2005年09月27日

ある中高生の中華民族の明日への憂い その2


二、ネットに迷い、抜け出せない

一部の軽率な人は、今日の社会において盲目的に経済価値と過ぎた「女性優勢」を追求し、男子の理想、英雄主義教育を放棄し、男子がットゲームに知らないうちにはまり、学習に大きな影響を与える「課外活動」をしていることを放置し、90年代より前の優秀な男子--我々の先輩方が苦労して学習して、社会の悪いものを取り除いたことを研究しようとしない。今日の多くの男子は学業を放棄し、一日中ネットカフェで彼らの言う「学業」を成し遂げ、自分の未来に何がおこるかを考えず、ただ、視野には、あでやかな格闘の画面があり、レベルがアップしているのである。ネット上のものが虚構であること以外に、彼らが現実社会でますます一文なしになっていることに気が付いていないのである。

深センのある中学2年生XXXは家出をして、3日間ネットカフェに入り浸り、母親に見つけられて家に戻され鎖につながれた。夜中の4時に窓から抜け出し、下水管を伝って4階から降り、ネットカフェに戻った。江西の17才の高校3年生は授業に出ないで2ヶ月間ネットにはまり、ネットゲームをしている時に緊張しすぎてネットカフェで突然死んだ。深センのある中学2年生は、ネットに迷い、母親に使用禁止され、家のマウスを隠された。彼がネットをしようとしたところマウスが見つからず、なんと洋服ダンスの鏡を叩き割り、家のガラスをこなごなにして、床をぐちゃぐちゃにした。江蘇のある16才の男子は父母のネットカフェ禁止に「反抗」して、包丁で自分の左手の小指を切り落とした・・・。本当に恐ろしい。

三、身体を鍛えず、身体の素質が悪く、戦場では自衛できない

中日韓の子供の夏キャンプを、我々は何回か経験した。毎回、我々は大きな震撼を覚えた。中国の子供は生存能力、創造力において、日本の子供よりはるかに劣るのである。ある日本の少年が出かけに、中国の少年に言った。「もし戦場なら、支那の男子は俺の相手じゃないね」 また、現在の多くの大学の軍事訓練もこの一点をあらわしている。男子生徒はまあまあの出来で、苦労をしようとせず、ウソの病気で休もうとして、非常に情けない。多くは競って怠けようとする。平時に訓練を欠かせば、自身の欠点の自己批判はできない。戦場においては、敵は自己批判の時間をくれない。我々はさらに多くの代償を払わなくてはいけないのか?まさか、抗日戦争のように数十人の中国の将校と兵士と日本の一人とを取り替えるとでもいうのか(中国軍人民間死亡3500万人、日本軍の中国戦場での死者40万人)戦場で敵に直面した時、「活発な男子」はただやられるだけであり、中華民族の未来は早稲われ男子の「毅然、卓絶、誠心、責任」を求めているのである。そりは現在のいわゆる「活発な男子」のような勉強をせず、苦労をせず、享受だけしているものではないのである。

中国語が話せる日本人少年がでできますね。中日韓の友好行事に参加して中国人を挑発するとはなかなかの悪人です。あと、中高生が書いた文ですが、大学の軍事訓練に関しても細かくかかれていますね。なかなか先を見越して勉強している中高生です。もうすこしうまい話を作れないものですかね。

ネット中毒の若者の話が出てきますが、これ以外にも、援助交際、引きこもり、ニート等、最新の流行を中国は必ず取り入れています。そしてそれが日本に比べ過激になっています。たとえば中国のニートですが、ニートでいる理由は(あくまでも私の聞き込みレベルですが)「親が金持ちだから」というのが圧倒的に多い。日本だと「希望する職業につけなかった」「知識能力に自信がない」という理由が多いらしいですが。つまり日本は「労働」することを前提にしていて、中国は「労働」をまったく考えていないんですね。これはそもそも日本人に「労働」を美徳、必須のものであるという考えがあるのに対して現在の中国がそれらがないことからきていると思います。こういった社会の共通の認識が少ない為、どうしても中国では考え方や行動が極端になる傾向があるのではないかと、私は考えています。

明日、続きをアップします

温家宝総理、日中経済協会の一行と会見(人民網)
中国経済は崩れても潰えないのか?(2)(大紀元) きちんと分析したい記事
中国総領事館突入で実刑 政治結社構成員に大阪地裁(産経)
中国、米の参加反対を明言 東アジア首脳会議で米誌(産経)
中国、海洋油田生産を2010年までに倍増・1兆6000億円投資(日経)
中国、東シナ海に予備役船艇大隊を発足(読売)
posted by 元祖うぷぷ at 23:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 反日記事(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかしまぁ…、ゲーム中にショック死する例が中国にもあったとは。先日も韓国でネットカフェを終焉の地にした人が居ましたけど、ひょっとして日本にも居るのでしょうか、我々が知らないだけで…。

>中国は労働を全く考えない

ある人が金持ちになる、すると、それに寄生しようとする自称縁者がワラワラと出てくる、という話ですよねぇ。現在では地方に限られた話なんでしょうが、長者たるもの親戚一同を養って当然、という考え方(アフリカも同様な考え方が根強いそうな)も手伝っていたと聞きます。まぁ、都市化が進むとまた別の問題が出てくるんですね。

>中国語が話せる日本人少年がでできますね。

シナと呼んだり一人勝手に勝利宣言したり、その勇気は称賛に値します。が、確かにもう少しリアリティを感じさせて欲しかったですな。

追伸・デザイン変わりましたね、確かに見やすくなりました。
Posted by A7M3改 at 2005年09月28日 02:43
>>深センのある中学2年生XXXは家出をして〜
>>本当に恐ろしい。

いや、素直な学生が書いているだけあって「中華版ネット中毒者模様」がリアルすぎて「本当に恐ろしい」です。

>>包丁で自分の左手の小指を切り落とした・・・。

日本の同世代も褒められたものでないけど、たかだかネットゲームでココまでするのか?
と思いますが、前世紀に阿片にあそこまでドップリ漬かった民族だけにさも在りなんかな…。

>>中国では考え方や行動が極端になる傾向があるのではないかと、私は考えています。

本当に同感ですね。
Posted by at 2005年09月28日 08:39
愛読者です。
 中国には、アジアカップ以来むかつきっ・しです。怒りの炎が燃えさかっております。
 管理人さんにおかれましては、良質の燃料を・下していただき、まことにありがとうございます(笑)。

>日本人に「労働」を美徳、必須のものである
>という考えがあるのに対して現在の中国が
>それらがないことからきている

 むかし台湾で教師をされている方が中国行きの船に乗ったとき、同席した中国人と会話をしていたところ、職業の話になったのだそうです。
 そこで、その方が教師である、というと、中国人は、
「 さ ぞ 儲 か っ た で し ょ う 」
 ときいてきたそうです。どうも、かの国の人々は、美徳や倫理といったものをそもそも持っていないのではないかと思われます。
Posted by ろろ at 2005年09月29日 01:31
>追伸・デザイン変わりましたね
色気もなにもないですが、まぁ見やすければいいかなと。

>さぞ儲かったでしょう
教師=お金持ちの構図が出来上がってますから。まぁ中国国内で商売をする外人(私)にとってすれば、中国の「金」絶対上位の価値観というのは商売しやすいですけど。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年09月29日 18:23
今平均的な軍人の単純な肉体的戦闘能力だけを
比べるなら韓国人がトップだと思うぞ。

日中戦争の時も日本軍下の朝鮮部隊は
一般的な日本人部隊よりも
遥かに恐れられていたけどw
Posted by て at 2005年11月06日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。