2005年06月27日

反日漫画 論日本 武士文化の誤り

網易文化 2005年05月19日 ソース(中国語)


武士は日本の歴史の発展に対して重大な影響を与えた階級である。武士文化は日本民族文化の重要な構成部分であり、歴代の封建社会の統治者は武士を利用して権力を維持し、武士文化を発展させ、国民を統制した。特に明治維新以降は、武士文化は強権の力を借り大々的に広まり、多くの日本人の魂の中に灌漑して浸透した。

武士文化の思考模式は複雑で変化が多く、極端で矛盾がある特徴を持っている。人々は多くの事例を持ってこの文化の曲折向上、明らかな反対の選択を説明する。学者は「菊と刀」「桜と祭」の巨大な表面のコントラストを使って結論を出している。

武士文化は強者に従い、弱者を蔑視するものである。主人や強権に対しては恭順し、忠誠を従い、切腹をし、集団焼身自殺をする。弱者に対しては、刀で切り、槍で刺し、人体実験をする。技術が人に及ばないと、謙虚に教えを請うが、一旦強大であると自覚すると侵略して拡張する。優秀なものが生き残り、劣等なものは淘汰される弱肉強食の社会競争法則のな中、その価値選択上の傾向は、「全部」か「全不」の極端であり、真珠湾を突然襲撃し米国と開戦したのは明らかな例である。

武士文化脆弱な熟成していない特徴をもっており、武力をひけらかし、力をもって人を服従させ、自己が他人に与えたよいことは忘れずに繰り返して唱え、他人の自己への好意を忘れ、他人が礼を失した、まだ不足しているとして、自己の誤りを認めない。これらから、第二次大戦に関して彼らの頭は、東京の大空襲、広島、長崎の原子爆弾の炸裂でいっぱいであり、南京大虐殺、731部隊細菌戦、サンダカンの捕虜収容所を認めないのである。

一部韓国文化の分析の部分と思われる部分がありますが、その他は中国文化の分析ですかね。武力をひけらかし、で始まる最後の一行はまさしく中国でしょう。

「菊と刀」という有名な本が出ていますね。中国の書店でよく売っています。ご存知の方も多いと思いますが、「菊と刀」は第二次大戦中に日本語が話せない、日本の歴史も知らない、そして何より日本を訪問したことのない米国人によって書かれた本であり、内容も人種的な優越感に浸った作者のかなり偏った本なのですが、それが日本人論の代表書籍であるのは私はどうかなと思っています。

靖国神社に顕彰碑 パール判決の意義を刻む(産経)
江沢民前主席、原潜「参観」 存在感アピール (産経)
「日中財務対話」の新設合意 為替、財政を定期協議 (産経)
新追悼施設には反対 「靖国寂れる」と中曽根氏 (産経)
国内メディアの誤報へ対策強化 中国 (産経)
中国が「歴史」に言及、人民元改革要求けん制・財務相会談(日経)
中国人観光ビザ発給拡大、旅行社への罰則強化(日経)
中国人犯罪など捜査協力、日中刑事共助条約を締結へ(読売)
豪州政府を買収する中共の戦略、亡命外交官が証言(大紀元時報-日本)
旧日本軍毒ガスで3人被害、外務省陳謝…中国・広州(読売)
中国No2、首相の靖国参拝中止を日中議連会長に要請(読売)
反日感情悪化でも対中投資維持・拡大…主要企業アンケ(読売) 対日媒体工作成功 ?
posted by 元祖うぷぷ at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 反日漫画(論日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな内容がずっと続くのでしょうか・・・
むしろ政府が関与した目的と程度の方が気になります。
Posted by r-ib at 2005年06月27日 22:39
続きます。。。

中共政府も「積極的に指導」はしていないのではないかと私は感じています。正直、中国のネット上の情報だけで書けそうな内容ですし、あまりにトンデモ内容が多いですし。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年07月01日 20:33
sineya
Posted by at 2005年07月05日 03:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4675354

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。