼女を殴らなければ、こんな長く中国人である自分は中国人として名乗れない。手を使うか、足を使うかが決まらないうちに、自分と一緒に参加した女性達がコップ一杯の水をぶっ掛け、その日本女性が必死に作った化粧は解け、凶暴な顔つきで、高い声を上げた。鬱憤が晴れた。このコップ一杯叩きつけ、その友人に、おまえTMこの日本女を捨てろ、さもなくは俺達は友達ではないと言い放ち、自分らは立ち去った。

これが世界で一番優秀な女性である。優しさで民族全体を守る女性である。もともと、大和民族は唯我独尊思想を主張しており、既にそれがすべての日本人の骨の奥まで染み込んでいる。日本女性のように謙遜しようとも、彼女達は大きな流れに追随し、人の話を受け売りする。最も許せないのは、このように踏みにじる行為そのものではなく、この種の行為が一種の習慣となっていることであり、自然と口に出るのは、わざと口にするよりも許せないことであり、これは日本女性の本質が変わらないことを示している。

リビングでは貴婦人で、キッチンでは主婦でも、日本女性はベットルームでは尻軽女であるわけで、援助交際からAVアイドルまで日本の風俗業界はアジアで屈指である。普通のサラリーマンから家庭の主婦まで、禁じられた恋を演じている。ある人は、これは日本女性が一定の時間抑圧されたことに対する正常な反動の行動の喜怒哀楽の表現であり、偽装し、公衆に背を向けて、これらの行為が飛び出してくるのである。---スプリングと同じで良く跳ねる。

かつて間違って兄のいわゆる日本のAVをみたが、いかにも猥褻なおやじと、顔立ちがよく豊満なボディの日本の若い女の表現は当時の自分に与えた影響は深刻であった。興奮して叫び、さらに欲しがる表情や、事が終わった後の空虚なまなざし、落ち着いた顔色は、ひょっとしたら、興奮もいい、快感もいいのかもしれない。これはただの仕事であり、何の意味ももたないかもしれないし、本物かもしれない。しかし、このような突き放すような演技は、彼女の技術の不安から来るものであり、BTは天性であるならば、なんとも哀れである。

なんと哀れなことか!!

結婚は日本女性の折り返し点である。すべての汚れを落として、結婚前の放蕩は許される。実は堕落を経験した女は三級のアイドルと同様である。彼女らはすでに支払っているから収穫があるのである(訳者注 体を売って仕事を取る意味)。これは責めるべきものではない。男の枕もとにYYを貼り付けられ、永遠に幸せに嫁ぐことはできない。彼女らは価値がない女だからである。今たとえ家を守る女であっても、かつて派手に騒いだことは、既に去った煙なのであろうか? 温和な表情で一言寂しさをこらえるため息は、長く続くことだろう。

カミサン、やっぱり家がいいな。

結局「団地妻の秘密」系(古い?)の日本製AVを見過ぎの人でしたね。

中国では基本的にエロはご法度であり、闇で古くから日本製のAVのコピー品が出回っています。最近はその中心がDVD、インターネットに移ってきています。ポータルサイトの検索キーワードや、Webページ数等を見る限り、実は「反日」よりも「日本のエロ好き」中国人の方が圧倒的に多いのが現実です。

これが一般の中国人の日本女性に対するイメージとなるんですが、上記のエロ日中交流事情とともに、性の解放度も関係しています。街中では結構きわどい服を来た若い女の子もよく見かけますが、日本に比べればやはりまだおくゆかしい部分があり、大学生でも処女率が非常に高かったりします。(さらに言えば童貞率はもっと高い) 開放された日本に対する過剰なまでの期待があり、それが誤解になっています。

今回の内容がどこまで本当かわかりませんが、もしも本当だとするならば、中国人との交流に対する対応は考えたほうが好いですね。日本人に対して優越感と劣等感が絡み合った複雑な感情をもつ民族ですから、上記のような批判を日本人がすれば、爆発する可能性が十分に予測できます。そしてその爆発は、外国人を特別扱いする中国国内ではなく、海外で起こる可能性が高くなります。

欧米の白人に対して崇拝し服従する民族ですから、白人と日本人、中国人の友人で飲みに行って、白人が容赦なく虫けらのように中国人をけなしても、ニコニコしてうなずいていますが、日本人が多少でも彼ら「民族の尊厳」に関わることを言えば顔色は変わります。中国人もいろいろいますが、基本的な部分は同じですので、注意に越したことはないと思います。

ちなみに私は、多少苦言を言った後、「同じアジアの民族として」とか「快速に発展し、台頭する中国」等のキーワードをフル回転して誉めるのが得意です。

中国、テロ計画の情報を撤回(日経)
民主・前原代表、対中外交の対話不足批判(朝日)
米議会報告:中国、北朝鮮に大量破壊兵器を提供(大紀元)
ダライ・ラマから贈られた白いスカーフを首からかけて会談するブッ
シュ大統領(GettyImages)
(大紀元)
中国船が一時領海内航行観測船か、海保機警告(産経)
胡耀邦元総書記の伝記、中国当局が出版差し止め(産経)
posted by 元祖うぷぷ at 15:49| Comment(30) | TrackBack(2) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

中国の男は日本の女を娶るべきでない その1

捜狐 民間記事 2005年11月09日 ソース(中国語)


古い小話で、人生で一番すばらしいのは、英国の家に住み、独国の車に乗り、仏国の服を着て、中国のコックを雇い、日本女性を娶り、米国の給料を得るというものがある。

つまり、日本女性は世界で公認された理想の妻であり、温和で恭順で、一途に家を守る。徐志摩のあの有名な「さよなら」では、もっとすばらしい、日本女性のさまざまな風情、さまざまな姿勢、特に頭を下げて優しく、スイレンの花のようにそよ風のような耐えられないなまめかしさであふれている。

古い映画の中で見られる、端正な日本女性が質素かもしくは華麗な和服を着て、高いまげを結い、濃いおしろいを塗り、視線を落とし、表情を見せず、両手を交差して、ひざを突いて座り、話すときは温和で、婉曲した表現をして、お帰りなさいませの一言にも、生まれて持った謙遜が見られるものも、女性専用の敬語があるのも、これら一切、完全に大和民族のいわゆる男尊主義によるものであり、日本女性自身の気の弱さにあるのである。

これらは確かに多くの男にとって、非常にうらやましいことであるが、もし妻がこのようであるならば、夫は何を求めるのであろう?もしこれらを日本女性が見るなら、非常に誇りであり、道理にかなっており、順調であると思うだろう。これらを女権主義者がみれば、冒涜であり、奴隷根性は哀れむべきであるが、奴隷のような酷使がないか、酷使を自覚していないかとするだろう。

俺達は一般の男ではなく、よだれをたらすことはない。俺達は日本女性ではなく、自尊心を感じることもない。俺達は女権主義者ではなく、同情はしない。実際は一言で済ますことができる。BHの民族、このBTに説明はいらない。

数日前、自分のある友人が、日本の若い女が気に入り、彼はなんてことなく、その日本の女を武装解除して投降させた。週末の夜みんなが外であつまる時、彼はその日本の彼女を連れてきて、どうやら我々にみて見て評論しろと言う。

正直言って、単純に一人の女性として、特に欠点はない。背が低く、清潔な顔、流行の服に、優雅な挙動、どうやって笑ったら歯を見せないかを我々に示し、小鳥のように人になつき、座るときは両足をそろえ、膝の上に手を置き、話すときは少し前かがみになる。このような打ち解けた雰囲気は、旅行の話の時まで続いた。

彼は、もともとABCである。米国で生まれ、米国で育ち、中国人の顔をしているが、中身は偽の洋鬼子であり、中国に来たこともなく、クリスマスに帰国しようと思っている。その彼女は一途に優しく小声で彼に寄りかかり、頻繁に口をはさみ、中国のどこの地方が汚いだの、危ないだの、遅れているだの、戻ったら伝染病に気おつけろ等と言い、日本がどんなにすばらしいか等とほらを吹く

更新頻度が減っています。申し訳ありませんが、仕事の関係でおそらく年末にかけてUPできる記事数もコメントの反応速度も遅くなると思います。

掲示板の内容があたかも記事のように大手のポータルサイトからリンクを張られていることがあります。これはそのような半分掲示板の書き込み半分記事の内容です。

今日訳した内容からは、そもそもこの内容が本当のことなのか、この作者の妄想なのかは断定できないですね。日本女性の話し方の特徴等の描写は的を得ています。その日本女性は最後、中国をこき下ろしています。米国留学中の中国に滞在経験のある日本人女学生が、中国人の前で、英語で中国をこき下ろすというのは中々考えにくいとは思いますが。

この日本女に対して中華民族の尊厳を守るためどのような反撃を食らわすのか!
明日、後半をUPします。
posted by 元祖うぷぷ at 00:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

日本鬼子よ、なぜ中国を恐れる? その2

鼎盛軍事 2005年07月13日 ソース(中国語)

そうだ、君らは負けたんだ!!!しかし、我々、かつての先生は、君らが刀を下ろせばやりなおせると思い再度信じて、君らの孤児に善処し、賠償を求めず、自己の後輩に中日は友好であるべき、以前のことは日本鬼子がしたことで、日本人民は善良だと教えた。。。

我々は黙って自己で傷を癒し、我々は黙って列強の抑制のなかで模索し、今日我々は終に発展の道にたどり着き、我々も富んで強い国になるのである。この時、君らは恐れ、威嚇だとし、中国を抑制しようとする。。

どうしてこの種の心理になるのか、君らは分かるまい。君らは、野心をもち、偏って固執し、牢獄の中で長く苦しんだ為、人類が持つべき正義の公理を既に失い、自己の異なった概念に固執する。

君らの性格は自大で、自卑である。君らの自大は、自分を優秀な民族だと思い、貪欲な胃は満足せず、東アジアを占領し、南アジアを占領し、太平洋を占領しようとする。今日に到るまで進歩せず、左の隣国を挑発し、右の家を挑発する。しかし、君らの内心は極端に自卑である。それは、君らは基本がないさすらい人で、過去の中国の文化が君たちを育てたからである。しかし、先生が衰弱したとき、刀を向けたのである。今日の君が見つけた新たな主人は君が牙をむくのがいつか分からないのである。

君らの性格は美しく、凶暴である。君らは衣食住に優雅さを求めるのは、あたかも菊の花が精巧で華美であるようである。君らが団結を説き、順序を説き、組織を愛するのは、あたかもアリの軍団が協調して、秩序があるようである。しかし、君らの野心が膨張したとき、君らは非常に凶暴残酷で、野蛮であり、それは働きアリが殺戮だけを知っている兵隊アリになるようなものである。

君らの性格の清潔癖と汚さは、君らを外から見れば非常に清潔癖であるが、身なりにこだわらないことを誉れとする中国の文化人とは全く違う。また中国の文化人の大きな心はもっていない。君らの偏狭で、変態の心理は、たとえ文化のかすであったとしても、それは君らにとって有利である。もともと、捨てることができないのだから。

君らの変態の性格は、良い鏡である。それゆえ、君らは中国を威嚇だと見る。君らの心理の刀を隠しても、明らかにしても、中国を恐れるのである。君らは心から侵略の責任を清算したことが無く、君らの良心は君らの心を拷問にする。日本よ、今日の君の心はどうして謙虚でないのかい?

バリバリの中華思想ですね。特に太字にしたところはキーワードです。全体といわれれば全体なのですが。

この手の何の論理もない文章は、「誤訳」の可能性が大きくなります。なかなか意訳ができないもので。突っ込みようも無いです。

作者は、「菊と刀」のような基本的な日本に対しての知識以外に色々日本人を知ってそうですので、恐らく日本への留学経験があるか、日本企業と関係のある(つまり日本語が話せる)中国人かなと思われます。


さて、日本のメディアでは扱いが小さいですが、米が台湾に軍事介入なら「核使用も」 中国軍高官が発言なんて記事がありました。
朱院長は「(中台)両岸の紛争に米軍が介入すれば、核攻撃の応酬になるかもしれない。西安より東の都市をすべて犠牲にしても、我々は核兵器で応戦する」と述べた。

この手の記事を見ると、本当に中国で働いている(=中共の為にもなっている)のが嫌に成ってきます。常識を大きく逸脱したこのような中国の軍事、米ユノカル買収攻勢等の経済の動向はまさしく「脅威」ですね。どうして最近の中共はここまで劣化してしまったのでしょうか。

中国、日本に抗議 「試掘権の付与は主権侵害」(人民網日本語版)
日本政務官発言「極東裁判は誤り」に反論 評論(人民網日本語版)
ワシントン・ポスト紙:中国の石油戦略(大紀元時報-日本)
米国民の4分の3、中国のユノカル社買収に反対(大紀元時報-日本)
発砲の中国人らを道案内 暴力団関係者を逮捕 (産経)
拉致言及に中国が「理解」 6カ国協議へ日中会合 (産経)
炭鉱事故死の17遺体隠す 中国、経営者を拘束(産経)
東シナ海ガス田に日本名、「桔梗・楠・白樺」(朝日)
中国で絵画バブル、5年で価格5倍に 230万ドル落札も (FujiSankei Business i.)
中国海洋石油、米ユノカル買収額引き上げ シェブロンに対抗 (FujiSankei Business i.)
posted by 元祖うぷぷ at 12:19| Comment(13) | TrackBack(1) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

日本鬼子よ、なぜ中国を恐れる? その1

鼎盛軍事 2005年07月13日 ソース(中国語)


ドイツの元首相シュミットはある取材で話した。「私は日本の友人に聞いたことがある。君はなにを恐れているのだと。彼は中国を恐れていると言った。私はさらに彼に聞いた、この2000年の歴史で、中国は日本の領土を侵略したことがあるかい?彼は無いと答えた。それならなぜそんな風に考えるんだい。彼は答えられなかった。」

そうだ!我々中国人も聞いてやればいい:中国の発展を君ら日本はなぜ恐れるんだ?中国の富国が君ら日本に何の威嚇になるんだ?

大唐朝で、君らは初めて人道を知り、直ぐに黒い手を朝鮮に伸ばした。結果白村江の戦いで大唐朝の威風を味わい、恐れおののいた君たち日本は、謙虚に学ぼうとしたので、我々は君たちが刀を下ろせばやりなおせると思い、君たちに衣服と礼儀を与えた。

大宋朝で、我々は文明の盛りと衰退を経験した。君らは見て愚かであると思いながらも、恐ろしさから手を出さなかった。

モンゴル元朝で、君らはもっと凶暴な統治者を見た。君らは自分を顧みる暇さえなく、手出しのしようがなく、君らも我々もお互い何もおきなかった。

大明朝で、君らは自己が成長し、中国人は気が弱いのだと思い、倭寇として先生の家を焼き払い、人を殺し、金品を略奪して、生計の足しにした。

満清朝で、君らは終に機会を得、甲午の一戦で君らは勝った。君らは我々の持っていた多くのものを奪い取った。わけも無く君らの7年分の財政収入に相当する金と大きな土地を手にした。君らは侵略による所得で近代工業化を進め、その後勝利する日露戦争の軍備を固めた。

この時から、君らは中国を太った肉と見るようになる。現在の教科書の中に出てくる怨念のように、一切の侵略の責任は中国が君らの野生を刺激したからだと言う。君らは揚州で残酷な対中国人向けに発明された「三光」政策で虐殺をするだけでなく、君らの貪欲な意欲は、戦争の渦をますます深くしていった。そして最後に、君らは負けたんだ!!!

中国のネットでは一般人民が掲示板に投稿した「逸品」投稿を記事に近い形で読者に提供することがあります。今回の文書もそれです。もっとも投稿している人民のバックグラウンドは分かりませんし、その選定基準も分かりませんが。

中国人が尊敬するドイツの元首相の小話から始まりますが、まぁソースは見つからないでしょうね。中国人が考えた文章だと直ぐに分かりますし。

白村江の戦いは日本が百済、唐が新羅と組んで戦ったもので、日本が黒い手ののばしたなら、唐も伸ばしてますね。
当然、元寇は無視ですね。倭寇はありますが。

威風を味わいだの、先生だの、非常に分かりやすい中華思想ですね。中国の過去の朝の名前が、「大唐」「大宋」「モンゴル元」「大明」「満清」に成っています。「大」がついているのは中華の中心「漢民族」の国家です。

侵略による所得で 日本が工業化し、日露戦争で勝てたといったような書き方をしていますね。
一切の侵略の責任は中国 と教科書に書いてあると思っているのでしょうかね。

明日、後半を訳します。

台湾と日本の漁業交渉、中国の主権に抵触 外交部(人民網日本語版)
写真展「抗日戦争と華僑」 ニューヨークで開催(人民網日本語版)
戦勝60周年展示会、外国人が見学 抗日戦争記念館(人民網日本語版)
郭軍:中国の躍進は災難か、それともチャンスか(大紀元時報_日本)
東京在住中国人、一時帰国中に「国家秘密漏洩罪」で逮捕(大紀元時報-日本)
唐・中国特使が訪朝 経済支援決める?(産経)
AU独自の決議案を提出 G4との調整本格化 (産経)
米議会「安全保障脅かす」 中国のユノカル買収提案で (産経) 調子に乗りすぎ。
金総書記が中国・唐国務委員と会談、協調姿勢を強調(読売)
靖国・遊就館ツアー、町田市教委が後援(朝日)
靖国参拝慎重派が勉強会を発足 「ポスト小泉」具体化か(朝日)
posted by 元祖うぷぷ at 19:42| Comment(12) | TrackBack(1) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

この恥さらし、日本人みたいや

ソース(中国語)

日本が中国人の反感をさらに買うのが原因で、現在成都では、人を軽蔑するときによく、「この恥さらし、日本人みたいや」という。日本政府、特に小泉政府の行動は日本ブランドの没落の原因となっている。当然ネットの発展が民意を伝えるツールとなっていることは確かである。

(コメント)
成都市は中国の内陸部、四川省の省都です。反日騒動のあった重慶市の隣ですね。ちなみに市内で一番利益のあがっている商店は「伊藤洋華堂(ヨーカドー)」だそうです。
日本の場合、ネットの情報が補完しあい、民意のレベルを上げているような気がするんですが、中国の場合、補完し合い全体のレベルを下げているような気がします。
posted by 元祖うぷぷ at 13:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

大東亜共栄圏を断固支持

ソース(中国語)
小中学校で日本語の授業を増やし、大学入試で日本語必修とし、大東亜共栄圏を断固支持し、中国も天皇設け、日本とともに秩序を満たし、ともに協調し中日のうつくしい明日を作り上げよう!

(コメント)
今日から掲示番に面白いコメントがあったら適時取り上げていきます。

自称日本人の右翼団体と同じ戦法ですね。わざと不快感を与えようとの意図でしょう。「小日本」1単語でケナスより上達しましたね。
posted by 元祖うぷぷ at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

こねた 2004年最強投稿写真集

まずはこちらをご覧ください。

おもしろいか?

大体、人が死ぬのをどうしてこういう風に使うかね。
いっそ、アメリカ人に知らせてあげてください。

ちなみに中国のペンキのテレビ広告でお相撲さんが出てきて他社製のペンキで壁に出鱈目に塗って、その後、英国紳士が出てきて自社製品を使うってのがやってるんですが、他国の国技に対する冒涜ですね。

ちなみに地震の津波は非常に大きな被害を出しているんですが、掲示板では予想通りこんなのがありました。

もう一回でかいのが来て、日本が沈むのがいいねぇ。
2005年のある日、ダダダダ、30メートルの高波が来て、日本がなくなる。

こんなのも。

インドシナ〜 お前のような野蛮で原始的な国家は消えうせろ。
実際のところインドシナ人は劣等民族。

中華思想丸出しですね。だから東南アジアで嫌われるんだって。
明日は時間があるので、まじめな内容を訳してみます。

posted by 元祖うぷぷ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

日本の高級ホテルでは女体盛が必ず出る

今日は南京大虐殺記念日です。
当然、「愛国者」の若者たちも盛り上がります。中国のポータルサイトSOHUに投稿された一人の中国人の投稿を訳して見ます。

みんな、「日本沈没」という映画をたことあるか? 俺は何百何千万の日本人を殺すことはいとわない、民族を抹殺すべきだ。日本人を地球上から消滅させよう。一つの方法は日本列島を沈めること、もう一つは彼らの遺伝子を研究し、その遺伝子を使って彼らを全滅させることだ。もちろん美女は残す。商売の道具としてな。われわれは小さな島と、第四産業を手にするんだ。資本は日本人女だ。これを使って中国をもっと発展させよう。

解説をしましょう。

日本列島を沈めるとの部分は中華思想の一つです。「島」というのは中華思想上、劣等民族や罪人が住むところなんですね。ですから中国人は「日本は島国だ」よく言うのはそう言った意味が含まれています。

女性に関する記述が出てきますが、「日本人女」を手にするのは彼らの優越感を満足させるすばらしい方法だからです。つまり、戦争中日本人によって中国人女が犯されたとか、日本人売春団の集団売春とか、高級クラブでお持ちかえりをする日本人とか身近にいるわけでどうしても対抗したいわけです。日本人の女性の留学生がもてるのはそんな意味があります。(もっとも日本人男+中国人女のカップルが多い)

ただ、中国人が嫌いな日本人も「美女は残す。商売の道具」とはなかなか考えつかないですよね。これは中国に売春が蔓延している証拠です。つまりとても身近なんですよね。

以前、知り合いの中国人に「日本の高級ホテルでは女体盛が必ず出る。日本に行った友達から聞いた」との話を聞きました。私を含め、他の外国人が彼に「考えてもみなよ、中国の高級ホテルでそんなことしたら、大変だろ。高級ホテルは信用が大切だからね」と、説得するように行ったのですが、すぐに彼はこういったのです。「重慶の最高級ホテルでは日本式女体盛りが出るよ」私は行ってないのですが、どうも、ほんとらしいです。
ちなみにフィットネスクラブや喫茶店など思いもつかない場所で女性が買えるのです。

さすが、5000年の歴史。
posted by 元祖うぷぷ at 15:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 反日投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。