2005年04月19日

人民時評:我々はどのように愛国熱情を表現すべきか その1

人民日報 2005年04月16日 ソース(中国語)


愛国主義は祖国に対して最も純潔で、最も高尚で、最も神聖な感情である。愛国は一種の尊厳であり、さらに一種の信念である。愛国主義は我々の民族の魂であり、我々の国の魂である。重要な国家利益に関わる問題に直面した場合は、一定の形式で理性を表現するのが愛国熱情の具体的な表現方法である。最近、日本の右翼勢力が再度歴史教科書を通過させ、歴史を改竄し、深刻な戦争被害を受けたアジアと中国人民の強烈な不満を引き起こした。連日に渡り、日本政府が右翼分子に寛容なことから、中国人民の感情を傷つけた。中国民衆は強烈な不満を表明し、愛国主義の熱情を示した。

半世紀以上過ぎたが、日本の右翼がいまだにこのような悪行を行うのは、非常に複雑な歴史、文化伝統が実際の原因である。それは、日本の戦争に対しての深刻な反省の欠如に関係があり、近年のアジアの地区政治の構造の変化、特に中国の高度成長に関係がある。また、米国のアジア戦略も日本の歴史に対する態度、中国に対する態度に影響を与える。これらの異なったレベルの原因が絡み合い、日本の右傾化の思潮をもたらしたのである。民族の尊厳と民族の感情が酷く傷つけられた場合、我々は当然自己の義憤を表現すべきである。違法な過激な行動を取ることは、問題の解決の手助けにならない。

歴史の経験は我々に告げている。愛国は熱情を持って表現することのみにより、国家と民族の利益の大局か守られるのである。愛国は激情を必要とするが、理性をもっと必要とする。義憤を表現する際、行き過ぎた言葉を発するのは免れない。しかし、義憤を吐露する際に法律を超えるべきではない。非理性な秩序を乱した行動は、日本の右翼の真の姿を暴き出すことができないばかりでなく、右翼分子に中国を攻撃し、日本の民衆をだます口実を与え、中国の真の友人を傷つけることになるのである。

人民日報の暴動禁止通達記事の前半です。各種ポータルサイトでもトップに掲げられています。
「激情」に同意しつつ、しつこい位に「理性」によって抗議せよとなだめていますね。

最後の、非理性な秩序を乱した行動からの部分は当たってますね。日本の保守派は仕事がやりやすくなりましたし、政治的な意味ではなく、日中間の交流に善意で尽くしている日本人理解者も失ったでしょう。ただ、この部分で誤った指摘は、右翼分子に民衆をだます口実を与えたのではなく、政治や中国に関心の無い一般の日本人にまで反中意識を埋め込んだことでしょう。当ブログのアクセス数も大幅アップしましたし。

中国国内では、中国各紙、町村外相が謝ったと報道(産経)されたわけですが、無論、「おわび」表明なかった…外務次官、新華社報道を否定(読売)されてます。以前なら日本の政治家が飛んで駆けつけ、謝罪したものですが、中国の日本における政治力は本当に落ちましたね。

明日、後半の部分をUPします。

唐国務委員が共同通信社長に語った中日問題(人民網日本語版)
日本はどのような反省が乏しいのか(評論)(人民網日本語版)
中国、デモ暴徒化謝罪応じず 北京で日中外相会談 (産経)
日中学院の玄関ドアに金属弾 東京・文京 (産経)
【反日デモ 私はこうみる】ジェトロ理事長・渡辺修氏 (産経)
【反日デモ 私はこうみる】元駐中国米大使・ジェームズ・リリー氏 (産経)
イオンが休業、影響広がる 対中ビジネス見直しも (産経)
上海総領事館が被害を公開 中国反日デモで (産経)
「上海のイメージ傷ついた」市当局、反日デモで(産経)
中国「日本側に問題」・常任理事国入り、けん制か(日経)
反日運動、在米華人団体などが発端か(読売)
謝罪せぬ中国に政府内から批判相次ぐ(読売)
社説 日中外相会談 関係改善の責任は中国にある(読売)
ベトナムの日本大使館前でも反日デモ(朝日) 華僑ですね。
「日本の態度」次第で再発も 中国外務次官(毎日)

posted by 元祖うぷぷ at 00:07| Comment(9) | TrackBack(1) | 反日記事(政治総合) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本を抹殺 一人残らず焼き殺せ 
Posted by 愛国者 at 2005年04月19日 00:33
初めまして、突然申し訳ありません。

この度、「週刊!ブログランキング」を開設致しました。
貴サイト様を拝見させて頂きまして大変興味深いサイトだと感じました。
是非、当ランキングに登録して頂けませんでしょうか?
http://kutsulog.net/
初期の登録運営者様はライバルも少なく、訪問者が期待できると思います。
当サイトも登録をお願いするだけのランキングサイトではなく、SEO対策・メルマガ・雑誌広告など広範にサイトプロモーションを行っておりますので、多数のOutカウントが見込まれる事と思います。

宜しくお願いいたします。
Posted by 週刊!ブログランキング管理人 at 2005年04月19日 01:08
こんにちは。最近、貴ブログの存在を知りました。毎日、大量の翻訳をタイムリーにアップされておられるようで敬服します。とても有益な情報だと思いますので、これからも頑張ってください。
Posted by 通りすがり at 2005年04月19日 12:13
CHINAってわがままな国ですね。
現地で仕事されてる方はご苦労多いと思います
けど、頑張ってください。
Posted by at 2005年04月19日 13:38
デモとは名ばかりの暴動騒ぎは見ていて非常に不愉快ですが、これで日本人の中国に対する理解が深まるなら、それはそれでいいことだと思います。
もう二度とあの国に騙されてはなりません。
Posted by 一日本人 at 2005年04月19日 14:04
中国民衆が暴徒化して日本の国旗に火を放って
いる映像がありました。日本人が同様の行為を
行えば中国共産党は異常なまでに謝罪を求めて
くるでしょうね。日本政府も理不尽な一連の
中国人民の暴挙、中国政府の日本への不遜な
態度に正論を以って対抗するべきでしょうね。
逃げ腰での中途半端な巻く引きだけは今後の
双方の為になりません。「言わずとも分かって
くれる」的な認識は国際政治の場には通用しない
ことを日本政府も真剣に考えるべきですね。
Posted by 正しい歴史認識をする日本人 at 2005年04月19日 15:02
三国志など古代中国の歴史には敬意を表していたのに残念です。

先日首相官邸のHPに投書してみました。
受け取りました。みたいな返事が来ましたが。
今まであまりこういう問題に関心がなかったのですが、
日本政府の一貫性のない対応に少しうんざりしています。
しかも日本のマスコミの騒ぎようもいかがなものかと。
さっき小泉さんが又「靖国参拝で国益を損ねてるとは思わない」と発言していましたが、実際中国にいる日本人が被害にあっているのだから、ある意味国益を損ねてる気もします。
十分に中国・韓国に理解を得てから参拝してもいいんじゃないかと思います。
中国の暴力行為は野蛮ですが、首相ももっと国内・海外に具体的な説明をする責任があると思います。
単に「反日教育に懸念」だけではなくて、日本が支払ったODAで得た恩恵を中国政府が国民に説明せず、過去のことにだけに固執していることが反日教育だとか。。
Posted by 恨みを継承して何になるんだろう。 at 2005年04月19日 16:39
靖国神社も朝日新聞が火を付けたのですが、小泉首相には説明が必要ですね「村山発言」を元に(2度と過ちを繰り返さない、又心ならずも戦火に倒れた人)の慰霊だけでは説明不十分。
「靖国神社は過去の日本人の戦死者の慰霊場所」でA級云々は(中国の勘違い中曽根内閣までは参拝自由で有った)事。
(戦死者の慰霊は日本の内政、文化の問題)と説明して欲しい。
Posted by アホ at 2005年04月19日 17:24
たった数時間でさっきの小泉さんの発言に中国政府が抗議を始めました。
他のことは一切報じないのに、これだけは早い。
今日石原都知事が小泉さんの発言にはメッセージ性が全くないと言っていましたが、靖国を訪問するのもしないのも、断片的な言葉だけで発言するのは、むやみに中国を挑発するだけだと思います。
私は日本の首相が靖国参拝することを他国がとやかく言うのは内政干渉&宗教・文化の違いを無視した傲慢だと思いますが、中途半端なコメントをするのはよくないと思います。それに小泉さんの発言は他人事のように聞こえて真剣みが感じられないですね。
「アホ」さんのような具体的な説明をまずは国内向けにしてほしい。
Posted by 恨みを継承して何になるんだろう。 at 2005年04月19日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3035131

この記事へのトラックバック

05/4/18-夜ニュース
Excerpt: ニュースとコメント。アジア、公務員。
Weblog: ドサ健ブログ地獄
Tracked: 2005-04-19 20:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。