2005年08月14日

分析:小泉が失脚しても中日関係の根本変化はおきない その2


参拝は主要な争点にならない

しかし、問題は民主党から一部のさらに左翼の政党や議員がこのカードを切った場合、今回の選挙の主要な議題になるかどうかである。どのくらいの主権者が小泉の参拝と強硬な外交路線に対して反対票を投じるであろうか?国内の日本問題専門家は一般的に、今回の選挙の争点はやはり日本の内政問題であるとする。「中国を好きな人でも、小泉を選択するでしょう」北京大学の日本問題専門家の梁雲祥は話す。「靖国神社問題は中国人にとっては重要な問題ですが、日本の主権者がどの党に投票をするかを決定するときは、国内の改革や、経済の復興をより重視し、靖国神社は、我々が思うような主権者の主要な問題にはならないでしょう。」

日本の議員の当選は、選挙区の利益と直接関係する。石原慎太郎ががその明らかな例である。「彼が反中だから東京都知事に当選したわけでは決してない。彼の反中的な観点に賛同する人は決して多くなく、国内改革分野での政策が主権者の支持を得たのです。」 張可喜は、中国が日本国民日本国民が選挙で政治家を選択する際に与える影響は有限であるとする。

それゆえ、タカ派であってもハト派であっても、総選挙で勝利するかの重点は、国内政策の法案なのである。小泉が衆議院を解散後の日本の共同社の8日から9日にかけて日本全国で行った電話世論調査では、小泉内閣の支持率はおちるどころか上がっており、7月の調査の42.6%に比べて4.7ポイント上がり47.3%になった。言い換えれば、小泉の一派は今回の総選挙の主要な論点では決して劣勢ではないのである。

外見は変えられるが中身は変えられない

当然、ハト派が政権を担えば自然と中日関係の緊張は解け、中国周辺の情勢にとってよい。この点において専門家も一般的に楽観している。

もしも、ハト派が政権を担うと張可喜は、外交関係において、小泉政府の親米、親台、対中強硬路線からの変更が可能であり、米国に同調して機嫌をとらず、台湾問題において中日の3つの政治文章を遵守し、歴史問題処理における対中関係も抑制する態度をとるだろうとする。靖国参拝問題に関しては、中曽根の時代の方法に戻るだろう。(1985年8月15日、中曽根康弘は首相の身分で靖国神社に参拝したが、アジア国家の強烈な抗議に遭った。その後の後継者の中では橋本龍太郎が1995年7月に靖国神社1回参拝した。しかし、小泉が2001年首相になってからはこの伝統を壊し、4回にわたって参拝したのである--編集者注) 自民党の政治主張は取り消しはできないが、現実問題の処理において、小泉のように突進することはありえない。金熙徳は、新しい指導者が参拝しないこと保証すれば、中日の高級レベルで平坦な道での相互訪問が実現するとする。

外見は変えた。中身はどうだろう?注目すべきは首相の靖国神社参拝に強烈に反対する岡田克也ですら、小泉が隣国との緊張関係を引き起こしたときに次のような発言をしている「私は、中国と韓国に責任がないとは言っていない」

ハト派が政権を担っても、対中の友好的な程度は冷戦前の時期のようには行かない。「小泉が失脚しても、中日関係の根本変化はおきない。それ冷戦後の中日間の結合性の矛盾がいまだに存在しているからである。」梁雲祥は話す。「小泉が政権をとったから中日関係が壊れ、小泉が失脚したらよくなるわけでは決してないのである」

後半も比較的まともな論調でしょうか。

今回の選挙を含め、靖国問題は日本の多くの有権者が重視する問題ではないですね。まぁこれは至極当然で、一般の有権者は年金、税金、福祉など生活に密接なものが当然より重要になるでしょう。私は日本の国家としての根本であり、拡大する覇権国家中国との前哨戦として重要な位置づけだとは思っていますが。

中国の専門家は靖国問題に関して日本に対する中国の影響力の少なさを嘆いていますが、私は大きいと思いますよ、中国の影響力。中共が意図する方向とは逆ですけど。きっと明日は非常に多くの若者が九段下に向かうことになるでしょう。私もたまたま明日東京に出る予定がありますので、すいている時間にでもよってみますかね。天気もよさそうですし。

抗日民族統一戦線の形成(人民網日本語版)
中国:今年上半期、交通事故で4万6千人死亡(大紀元時報-日本)
posted by 元祖うぷぷ at 12:35| Comment(9) | TrackBack(3) | 反日記事(政治日中関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当は混雑を避けて今日行くつもりでしたが、私も明日行くことにしました。
なにやら『嫌韓流』と『新しい教科書』を回収するイベントがあるそうなのでw
ttp://plaza.rakuten.co.jp/46457/
Posted by きつね at 2005年08月14日 15:51
>注目すべきは首相の靖国神社参拝に強烈に
>反対する岡田克也ですら、小泉が隣国との
>緊張関係を引き起こしたときに次のような
>発言をしている「私は、中国と韓国に責任がな>いとは言っていない」

実は民主岡田を真後ろから援護射撃するような論説を期待していたのですが、流石中共さま。よく見てますね。↑のコメントは某TV番組でチラッと言っただけで「だがしかし〜」と続けて小泉首相がナショナリズムを煽っていると批判しているのですが、見逃さなかったか。ちっ(笑)
Posted by 東アジアな人 at 2005年08月14日 18:56
ほんとにまともな記事で・・・。まぁ「反中に賛同する人は多くない」などというスパイスを効かせることを忘れないあたりは流石ですが。

さて、残念ですが首相の参拝は難しくなりましたね。みすみす中韓や左派マスコミの好餌となるようなことをして、岡田に漁夫の利をさらわれては目も当てられない。いや、もしこの情況下で参拝強行なら、個人的には熱烈に支持するんですけど・・・。

あと、既に皆さん御存知かもしれませんが、7月21日のエントリの「抗日ラジコン空中戦」が無事行われた模様です。中国のサイトで写真を見ましたが、まぁ予想通りというか何というか、ただの趣味人の集会レヴェルのようです。
Posted by A7M3改 at 2005年08月15日 01:08
実は私も本日14日小泉さんに見習って?1日前倒しで靖国へお参りして参りました。さて今回の8月14日の分析を読んで”ほらやっぱり”と思った事はたとえ総理が替わり、再び土下座しようがしまいが、中国、韓国はこの世の終末まで今の対日批判を続けるということがはっきりと、図らずも裏書きされましたね。
哀れな、みっともない彼らに心から同情します。日本が常にアジア(?)の悪者でないと彼らの存在、依って立つところがなくなるのですね。今更何故?と問うのも馬鹿馬鹿しい限り。今の中国を見ていてハッと気がついたのは何時かの日本を見ているようです。GNPがある一定のレベルを超えると必ず台頭してくる妙なナショナリズムや 他国を小馬鹿にする思い上がった態度、民度や文化、道徳レベルの高い他国から、内心馬鹿にされながら気がつかない。今の中国をみていると一昔前の日本を見る思いでやはり恥ずかしい。思い起こさせてくれた中国に感謝してます。
今更戦争の善悪を説いても詮無し、その戦争の犠牲になった方々のおかげで今日の日本でそこそこ贅沢な生活ができる事に感謝してお参りをしてきました。
Posted by チョビの愛国 at 2005年08月15日 02:58
イベントは9/11に延期されたそうですw
えっ「あんなの相手にしてどうする。」ですって?
Posted by きつね at 2005年08月15日 08:09
「反日お祭り」が「アジア近隣諸国様&日本の反に日本人団体」でたけなわのようです(ww

>>A7M3改さん
あの手のバカバカしさには「茶吹きプー!」(w
第一、そのときに支那共自体が存在どころか認知さえされていなかったのですよね(スターリンですら認めたのは戦後の国共内戦中からですよね)
当時は単なる盗賊山族に毛の生えた程度のゲリラ集団(ゲラ
空軍どころか、飛行機なんて影も形も存在しませんでしたよ。
例のラジコンゲームは、「他人のふんどしで…」と言いますが本当に見ているほうがバカバカしい。
対日戦勝といえば他の旧連合国諸国が「賛同」してくれるとでも考えているのかいな(w
Posted by 朝日強制読者 at 2005年08月15日 19:46
やはり首相の参拝なし。保守派の票を集めるためには参拝不可欠、と仰る方もおられるようですが、危険度の方が高いという判断でしょうね。そういえばブッシュ大統領と一緒に参拝、という噂(チャンネル桜から?)もあったようですが、ガセなのか今後の予定ということなのか・・・。実現すれば非常に有り難いと思うんですが。

>きつねさん
イベントの企画者は、さすがに怖くなったんでしょう。そして新予定日は総選挙当日ですか、調子のいい奴ですね。

>朝日強制読者さん
まったく「他人の功績・権益は盗む」「被害や、ありもしない抗戦伝説は誇大に吹聴する」と、共産党の御家芸とも言うべき戦術は凄まじいですな。連合国(欧米)なんて、出発点が「中国かわいそう」と「日本憎し」なんですから、正確な検証に基づく認識なんて期待するだけ無駄なのかも知れませんね。
Posted by A7M3改 at 2005年08月16日 02:23
靖国神社の様子は沢山の方が色々な所で書いていらっしゃるので割愛します。
 参拝の後、所用があって麻布の辺りを通ったら やけに警官の多い一角が・・・
2車線の道幅の柵も用意され、その1街区だけ封鎖する準備万端。
後で地図で確認したところ「中国大使館」でした。
そういえば「法輪功何たら〜」と書いた幕を掲げた人がいたような気が・・・
中国、韓国、台湾での抗議活動は報道するのに こういう所には来ないんですね、マスコミ。
Posted by きつね at 2005年08月16日 23:31
仲恭としては小泉政権の終焉を求めたいが、岡田民主党の媚中・韓の姿勢に、日本国民が反発しての右急旋回のほうが余計怖いだろうね。
Posted by hide at 2005年08月17日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

大統領の終戦記念日
Excerpt: 終戦記念日ですよ、終戦記念日。 「戦争をしらない子供たち」の中のひとりですから、特別な感情は沸き上がったりしませんけど。 それはそうと、小泉さん、靖国神社に行かなかったんですね。 この公約は守らない..
Weblog: 日本国初代大統領を目指せ!
Tracked: 2005-08-15 21:52

戦後60年の話
Excerpt:  タイトルは仰々しく戦後60年の話となっているが、結構、年をくっている私でも近現代の日本史は、あまり詳しくない。その中で戦後60年で前戦争をコメントすることは、このブログでも連載していかなくてはならな..
Weblog: ラッキーゲラン憂国日記
Tracked: 2005-08-17 16:03

そういえば靖国参拝すると中国と仲直りできないとか言ってませんでしたか?
Excerpt: 今日から私は仕事でした。いやぁ久しぶりって頭がなまっていかんわ。 「敗者復活できる社会を」=境遇照らし?出馬表明−社民・辻元氏 敗者復活は大事かも知れんけど、犯罪者復活はあかんで。 地元有権者の..
Weblog: 桜日和
Tracked: 2005-08-17 18:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。