2005年07月08日

反日漫画 論日本 この車は中国に行く

ネット上のソース無し コメント中の写真参照

日本は一流の産品を欧米に輸出し、二流の産品を自分で使い、三流の産品を中国人に売りつける。日本産の自動車は、米国で十数年の風雨にさらされても車体の塗装は人が写るくらい輝いている。

しかし、中国の至るところに出没する日本車で、このような車は皆無である。これは決して保守の問題ではない。

日本人は小さな時から侵略の意識を植え付けられる。教師はリンゴを手に持ち、小学校に入ったばかりの小学生に言う。「リンゴはおいしいかな?海の向こうの中国にはこれより大きくておいしいリンゴがあるんだよ。中国を征服すれば食べられるよ」日本人の野心は世界最大である。

「東史郎案件」の出現と、日本の一審判決が「敗訴」を言い渡したことは、典型的な反面教師の教材である。彼は21世紀、平和発展が世界の主流になっている現在、日本社会では反動的な侵略史が依然とはこびり、政府の一部の者が暗に許している右翼勢力が猛威を振るっているのである。同時に彼は我々に語りかけているのである。逆流している日本は、未来のアジアと世界平和の潜在威嚇であり、我々は「過去を忘れず、将来の戒めにする」べきなのである。

 東京地方裁判所、東京高等裁判所の判決の後、2001年1月21日の最高裁判所判決はまたも中国侵略の歴史を暴き、勇敢に南京大虐殺の真相を説明した東史郎氏の「敗訴」する理にかなわないものであった。「東史郎案件」の出現と日本の一審判決の理にかなわない判決は、国際社会の広い関心を呼んだ。疑いの無い点は、「実質的に極少数の右翼勢力が司法の手段を借りて南京大虐殺を否定する目的であった」ことである。

 日本当時中国の14の省、市、77の県で化学兵器を1130回使用した。現在でも中国東北や、浙江省でたびたび日本軍が当時埋めた毒ガス弾、毒ガス筒が掘り起こされ、これらの毒によって中国の平民が再度毒に侵され、死亡するか、障害が残るのである。

 一部の中国を侵略した日本軍の遺族は、心の中では父親達が他国を侵略した歴史を受け入れられず、一部の右翼勢力はこの点を利用し人の心を惑わし、軍国主義に同調する勢力を作り出しているのである。
 日本の20世紀前半の対外侵略戦争では、侵略された国の戦場にて多くの日本軍の兵士がくたばった。1947年、日本の戦争遺族が「日本遺族厚生連盟」を設立し、一部の遺族は日本が中国、朝鮮で行った大きな犯罪を正視できず、彼らは一途に父親達は「国の為に命をなげうった」として、靖国神社の国家管理の復活を求めているのである。

写真
P266 日本の小学生の教育
P268 小泉首相、小林氏等

中国のタクシーに乗るとよく話されるのがこの「三流品を中国人に云々。」劣等感丸出しですね。

「日本の小学生の教育」の部分は凄いですね。最後の「右翼勢力が司法の手段を借りて南京大虐殺を否定」の部分と共通するのですが、三権分立等の最低限の日本の知識がなく、中国の常識で想像をめぐらすとこうなるんでしょうね。

東史郎は日本人にはあまりの馴染みのない名前ですが、上記のように南京大虐殺等を告発して国内ではその信憑性等から無視された日本軍の軍人です。筆者は日本右翼が仕組んだような書き方ですが、当時中国はこれを口実に対日批判を繰り返しています。

昨日は七・七事変(盧溝橋事件)記念日でした。テレビでは当然、盧溝橋事件関係の映画等の数々の特集が組まれていました。盧溝橋事件の反日映画では、日本軍と共産党軍が猛烈な戦闘をしていました。中国人は誰もきずかないんですよね。この矛盾に。

抗日戦争記念館で大型展覧会が開幕 戦勝60年で(人民網日本語版)
強制連行訴訟の原告側弁護士、人民網BBSゲストに(2)(人民網日本語版)
冷める中国投資ブーム、中国投資の高リスクを分析する17年版通商白書(大紀元時報-日本)
中国の若者 日本人好き、国嫌い鮮明 対日意識調査 (産経)
盧溝橋事件 きょう記念日 中国、愛国宣伝激化へ (産経)
「抗日勝利」記念の動き 台湾野党、陳政権揺さぶり (産経)
日本人学校の教材没収 大連税関 罰金処分を撤回 (産経)
反日デモで日本人職員暴行 台北
不正アクセス、中国からも・「カカクコム」サイトに痕跡(日経)
台湾:陳総統、日本に配慮し異例の抗日勝利声明文(毎日)
G4:アジアの共同提案国、中国の圧力で3カ国にとどまる(毎日) 中国の政治力の凄さ。。
posted by 元祖うぷぷ at 14:08| Comment(9) | TrackBack(1) | 反日漫画(論日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二流かどうかはともかく、一世代前の商品を外国に売るのは普通でしょ。アメリカが日本に売る武器も型落ち。三流が嫌なら買わないか、三流のコピーも出来ない自国の技術を上げることです。三流のアウディをよく見ましたけどねえ。

ところで、小泉首相の顔が犬に似てるのは気のせいでしょうか。
Posted by aquarellisute at 2005年07月08日 18:29
三流が中国なんて真っ赤なウソ。
日本の倍の値段の高級化粧品が上海では売れてます。
そもそも欧米に一流品、日本国内に二流品との考えが、白人コンプレックス丸出しですね。
Posted by ガラナ at 2005年07月08日 19:13
アウディじゃないや、アコードでした。
Posted by aquarellisute at 2005年07月09日 00:20
そもそも中国とアメリカじゃ高級車市場の規模が、まるで違うでしょうに。
そんなことで日本に文句言ってるんですか。
Posted by ネジ at 2005年07月09日 13:44
この三流品云々は中国人に聞くと工場で生産して品質の悪いものを中国に回すと考えている人が多いみたいです。「われせんべい」じゃあるまいし、品質が悪ければ出荷しませんよ。

だだ、自動車で言えば同じ車でも北米向け等に比べて一部仕様ダウンしているのは事実です。これは中国の関税が高い為、コスト的に見合わない為です。高いと「米国では安いのに中国には高く売りつけている」という批判になりますからね。補足すればこれは中国に限ったことではなく、同一車種でも世界中全く同じ仕様ということはありえませんし。

日本では少ないですが、中国ではアウディもよく走ってますね。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年07月09日 13:52
>>aquarellisuteさん
たしか中国語では、「小泉」と「小犬」の発音が同じだったはずです。そこから、小泉首相を貶めたいときには彼を「小犬」になぞらえた戯画などを使うのだろうと思われます。

>日本人は小さな時から侵略の意識を植え付けられる。(略)
>中国を征服すれば食べられるよ」
うーむ。イマドキの日本の小学生なら、「じゃぁ輸入しようよ」という考えになるはずなのだが。
だいたい、領土拡張の野心がいまだにあるのは中国のほうでしょう。「自分たちがこう考えているから、相手もそう考えているに“違いない”」と思うのは、まさしく彼らがバカである事の証拠ですね。
Posted by guldeen at 2005年07月09日 19:38
Posted by at 2005年07月12日 07:11
>「小泉」と「小犬」の発音が同じだったはずです
イントネーションは違いますが、発音は同じですね。確かに「小泉」と「小犬」で検索するとたくさん出てきます。

東史郎氏を一応含め、どんどん戦争を知る世代がいなくなりますね。。。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年07月12日 18:46
アメリカに輸出された日本車が、十年たってもピカピカなのは、南カリフォルニアの空気が乾燥しているからサビにくいだけなんじゃ? それに対して、工場が公害を撒き散らして空気の悪い中国では、同じ車でもサビやすい。

「中国にはこれより大きくておいしいリンゴがある」
香港に行ったとき、スーパーの店頭で「富士」と表示されたリンゴを見かけましたが・・・日本で品種改良されたリンゴの方が大きくておいしいんじゃないの?
Posted by Venom at 2005年07月29日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

中国の愛国キャンペーン(中身は想定の範囲内(^^;)
Excerpt: 8/15の第二次世界大戦が終わった日を前に大陸では勝手に盛り上がって参りました(苦笑)つか7/7は廬溝橋事件のあった日だそうで。中国 抗日戦争及び反ファシズム戦争勝利60周年を記念する活動を行うhtt..
Weblog: 小事多論
Tracked: 2005-07-08 18:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。