2005年10月17日

小泉が憲法改正のたくらみを推進 神道を援助し「拝鬼」の合法化へ

新華網 2005年10月15日 ソース(中国語)


中新網10月15日電 香港文彙報の報道によると、日本の自民党の平和憲法の改正への勢いが続き、憲法上の政教分離の原則を薄めようとしている。新憲法の草案が一旦通れば、小泉純一郎首相の今後の靖国神社の参拝は合法となり、はばかることなく「拝鬼」をすることができ、小泉の神社参拝に対する訴訟も基本的なよりどころを失うことになる。

日本の現在の平和憲法は、米国が第二次大戦後に起草したもので、日本政府の役人の宗教活動への参加を明文で禁止している。しかし、小泉政府は一途に平和憲法の改正を進めており、日本が国際社会においてより活発な軍事、外交的役割を担えることを希望している。自民党のウェブページで公表されたばかりの改正草案では、日本政府の役人は、「社会の風俗の範囲内で」宗教活動に参加ができる。

小泉を憲法違反で訴える根拠を減らす

東京の早稲田大学の憲法の専門家水島朝穂は、もしこの改正が通れば、必ず小泉を憲法違反で訴える根拠を減らすことになるとする。彼は、「政府の役人が死者の追憶を理由にして、靖国神社参拝が合法化されることになる。この草案は明らかに訴訟が起こされることを防止するものだ」と話す。水島はさらに補足し、憲法改正の結果は深刻であり、もし日本が将来再度戦争に突入し、軍の死者がでれば、小泉政府は彼らを偶像と同様に崇拝することができるとする。

役人が神道を援助へ

新憲法起草委員会の自民党の衆議院議員の船田元の秘書守三樹(音訳)は、これに反論した。憲法改正により小泉が靖国神社に安心して参拝できるとの疑問に対して、「改正は役人が神道儀式等の大型の式典に出られるようにする為」とした。

日本の自民党は11月に最終草案を提出すべく審議を行っている。しかし、政教分離の条文は修正においては主要な問題ではない。自民党の主要な目的は憲法9条の改正し、日本が国際的な戦争、平和維持活動時に派兵するときに違憲の指摘をされないことである。

先月末、大阪高等裁判所の判決で小泉の靖国神社参拝が憲法の政教分離の原則に違反するとされたが、判決に禁止する力は無く、小泉は独断で靖国神社を参拝しつづけるであろう。小泉に対する訴訟が同一の結果がでても、東京高等裁判所は、小泉の憲法違反とする法律の基礎がないとする。

この記事はおとといのものですが、昨日の日中総合政策対話の2日目協議、中国の都合で見送り(日経)などでもわかるように、中国側も既に本日の参拝がわかっていたようですね。

おそらく、靖国神社の秋季例大祭にあわせただけなのでしょうが、中国側とすれば、先月末で反ファシズム勝利60周年の反日運動が一段落し、各種の新聞記事や催しなどでも「中日友好」を強調し始めたばかりですので、完全に出鼻をくじかれたのかも知れません。

比較的まともな記事だとは思いますが、小泉首相の任期は来年までであり、憲法改正には数年かかりますから、「小泉の靖国神社対策」という前提が間違っていますけどね。

蛇足ですが、早稲田の水島朝穂教授がでてきますね。検索していただければわかりますが頭の中がお花畑の教授です。

外交部「日本に遺棄化学兵器処理の加速を望む」(人民網)
中国の外貨準備高、49.5%増の7690億ドル(朝日)
外交部:東シナ海問題「『中間線』は日本の一方的主張」(毎日)
国連改革:安保理改革中国外相「対話深める」日本に歩み寄り示す(毎日)
posted by 元祖うぷぷ at 12:46| Comment(5) | TrackBack(2) | 反日記事(政治歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早稲田出身としてお恥ずかしい限りです。ただ水島朝穂は、極左学者として有名ですが、学内や憲法学会では「憲法学者」として見なされておらず、司法試験受験者には完全に無視されています。講義受講者も、極僅かなシンパと単位目当ての一般学生(単位はかなり甘い)だけで、純粋に憲法学で評価している人なんて聞いたことがありません。あくまで「平和憲法」学者であって憲法学者ではない。ちなみに左翼だからという偏見はありません、他の早稲田の憲法学者も皆左派ですが、優秀な人もいると思います。
Posted by wos at 2005年10月17日 17:54
私は早稲田出身どころか、この教授の授業も受けたことがあるぐらいでして。

何か地雷(もちろん中身は抜いてあるが)を持ってきて嬉しそうに見せてましたね。
肝心の憲法の講義は受けたことはありませんが、話によると9条の話でほとんど終わるとか何とか、ということらしいです。
Posted by hal at 2005年10月17日 18:24
元祖うぷぷさん、いつも翻訳ご苦労様です。
日本では、小泉総理の靖国参拝にまたもや、
中国様が怒ってるぞー、という論調記事が
あふれていますが、そちらでは街中は平穏な
もんで、言う程騒いではいないどころか、宇宙
飛行士の帰還で話題が持ちきりじゃないですか?

大体日本メディアは世界の中で日本がどう見られ
ているか、日本がどう関わっているかという
視点でしか報道できていないわけです。世界では
日本人が思っている程もともと日本に関心が
あるわけじゃないのにね。
Posted by ヤオミン at 2005年10月18日 20:59
憲法20条には、
「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」
とあります。

さてクリスマスは、キリスト教の教祖であるイエス=キリストの誕生を祝う行事であるので
公共機関および施設においてクリスマスツリーを飾ることは、
キリスト教の祝祭を行っていると言う点において、明らかに憲法を犯しています。

特に児童館、図書館等 多数の子供の利用が予想される施設には注意が必要です。
彼らの成長途上の未完成な自我に修復不可能な影響を残す危険性があるからです。
もしそのような行為を発見したならば、直ちに当該機関に注意を促し、憲法遵守を徹底させることが日本国民としての義務です。

と言ってみたりして・・・
Posted by きつね at 2005年10月18日 21:15
>飛行士の帰還で話題が持ちきりじゃないですか?
おっしゃるとおりだと思います。
日本のメディアはあまりに過剰反応ですね。

国外から見ていると日本は内輪で細かいことをあまりに真面目に議論しているように見えます。そもそも中国人を含む外国人は日本人ほど真面目でも繊細でもない場合が殆どですので、かなり異質に感じるでしょう。中国人風に言えば、やはり「島国」なわけです。

隣人が異質なら、どんなに話し合っても解決しないこともあります。解決できなければ、相互にある程度「無視」するのも付き合っていく方法だと私は思います。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年10月19日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

小泉的靖国神社参拝2005
Excerpt: 先日の北朝鮮による拉致事件に関係の疑いのある北朝鮮系施設への家宅捜索をほとんど報道しなかった荒狂放送NHK。小泉的靖国参拝は懇切丁寧に放送するのね。 どこの国の公共放送ですか?| ̄|○ 
Weblog: 神のいどころ
Tracked: 2005-10-18 01:12

★ 靖国神社、国立追悼施設はなぜダメか? 高橋哲哉 『国家と...
Excerpt: 小泉純一郎首相、靖国神社参拝の是非で明け暮れた、昨日今日。不断の「脱軍事化」へ向けた努力がないと、国立追悼施設は「第2の靖国」になるだけだ!そう主張して、各地で物議を醸した、名著『靖国問題』(ちくま新..
Weblog: 書評日記  パペッティア通信
Tracked: 2005-10-19 12:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。