2005年04月18日

壁に突き当たった日本はどこに行く その2

日本人はもともと強者を崇拝する。それゆえ、原子爆弾の被害に遭おうとも、米国に服従し、現在でも傲慢であるにも関わらず、米国に対しては目を凝らして見上げる。本の国連の官僚は「米国の支持が無ければ、安保理改革の実現は難しい。米国の支持が得られるかどうかが日本の一つの大きな課題である」と言う。

今回、今までに無かったことがある。日本の外相町村信孝は4月17日から18日にかけて中国を訪問する。日本の媒体によると、町村は両国関係の修復の為、中日が双方の歴史の確認と共同研究行うことを提案する予定でだという。この考え方は悪くない。君たち日本の二次大戦の歴史は日本だけの問題ではない。勿論内政ではなのだよと。もしも君たちが内戦を行い、血で川ができようとも、我々は関係がない。歴史書にどのように書こうとも、君たち自身の問題だ。しかし、君たちが他国を侵略し、他国を攻撃し、家を焼き払い、人を殺し、金品を略奪し、悪事の限りを尽くしたのは君たちだけの問題ではない。それゆえ、中日が双方の歴史を研究するのは良い考えである。しかしこの外相は続けざまに「日本は教科書検定において、近隣諸国条項をもって周辺国家を考慮した。新しい歴史教科書はこの過程を通過したものだ。現在の削除要求は受け入れられない。」とした。これは実際上、共同研究を否定している。決まっても変更はできない。これを共同研究とよべるだろうか?

先週北京等で一部の群集が自発的なデモ活動を行い、日本政府が右翼分子が編纂し、日本の侵略の歴史を美化した教科書を通過させたことに抗議した。その中では一部行き過ぎた行動もあった。中国政府はすでにこれらの行き過ぎた行動に賛成しないと表明し、日本の中国国内の施設の警備を強化した。しかし、日本政府はまだしつこく絡み、全く反省することも無く、自己に責任が無いなどという。これは、日本政府が歴史を改竄し、アジアの被害国に対抗しようとしているのである。

隣国との領土紛争において、日本政府は独断専攻である。最近、日本政府は中国政府の何回もの交渉、抗議を無視し、民間企業の東海の「中間線」より東側の油田の試掘権の手続きを受け付けることを決定した。中国と協議することなく、かってに中国が認めない「中間線」の東側の石油開発を行う。これは対抗でないなら何なのだ?

すべてがこのような状況であり、彼らは心を入れかれるつもりは無い。以前、人々はよく「目をこすって待つ」と書いたが、日本の右翼、小泉内閣について言えば、中国人はすでに「待ち」過ぎたのである。

中国の隣国に対しての政策は、隣国は善であり、隣国を友とみなし、協力し、対抗せず、穏やかに、動揺せず、平和に、戦争をしないである。中国は歴史上、すべての隣国との紛争を解決もしくは現在解決交渉をしている。中国政府は、何回も表明しているように、中日関係を重視している。両国のかつての政治家が切り開いた友好局面を非常に大切にしている。しかし、小泉内閣は、中国人民の感情や、中国政府の親切を考慮しない。小泉内閣はまさに両国人民の間の対立の情緒の責任があり、両国関係の後退の責任がある。もしも、君たちが中国の忠告を聞かないなら、それなら、ドイツの話はどう考えるんだい?ドイツの総理シュレーダーは13日、ベルリンで韓国の盧武鉉大統領との合同記者会見で、日本を遠まわしに批判した。彼は、ドイツの経験は、「謹んで反省」した方式はドイツの歴史に対し「友を失わず、友を得ることになる」ことを証明したとした。これは経験からきている。しかし、日本の右翼の本質を考えると、かれらは聞く耳をもたないであろう。

日本右翼勢力は誰の話も聞かない。しかし、日本右翼のこの種あの種の行動は中国という大船のすさまじい勢いの前進の前にはばかることはできないのである

日本人はもともと強者を崇拝する この言い回しはよく出てきます。この一段落は日本人をけなす為ではなく、中国人自身のプライドを満足させる為にかかれてますね。日本は強者(米国)にへつらって発展したのであって、中国が貧しいのは日本より劣っているからではない等の言い回しと同じでしょう。つまり中国が民族的に上なんだよと。中華思想ですね。
強者を崇拝では無いですが、「素直」に相手のよいところを評価し、より有利な相手と協力関係を結ぶことは重要だと思うん出すがね。

共同研究を否定 まだ研究着手してないって。
歴史の共同研究は要注意でしょう。ご存知の方が多いと思うのですが、現在も中国の発案で日中韓の民間での共通の歴史教科書の編纂作業が進められています。日本からの参加者は野平晋作(ピースボート)、高嶋伸欣(琉球大学教授)等極端な左側の方々です。どのような共通の歴史教科書ができるか目に見えてますね。日中政府主導の場合も日本側のメンバーの選定は注意が必要でしょう。あとは、「地球市民的な観点で」内政干渉など言わずに双方の近代史を研究すること。そうしないと、ベトナム侵略も朝鮮侵略も文化大革命も大躍進も天安門もチベット大虐殺も日本は関係ないですから、中国に「内政干渉」といわれますからね。もっとも、日韓歴史教科書のように全く意味の無い政治パフォーマンスで終わるとは思いますが。

続いてお約束のドイツの神格化ですね。ドイツ首相が日本を遠まわしに批判したそうですが、それはあなたの お・も・い・こ・み!

最後がまたかっこいいですねぇ。 中国という大船のすさまじい勢いの前進の前に。。。

上海市が日本批判の談話 反日デモで謝罪せず (産経)
中国メディア、国内向けには報道なし 上海の反日デモ (産経)
中国総領事館にガラス瓶 投げた男やけど 大阪 (産経) 指詰め抗議な有名民族でしょうか。
【反日デモ 私はこうみる】日中協会会長(元自治相)・野田毅氏 (産経)
中国反日デモ 規制の意思に疑問 また暴徒化、拡大も(産経)
中国反日デモ 規制の意思に疑問 また暴徒化、拡大も(産経)
首相、冷静対処を求める 中国の反日デモ (産経)
歴史認識問題視を非難 小沢氏、反日デモで (産経)
若手経営者の74%が危機感 反日行動で青年会議所調査 (産経)
日系企業工場で数千人スト 広東省、一部が日の丸焼く(産経)
反日感情の高まり、小泉外交の結果…民主代表が指摘(読売)
社説『反日』デモ 中国は自らリスクを高めている(読売)
封じ込めの中、暴動再発 公安当局に衝撃(毎日)
posted by 元祖うぷぷ at 00:08| Comment(12) | TrackBack(1) | 反日記事(政治総合) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>日本人はもともと強者を崇拝する
この一文が受けますね。強者を崇拝するのなら何故眠れる獅子と謳われた清国と戦争をしたんですかね。
また世界の強国のロシアや、世界の最強国とも言うべき米英を中心とした連合国と戦争をしたんですかね。
日本を批判する中国・韓国・北朝鮮の記事はいつも鏡を見て書いているのではないかと錯覚してしまう内容です。むかついて怒りがわいてきます。

>中国の隣国に対しての政策は、隣国は善であり、隣国を友とみなし、協力し、対抗せず、穏やかに、動揺せず、平和に、戦争をしない

これに関してはあきれて物もいえません。ただの隣国ではなく、侵略しようとする相手の隣国ではないんですかね。国内すら敵と見ているくせによく言ったもんです。
未だに帝国主義・覇権主義・侵略主義・拡張主義をとっているのは中国ぐらいのもんです。

最近中国が周辺国と仲良くしているのだって、元寇の直前南宋を滅ぼすのを邪魔されないように日本と国交を結ぼうとした時のように、日本を侵略するためその他の周辺国と仲良くしているのではないかと疑いたくなります。
Posted by yashichi at 2005年04月18日 05:19
私は日本人ですが中国側の意見に同意します。はっきり言って多くの日本人が私と同じ意見を持たないことをとても恥ずかしく思っています。
たとえ中国側が少し誇張した事実を述べても、日本政府が中国、アジア諸国の人々を大量に殺した事実は明らかです。私にはなぜその点を徹底してあやまることがそんなに難しいのか理解できません。
強者を崇拝する国として避難を受けるのも、当り前です。日本は沢山の知識、文化、政治方針、医学などの発展について、中国はもちろん、朝鮮、ドイツ、オランダをはじめ さまざまな国々を手本としてきました。その影響は今も根強く残っています。世界大戦で、連合軍と戦ったことをあげるのはへりくつです。なぜならそれで得たものはほとんどなく、二次対戦では敗戦し、独裁的政治の恐ろしさをむしろ反省するべきです。
世界史をふりかえっても分かるように、人間は力を得るためにはなんだってします。そして歴史は繰り返すんです。だからこそ二度と繰り返さないように、次の世代に事実をきちんとつたえるということはとてもたいせつなことです。
ドイツではその教育がきちんとなっており、最近まではナチの旗を映画で見せることすら禁止されていました。だから、ドイツが本当に日本批判したかどうかはべつとして、ドイツをみならうべきです。
最後に、私は別に中国が日本を侵略すれば良いとか、中華思想が良いとかくだらないことをかんがえているつもりはありません。私はただ、差別やプロパガンダにとらわれず、冷静に公平に両側から事を判断したいだけです。それができないのは、大人としてみっともないと思います。
Posted by 女子大生 at 2005年04月18日 08:48
日本は何度も戦争中にアジア諸国が受けた被害については謝罪していますよ。しかし、中・朝・韓に関しては謝罪すればしただけ被害が大きくなっていきます。
戦争は既に終わっているにも関わらず、研究すらろくにしていないにも関わらずです。

>中国側が少し誇張した事実
女子大生さんが本当に女子大生だとするならば、今まで歴史とは教科書で習った歴史しか殆ど知らないと思います。しかしそれが既に誇張された歴史だとしたらどう思いますか。またどのような誇張がされているかも知らずに、自分でこの程度の誇張だろうと推測してそれぐらいと考えているのならおかしいです。

>世界大戦で、連合軍と戦ったことをあげるのはへりくつです。なぜならそれで得たものはほとんどなく

当初の大目的である「欧米列強の植民地にならない」と言うことが達成されていますが。

>事実をきちんとつたえるということはとてもたいせつなことです

だからこそ日本が事実を発言しているんじゃないですか?


いろいろ書いてありますがどこかの国のプロパガンダと同じにおいがしますね。特に最初に日本人と名乗るところとか。
Posted by yashichi at 2005年04月18日 09:33
中国人の意見と同じ事を云う、政治家やテレビのコメンティターは多いですね。中国のプロパガンダに引っ掛かるんですね。
女子大(最近は沢山有りますのでどの程度か知りません)日本は文化や教育は下種な話、只で頂いた訳では有りません、莫大な金額を払い吸収したものです。
独裁?判りません、日本に独裁者は居ましたでしょうか?私は独裁者とはヒトラー、スターリン、毛沢東、金日成辺りの一人で殺人を自由に行える人と思うのですが、日本は残念ながら昭和20年までも民主主義、議会も機能していました。
施設も証拠写真も実在するドイツの犯罪と日本の「戦争」とを較べるのは一寸無理。
又ドイツはイギリス、フランス近所付き合いはしていますが謝罪も補償金も払ったは居ません。只ナチスにドイツが占領されていた、ナチスは悪いので謝罪すると云っただけでドイツが「悪い」とは一言も云っては居ません。
どうぞ大学と云う「最高学府」で沢山の史料を見る事が出来る、お立場プロパガンダかどうかの恩判断を御自分で確認下さい。
Posted by アホ at 2005年04月18日 12:15
女子大生さんへ
あやまれば済むと思ってるのは、大人としてみっともないと思います。
日本人が怒ってるのは事実を捻じ曲げて伝える中狂に対してです。
現在進行形で独裁的政治をやってる中国の恐ろしさを、
もう少し勉強したほうがいいよ。
Posted by mina at 2005年04月18日 12:20
中国の政府の方が“私たちは日本に悪いことをしていない”といっていましたが、今日本にいる中国人のどれだけが金銭のために故意に犯罪をしているか調べたら良いですね。ほとんどの人間がこれだから・・・
ちなみに中国にいる日本人が中国でどのくらい犯罪をしているか・・・悪いけど中国の千分の一もないです。
調べれば分かります。
Posted by 新川隆一 at 2005年04月18日 14:33
白を黒と摩り替えてしまう中国共産党の詭弁に
我々良識ある日本人が騒いではいけません。
韓国しかり、唯一の国定教科書しか学習の場に
にない中国人民は非常にかわいそうな中国共産党
の被害者と言えるでしょう。一連の騒ぎの全ては
中国、韓国の日本に対する一方的な内政干渉と
断罪されてしかるべきですね。日本を叩けば
多額の無償援助が引き出せる、といった現在迄の
日本の外交無策も要因と認める勇気も必要ですね。
Posted by 正しい歴史認識をする日本人 at 2005年04月18日 16:56
中華思想って幸せ回路みたいなもんですかね。
論理的思考でなく、とりあえず自分最高、自分こそ正しいみたいな幻想に走る、しかも、当然ながら説得力全然ないのに、正論だと相手にも認める様に強要する、そしてそんな過程を無視して多数意見であるから正論であると論理展開する…。これは中華思想とはちょっと違うかな?まあ中国人に限らない思考形態のようですけど、そうならないように気をつけなければなりませんね。

ところでTBもされてるみたいですが、新華報で町村外相がお詫びした事になってるようですね。
とりあえず、日本は、どこかの国と違って情報を都合良く出したり隠したりしない国なので、報道と実際がどのように違うか比べてみると良いかもしれませんね。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/g_machimura/china05/gaisho_gai.html
Posted by 東アジアな人 at 2005年04月18日 23:59
以前はこの「女子大生」方の意見をみんな信じていたんですが、時代は変わりました。

「ソース」を直接確認する。日本では今あたり前になった情報の見方が中国で普及することはあるんでしょうか。外国の情報の引用は華僑の新聞、故意に誤訳が多いようなきがします。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年04月19日 00:34
 「女子大生」さんが日本が他国を「手本」にしてきたことをもって「強者を崇拝する国として非難を受けるのは当たり前」と書いている点が非常に心配になります。「手本」にして学ぶことは美徳であって非難されることではありません。もし物まねと手本を間違えたのなら日本人かどうか疑わしい。
 日本人だとしてですが、「私は日本人だけど」って書くのは自国の歴史と文化に自信がないことを示しています。すでに本家の中国にはなく日本に最も古い文献が残っている例もあります。また「手本」はそのまま使っているのではなく日本の実情にあわせて繊細な仕様変更がなされたものも多い。日本人なら分かると思うんだけどね。カタカナ、ひらがなもそうだし、将棋もずいぶん違う。
Posted by さぶぅ at 2005年04月19日 14:05
大日本帝国が中国・世界侵略を企図している事を示すという、偽文書として有名な田中上奏文が、吉林で発見されました。これは日本の中国侵略のいい証拠になるらしいですよ。

なぜか英語版や中国語版は見つかるという、謎の田中上奏文。もちろんこれは世界で未だ発見されていない、日本語版なんでしょうね。

http://www.wenweipo.com/news.phtml?news_id=IN0504200042&cat=000IN&instantCat=china&instantCat=china
Posted by aquarellisute at 2005年04月20日 15:30
いつも通りの「いいタイミング」ですね。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年04月22日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3016183

この記事へのトラックバック

町村外相がお詫び? やはり反日デモは中国の国内問題
Excerpt: 昨日の反日デモでは瀋陽で一部のデモ参加者が封鎖線を突破し、領事館に投石等を行ったようですが、それ以外の都市では詳しい状況はわかりませんが、一部の日系工場に対しての投石や破壊が行われたらしく、気がかりで..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-04-18 08:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。