2005年05月23日

評論: 小泉は5つの問題で対中外交を反省せよ その1

新華網 2005年05月23日 ソース(中国語)

馮昭奎
近年日本の小泉政府は歴史問題から領土、領海、海域線等の一連の敏感な問題に対して、周辺国に気勢を上げて迫り、威張り、遠い国と仲良くし、近い国を攻撃し、計算し尽くしている。日本政府のこの種の誤った傲慢な外交姿勢は中国、韓国から世界各地の強烈な反感と抗議を引起こした。この強烈な反応の原因の分析をすると、小泉政府の周辺外交政策に疑惑と遺憾を感じざるを得ない。

筆者は小泉の対中外交は、少なくとも5つの問題を反省するべきと考えている。

第一点、小泉政府は一方で政治上中国と対立し、後退し、もう一方で経済上、両国の経済関係が引き続き速く猛烈に発展するものと楽観し、「中国の発展は日本にとって威嚇ではなくチャンスである」と高らかに言い、両国の「政冷経熱」の状態の長期化を両国関係の冷凍化を黙認している。これは一方では中国との団結を阻害し、一方では中国の経済の良い部分を手に入れようとするもので、認められるものではない。小泉が靖国神社を参拝しつづけることは中日間の「政冷経熱」を引起こし、形成しており、それは、非常に不均衡な状態であり、非常に安定的な状態ではない。この意味するものは、中日政治関係、経済関係内にのすべてに一種の深刻な結合性の矛盾が生じており、このような状態は長期的に保てるものではない。この種の結合性の矛盾は二つの出口があり、一つは「政熱経熱」への発展、拡大均衡であり、もう一つは「政冷経冷」への変化であり、縮小均衡である。

第二点は、近年の小泉政府の「親米疎亜」外交が頂点に達し、米国の一部の政治家と知識人は見るべきものがないと言う。日本の一部のいわゆる戦略家は一貫して「対米一点主義」を唱え、「日本の外交はただの一つの変数の方程式にすぎない」とする。この変数が日米関係である。言い換えれば、日米関係がよければ、ほかの国との関係は問題外であると言うことである。これらのいわゆる戦略思想は、現在の日本の指導者の趣味に合い、彼らは極力日米同盟を強化し、周辺外交に対しては、「それより格下」の関係との態度を取る。これはまさに、この種の「単変数外交思想」の実際の表現である。周辺国との敵対政策は、小泉政府の周辺外交上「四面楚歌」の状態に陥った。日本の国内では「袋小路に陥った」と批判されている。明らかに、日本は経済上、アジアにどんどん溶け込んでいるが、安全上、アジアの隣国との協調が必要にも関わらず、「対米一点主義」外交は、あまりにも情勢が見えていない

あまりにも情勢が見えていない と相変わらずえらそうな物言いですね。どんなに下手に出ても、威張り傲慢なといわれる訳で、下手に出る必要が無いことが分かりますね。

第一点、「政冷経熱」ですが、日本に訪問して打開策を模索していた中国の副首相が「緊急の公務」で小泉首相との会談をすっぽかし帰国しました。(小泉首相との会談中止 中国副首相「緊急の公務」(産経)) 来日計画時に小泉首相との会談では靖国参拝の問題は平行線で終わることが分かっているはずであり、突如このような行動に出た真意ははかりかねますね。こんな出鱈目な外交をしていたら、改善もなにも無いですし、日本を含めた諸外国から中国共産党内で分裂が起こっていることをアピールしたようなものでしょう。まさか経済人との会談が終わり「経熱」が確認できたから、「政冷」は問題がないと帰国したとか、右翼の小泉を無視するアピールをした等の類ではないでしょうし。韓国じゃあるまいし、中国がこの程度の外交を行う理由が全くわかりません。

第二点、「親米疎亜」ですが、厳密に言えば、「親米欧濠ASEAN印等等疎中朝韓」ですけどね。四面楚歌と言っても、日本は戦後処理が終わっていないロシア、国交の無い北朝鮮、万年反日の韓国との関係はもともと悪いですし、中国との関係が多少悪化しているだけなんですけどね。安全上、アジアの隣国との協調は何を指しているのでしょうか。アジアの内部が今後不安定なんですけどね。

明日、続きを訳して見ます。

違法なキャンペーンを厳重取り締まり「女体盛」も(人民網日本語版) 関連記事 日本の高級ホテルでは女体盛が必ず出る
靖国参拝中止を要求 胡主席、与党幹事長に(産経)
【正論】評論家 屋山太郎 日本外交を「海洋国家連合」に転換せよ(産経) 脱亜論。
小泉会談中止の呉儀副首相、モンゴル訪問は変更なし(読売) 緊急の公務は?
posted by 元祖うぷぷ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 反日記事(政治日中関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3853830

この記事へのトラックバック

正体見たり、やっぱりか
Excerpt: 結局、中国の呉儀副首相がドタキャンした理由は公務があったんではなくて、 「靖国」だったらしい。 ┐(゚〜゚)┌   約束破りだけではなくて、さらにうそつきだ。
Weblog: 神のいどころ
Tracked: 2005-05-25 02:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。