2005年09月17日

少女援交 日本社会の潰瘍

捜狐女人社区 2005年09月16日 ソース写真(中国語)

日本では、人々は「援助交際」のひどい蔓延をより恐れるようになってきている。いわゆる援助交際とは、少女が体を売り、中年の男とクラブやホテルなどで性行為と引き換えに資金援助を得る行為である。

東京の繁華街では何処でも奇妙な服装をした少女の群れが集まっているのを見ることになる。見たところ年齢は18才未満のお年頃である。彼女達は喋り笑いながら、通行人を観察している。特に身なりがきちんとした男性に対しては媚びた視線を送る。彼女達はあたかも売春の遊女のようであるが、悲壮感はなく、みんな非常に明るい。彼女達はいわゆる「援助交際」をしている日本の中学生、高校生である。

「援助交際」は日本人の女子中高生との性行為の婉曲表現である。これらの女子中高生の「援助交際」を行う理由は決して貧しいからではない。彼女たちは刺激を求めているのである。彼らは4、50代の男性と酒をのみ、カラオケを歌い、淫らな行為まで至る。彼女達の多くは自分が楽しいのと同時にかなりの「報酬」が入ることは非常に割にあうことと考えている。

1997年6月9日、東京の報道機関が、大学の責任者が280名の14〜17才までの少女とその種の関係を結んでいたことが発覚したことを報道した。国際社会は震え上がったが、日本人自身はこれに関して特に反応は大きく無かった。

米国の国務省は人権報告書の中で、日本のいわゆる「援助交際」等の少女の売春行為はやまず、多くの10代の女性の人権がひどく侵害されていると指摘した。この報告書では、日本は1999年に18才未満の児童の買春と少年少女の猥褻な作品を禁止した「児童売春禁止法」成立させ、警察当局はこれらの行為に対する大規模な取締りを行ったが、男性の10代の女性に対する買春行為と、個人的な関係との線引きがまだされていない。「援助交際」は既に日本の現代社会の持病である。日本社会の独特の土壌が「援助交際」生存を助けたのである。

若者社会での「性」の自由、女性の「性」の商品化、日本社会はこれらに対して善悪を決めない態度を取ってきた。報道によると、「援助交際」経験のある女子中高生は驚くべき比率で、高2女子の32.3%、高3女子の44.7%に上っている。テレビ朝日のような影響力のある媒体も娯楽番組を公に放送し、「援助交際女」の電話番号、価格、写真等の広告までも放送しているのである。実際のところ、「援助交際」は女子中高生だけに存在するのではなく、女子大生、看護婦、女教師、家庭の主婦等の日本の女性のなかでも存在する。

理解し難いこれらの社会現象は合理的に日本の社会のなかに存在する。日本社会の歴史の深層を見てみれば、これらの「援助」が十分に日本の社会の国情に合っていることが分かる。日本社会は未だに公認の「男性中心」社会であり、女性は男性の付属であり、男性の為に生きることが、日本の女性の深層心理に潜伏している。彼女達は自分に幸福な生活をもたらす男性に全てを捧げるべきだと考えている。同様に日本男性の女性に対する趣味は理の当然である。

声:作者梁暁は「感覚日本」の中で、日本の女性は日本社会の「潤滑油」だという。「援助交際女」は、この「潤滑油」の一種なのであろうか。このように広まった「援助交際」は恐らくは日本女性の日本社会への「普遍の援助」なのであろう。

日本社会は未だに公認の「男性中心」社会でありがこの文章の一つの目的です。中国人はよく「中国は男女平等」であると誇らしげに日本人に語りかけてくるのですが、まさしく、これは共産党の「平等」革命の正しさの宣伝ですね。街中での女性の就業率等を見る限り一見すると男女平等ですが、男性が多い出生率等をみれば直ぐに分かる嘘なんですけどね。

しかし、この筆者は、日本に来たことが無い人でしょうか? まず、コスプレと援助交際の区別がついていませんね。あと、援助交際の方法ですが、どうも中国等で見られる街中で客引きをする売春方式と一緒くたにしているようです。女子大生、看護婦、女教師、等を上げているところをみると、どうも日本製のAVの見過ぎではないかとの疑念も湧きます。しかし、世界の何処に女子高生の半数近くが売春する国があるんでしょうね。

掲示板の一般人の反応は比較的冷静です。無論、いつもながらの罵声もありますが、売春大国である中国自身の売春のひどさを嘆く声も多いです。あらゆる面で中国は加速度的に発展しています。そして行き過ぎる傾向があります。「援助交際」もすでに外国から導入しており、女子大生等が積極的に金持ちと関係を持つケースが多いようです。私自身も夜間の住宅街で10代前半の化粧すらしていない普通の女の子に誘われたことが数回あります。今後更に激しくなることでしょう。

なぜ中国経済の『基本的な面』は不変、というのか (人民網日本語版)
中国のビジネス環境は91位 世界銀行(人民網日本語版)
中国の中産階級、20年後に就業人口の4割に(人民網日本語版)
中国は日本の常任理入りを牽制 国連総会(朝日)
posted by 元祖うぷぷ at 23:59| Comment(8) | TrackBack(2) | 反日記事(日本国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むぅ…。毎度のことながら、事実誤認・コジツケ・捏造のオン・パレードのようですね。

売春斡旋番組放送中との濡れ衣を着せられちゃったテレ朝、お気の毒さまです。ま、ある意味では朝日の自業自得のような気がしますけど。

>どうも日本製のAVの見過ぎではないか
看護婦ってのが出てきた時点で、そうとしか思えませんね。そういえば中国の掲示板などでは「日本の女はレイプを望んでる」とか、とんでもない妄想を膨らませてる輩の書き込みも多く見られると聞きますが…。

>普通の女の子に誘われたことが数回あります
なんと…。エイズの潜在的な拡散度という点では、日本も相当なものがあるのではないかと危惧してるんですが、どうやら中国の加速力には敵いそうにないですね。
Posted by A7M3改 at 2005年09月18日 02:19
>夜間の住宅街で10代前半

え〜と
場所は何処で?
値段の相場はいかほどで?w

Posted by エロ親父 at 2005年09月18日 15:17
「悔しい!」
日本有数の繁華街に住みながら、援助交際にはトンと縁がなかった。しかし、これほどの効率で女学生が援助交際をしているとは……私の外見からいって、金を持っていると見られなかったのだろうか。それならば、彼女らの他人を見る眼力は正しいのだが……

思い出せば、かつて瀋陽で地元女子大生から、「英会話の勉強をしたいので、お付き合いを」という理由で援助交際らしきものを持ちかけられました。かわいらしい女性だったのですが、ヤバイことになるかもしれないと逃げたものです。残念?

ところで、記事中のアメリカ国務省の人権報告書の内容が取り上げられていますが、確かこれには日本の「人身売買」、つまりフィリッピンなどの外国女性とヤクザによる管理売春、が対象でしたね。外国の「援助交際」にまでアメリカが介入しないでしょう。
Posted by 神石 at 2005年09月18日 16:25
写真がまた凄いですね(笑)
Posted by 東アジアな人 at 2005年09月18日 19:39
これは何かのイベントのコンパニオンでしょ。
Posted by きつね at 2005年09月18日 22:51
日本の援助交際が中国でも蔓延し、ネットでテレクラみたいのが流行ってしょうがない、記者が潜入取材してみたら大学生、みたいな記事がありましたが、他国の売春は悪で自国の売春はきれいな売春というスタンスが、朝日っぽくてよろしいです。

中国人(に限らず外国人はみんなですが)はエロビデオを見て、「日本の女は誰でもやらせてくれる」と思う、現実と虚構の区別が付かないかわいそうな人たちです。
Posted by aquarellisute at 2005年09月18日 23:12
>とんでもない妄想を膨らませてる輩の書き込みも多く見られる
中国人の日本関係の検索ワード等で見る限り、「エロ」が「反日」に大勝してますし。
あとは慰安婦で侮辱されたからやり返すといった意味合いもあるようです。

>日本有数の繁華街に住みながら、援助交際にはトンと縁がなかった
私は日本一の繁華街付近に5年以上住みながら、縁がなかったです。。。

>これは何かのイベントのコンパニオンでしょ。
ですね。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年09月20日 00:22
>女子大生、看護婦、女教師
これで中華民族の好みがわかったな。
よし、日本人全員女子大生、看護婦(看護士)、女教師にしよう。
そうすりゃあいつ等も文句は言えないな。
Posted by Popee at 2005年10月03日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7033460

この記事へのトラックバック

また御注進か?「援助交際」女性の電話番号、価格、写真等の広告をテレビ朝日が放送?
Excerpt: え〜?? テレビ朝日で円光女の顔写真と電話番号と売春価格のCMを放送しているんですか? いつ放送してるんですか?見たいですぅ。 中国で権威ある一般紙、捜狐女人社区が衝撃のスクープです。 こ..
Weblog: Birth of Blues
Tracked: 2005-09-19 01:03

俺もアジア旅行いきまーす!
Excerpt:  旅行の話題でコメントしちゃってます。 金欠おしきって僕も台湾にいくつもりでっす。 HISの学生旅行で検索しました。http://sasub.main.jp/blog/his.html の海外..
Weblog: 金欠「漢」東大生の物語
Tracked: 2005-10-15 04:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。