2005年09月03日

専門家分析:韓国の科学技術の着手は中国より10年遅い なぜに越せないのか その1

瞭望東方週刊 2005年09月01日 ソース(中国語)


中韓両国の産業技術革新の5年計画の7割の発展目標は同様である。しかし、韓国企業の科学技術競争力は既にグローバルの5強に入っているのである。

革新能力の源は民族精神である。中国の科学技術の発展において、官本位の長期的な腐敗の思想の元、革新能力は政府の広報能力とされ、民間の科学技術革新能力は伝統的な官僚体制の制限を受けた。客観的に見れば、科学技術部門の資金は増えているが、革新能力はどんどん小さくなっている。経済は発展しているが、民族の革新力は反対に弱くなるという奇妙な状態なのである。

韓国の科学技術の着手は中国より10年遅い

韓国の街角を歩き、あたりを見回すと、韓国ブランドの自動車の看板が目をひく。しかし、中国では街角の豪華な自動車は全て外資か合資企業のものなのである。多くの人が中国が世界の工場になったと喜んでいるときに、韓国は科学技術領域において、遥か先を進んでいるのである。

科学部の副部長尚勇は6月深センで主要100社に対して公開で発言した。「韓国の科学技術の着手は我々より10年遅い。なぜ多くの領域で韓国がはるか先をいくのか?非常に重要なことは、韓国は非常に強い民族精神をもっていることであり、革新を国家の意思としていることである。」

ワールドカップの時期の韓国の全ての民衆の興奮状態は全世界のサッカーファンに大きな感動を与えた。しかし、民族の熱狂の表現だけでは十分ではない。韓国科学技術の主管部門は、民族の精神を科学技術の発展の動力とし、各部門が環境を整え、本国の高科学技術企業の育成と発展を使命とし、国家と地方経済の体系を構築したのである。我々が市場の科学技術の導入をしているころ、韓国人は既に国家意思として科学技術の発展を民族の革新能力の発展と捉え、具体的な法律制度を制定したのである。

朝鮮半島の大規模な軍事衝突以降、韓国は、復興を開始した。米国等の先端技術を吸収し、韓国は非常に短い期間で自己の工業体系を確立し、科学技術の発展を自己の立国の基本とした。外国企業の合作の誘いにも乗らず、韓国企業は自己のブランドを放棄しなかった。数十年の厳しい育成により、韓国は自動車、半導体、高速鉄道、原子力発電所などのプロジェクトで世界の技術を先導し、その知的財産を生産力として、韓国の産業革命を推し進めたのである。

しかし、中国においては、土地と技術、市場と技術の交換の発展方式を取り、長期にわたり多くの地方で経済の発展を優先した。一部の地方政府の官僚は短期で功績を出す為、科学技術研究機関の虚偽の科学技術研究プロジェクトの申告を黙認したのである。

韓国の経験は、技術の模倣は恐れるものではなく、恐れるべきものは、他人を模倣して満足し、民族の気概、革新能力を無くすことを示している。中韓の両国の産業技術革新5年計画を比較すると、7割の領域の両国の発展目標は同様であるが、韓国魏業の科学技術競争能力は既にグローバル5強であり、中国企業は未だに門外を徘徊しているのである。

すみません、4日更新できませんでした。今日からはまた、中国より発信していきます。

しかし、何でも「民族」に関係する国ですね。

中国のこの手の記事を読んで疑問なのは、韓国人の自尊心の9割を占めるサムソンですら、資本的には米国の傘下であり、重要な技術、部品、人材、思想は全て日本から輸入という状況であり、サムソンの人間も含め、韓国人自身もそれを認め問題視しているにも関わらず、中国では全く報道されないことです。まぁ、中国がサムソンを目標とするなら日本にとっては非常にありがたいことですが。

専門家はこの問題に対してどのような解決策を提案するのでしょうか。明日、後半をアップします。

戦勝60周年行事に参加の日本人、北京に到着(人民網日本語版) 中帰連の方
旧日本軍の捕虜人権侵害扱う番組、撮影終え放映へ(人民網日本語版)
中国は平和的発展の道を、確固として歩む(評論)(人民網日本語版)
「中日友好関係発展は中国の一貫した立場」外交部(人民網日本語版)
中国の軍備抑制・軍縮・不拡散政策について 外交部(人民網日本語版)
パキスタン、ミサイル発射実験成功、中国関与か(大紀元時報-日本)
米専門家:中国市場への投資に慎重さが必要(大紀元時報-日本)
反日はするのになぜ反共産党をしないのか?(大紀元時報-日本)
東シナ海ガス田開発、自制を 外務省局長 (産経)
戦勝記念式典は「反日教育ではない」 中国政府(朝日)
抗日戦勝利60周年、人民大会堂で前夜祭 中国(朝日)
中国:「台湾を国家と記載」賠償提訴−−上海の大学教授、米国の会計事務所を相手に(毎日)
posted by 元祖うぷぷ at 12:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 反日記事(産業経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ワールドカップの韓国の応援からはほんとに恐怖をもらいました。中国の友や韓国の友と接して思うのですが、民族意識?というか国を愛する(いい意味でなく)気持ちは韓国の友達の方が強いように感じます。今夜は日中韓の友達で飲みます、サムソンを誉めれば奢ってもらえるかな、愛国者のメーカーは誉めたいけど名前がすでにひどいので無理です。
Posted by 留学生 at 2005年09月03日 15:00
毎回、楽しみにしています。
忙しいときは無理しないで休んでください。
こちらは読むだけなんで、「すみません」なんて書いてあると、
申し訳ないよーな気がしますw。
上の記事を書いた記者さんは、韓国の実情を知らないってことなんでしょうかね。
Posted by 日時計 at 2005年09月03日 23:15
今回も絶妙な部分が太字にされてますね、かなり笑えました。そうか、技術革新の原動力は民族精神か…。鱗のメガネを掛けさせられた気分。

異様なプライドが売りで、しかも「既に赤化完了」などと目されて(まぁ半分冗談にしても)中国や北朝鮮に接近中の韓国ですから、散砂の民を束ねる中国共産党としては良い手本が出来たってことなんですかね。皆さんも仰ってるように、外野の我々から見れば御世辞にも良い手本とは言えないんですけど。
Posted by A7M3改 at 2005年09月04日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。