2005年06月01日

日本の天皇は中国人か朝鮮人か? その1

北京科学技報 2005年05月31日 ソース写真有り(中国語)


最近、日本の天皇の祖先が朝鮮人か中国人かに関しての論争が再度出現した。論争の出現の背景は、日本の皇室が一途に古墳の発掘の結果を外部に公開しないこと、日本の学界が古墳の真相を対外公開するように強烈に要求していることによる。英国の「The Times」は18日、シンガポールの「連合晩報」は19日驚くべき情報を暴露した。その最大の秘密は、初期の日本の天皇は中国人か朝鮮人である可能性が高いというもの。真相はいかに?

日本の天皇の血統争いは歴史記載の少なさから

世界歴史研究所の湯重南研究員は、日本の天皇の血統の問題は日本の歴史学の一つのテーマであり、現在まで解明されていないと言う。日本の学者でも統一の見解は出ていない。

一番の原因は日本の早期の歴史の記載に空白があることである。かつて日本の弁護士が日本の歴史の本を翻訳して中国に紹介し、史学会からの注目を浴びた。彼の主要な観点は、「日本国には完全な歴史は差存在せず、多くは神話か言い伝えである。その中に非常に多くの虚構の歴史が含まれている。」ということである。

現在の研究者によると、日本の民族の起源は以下のいくつかの説がある。(1)中国の東北のツングース騎馬民族 (2)稲作文化を伝えた中国江南 (3)アラブ文明 (4)中国雲南、歴史上2つの民族は共通して「お歯黒」の習慣がある。 その他には、東南アジア、モンゴル高原等の説がある。湯重南は日本人の祖先は中国の血統が必ずあるが、最終的に多民族が混じった日本民族が形成されたと分析する。

具体的に天皇の血統問題では、史学会では中国人の除福が渡来し、日本の第一代の天皇になったという説がある。しかし、この説は伝説の可能性が非常に大きい。湯重南は「このような説は不可能だ」とする。もっとも早く徐福が渡ったと紹介したのは司馬遷の「史記」であるが、あまり詳しくない。日本には中国の宋の時代に徐福が渡ったとの記載がある。中日交流の根源が深いと説明できるが、民間の伝説にすぎない。

現在日本の歴史に関して調べられる記載は、「三国志、魏志、倭人伝」である。現在、日本は自己の起源の研究をする際は、中国の古文書を探す必要がある。天皇の歴史記載は同様に断層が多く、さらに謎を多くしている。

湯重南は日本の最も早い時期の天皇は西暦64年の第17代の継体天皇であり、その前は関連記載がないと考える。日本は自己の歴史を美化し自己の歴史を延長する為、「辛酉年革命」を編纂した。21の「辛酉革命」は大事を生じるとし、時間をさかのぼり、西暦601年から1260年さかのぼり、人工的に製造したのが日本の天皇の歴史的な発端となった神武天皇である。実際のところ、日本の研究者もこの神武天皇は存在しないと認める。

彼は継体の時期、日本はまだ非常に野蛮で遅れており、中国は既に隋唐朝の時期であったが、日本はまだ部落等の地方政権が割拠し、部落の首領が大王と呼ばれていた。その後やっと天皇となる。多くの人は、「継体」の呼称は当時の日本の体制の転換性の変化を表しており、それが非常に大きなものであったことを表している。これは日本の一番初めの天皇の雛型が出来た時期である。

すみません、このごろは毎日UP出来てません。

徐福伝説とは皇帝の命令で不老不死の薬を探しに東へ航海した徐福が戻らず、東の国を建国したという伝説です。まぁ神話ですね。

日本は自己の歴史を美化し歴史を延長したそうですが、これは聖徳太子の時代であり、美化ではなくて科学が進んでなかっただけだと思いますがね。現在の研究上、中国の一番古い王朝は商朝(紀元前1600〜1046年)であり、現在中国がある土地の歴史は3600年位なんですね。これだけ考古学が進んだ現在でも中国5000年の歴史などと言っている国に言われたくないですね。

日本の「虚構の歴史」を強調していますが、どの部分が虚構なんですかね。早期の天皇は神話であることは皆わかってますし、歴史教科書にも史実としては載っていませんし。ちなみに、継体天皇は17代ではなく26代と思われます。

明日続きを訳します

グローバル市場の不均衡を招いたのは誰か(評論)(人民網日本語版)
盧溝橋、世界遺産への申請候補に 北京(人民網日本語版)
データ提供などで難航も 東シナ海ガス田で日中協議 (産経)
反日の中国に米欧懸念 論争、平和的対話で解決を (産経)
東シナ海ガス田、中国が開発中止拒否 日中局長級協議 (産経)
中国潜水艦、南シナ海で火災か…海南島へ曳航(読売)
靖国参拝「首相は中止を」49% 本社世論調査(朝日)
自民「親中派」、相次ぎ訪中へ 橋本元首相や野田氏(朝日)
昭和天皇が「米重視」の発言 米で公文書6点見つかる(朝日)
世界はどう見る 韓国 高句麗研究財団研究委員・尹輝鐸さん(毎日)
世界はどう見る タイ タマサート大助教授、キティ・プラサースックさん(毎日)
日系企業の景況感悪化、反日デモや人民元切り上げ観測で(FujiSankei Business i)
中国、高水準の物価上昇に警戒感 5%以上ならインフレに (FujiSankei Business i)
posted by 元祖うぷぷ at 12:48| Comment(2) | TrackBack(2) | 反日記事(政治歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「公元64年第17代継体天皇」と
「継体時期日本還非常野蛮落后,中国已経到了隋唐時期」
って、隋唐は6世紀〜じゃ・・・。
Posted by shiny at 2005年06月01日 14:06
見落としました。ご指摘ありがとうございます。
継体天皇は507〜531年で、そっちなら合いますね。
この筆者は何を見て書いたんですかね。。。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年06月03日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4054406

この記事へのトラックバック

反日運動総評 「対等に相手にしてない」という態度が命取り
Excerpt:  先週西安の叔母から電話がかかってきた。「最近反日運動が盛んでねえ・・・東京でも中国人に危害が加えられたりしてないのかしら・・・気をつけてね・・・」 この話を母は笑いながら僕にしてくれた。「そんなわけ..
Weblog: 超 自 省 録
Tracked: 2005-06-02 01:21

拡大する大中華圏の源流 松浦章 『中国の海商と海賊』 山川出版社
Excerpt: 強力な華僑ネットワークが存在する、東アジア〜東南アジア。マラッカ海峡では日本人が海賊におそわれ、一時話題にもなりました。これは、「中国人の海」の歴史的淵源をたどった、格好の入門書になっています。唐代、..
Weblog: 書評日記  パペッティア通信
Tracked: 2005-06-02 20:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。