2005年03月26日

日本の侵略戦争美化教科書がさらに酷く その1

新京報 2005年03月25日 ソース写真(中国語)

「参考消息」報道、日本の4年に一回の教科書検定の季節がまたやってきた。4月上旬の検定結果が出る前に日本の新しい歴史教科書をつくる会が検定にかけた「新しい歴史教科書」の内容が、日本の媒体により暴露され、世論の注目の的となっている。

日本の「新しい歴史教科書」は、酷く歴史を歪曲しており、ある民間団体は「凶化書」(「教科書」の日本語の発音と同じ)と呼ぶ。教科書の内容を見渡すと、「凶化」にふさわしい内容と言える。今回暴露された検定中の内容は、その「凶化」程度がさらに醜く、天皇を中心にした家族国家観、アジア支配観、他国に対しての優越観、自国中心観であり、同時に、加害の事実を隠しごまかし、被害者意識にあふれ、はばかり無く侵略が理にかない、功績があると抑揚し、大東亜戦争時の方法で、発動した戦争を自衛戦争であるとし、日本国民の積極的に戦争へ献身する精神をたたえている。

教科書内容が暴露されると、強烈な反応を引き起こした。韓国では、すでに批判の波がおこっている。検定本がどのように暴露に至ったのだろうか。一つの可能性はつくる会が故意に漏らしたということである。検定本が流出したのは前代未聞であり、世論の強烈な反応を引き起こし、つくる会の社会的な社会的な影響力を拡大させ、自己の教科書の目的を広めることができるからである。一方、つくる会と一部の右翼媒体は左翼人士し民間の進歩団体が流失させせ、この教科書の検定の阻止を狙っていると指摘している。

新しい検定本の内容を見ると、侵略の歴史に関係する記述はさらに曖昧に後退しており、あたかも自分が被害者のように記述している。教科書はさらに、特に中国への恨みを抑揚し、その敵視感情を古代にまでさかのぼらせている。

日本国内の右翼勢力の侵略戦争への美化に対して、一部の日本人はこれが民主主義の言論の自由だと言う。しかし、もし文部科学省が検定を通したならば、それは日本政府がその言論に賛成したことになり、被害国の抗議を引き起こすことになる。

2001年の教科書の検定時には、ある程度の修正がなされたが、侵略戦争を美化した本質は修正されなかった。日本の文部科学省がどのような検定意見をつけるのか、正式に世に出た教科書がどのような形になるのか、人々は目をこすって待っている。

教科書内容解読

暴露された日本の新しい歴史教科書検定本では、侵略の歴史の記述がさらに曖昧、後退した。本紙記者は「抗日戦争研究」(北京)を主編をされた抗日戦争研究専門家の栄維木氏に取材を行った。以下は、日本の2001年版の歴史教科書(以下2001版)と2005年版の新版の検定本(以下検定本)の中から、歴史事件の記述と栄維木氏の相関する史実を詳しく説明する。

(コメント)
新しい歴史教科書の内容の指摘の、アジア支配観、他国に対しての優越観・・・君の国の教科書のことだろうが近頃不感症だったのですが、久しぶりに訳しながら大うけしました。特に中国への恨みを抑揚し、その敵視感情を古代にまで だから君の国の教科書だって。

大体この手の記事は教科書の内容紹介をせずにいかに醜い本かの紹介だけするのが定石なのですが、今回は内容を細かく紹介しています。検定本の(偏向フィルターのかかっていない)内容がわからないので正確かどうかはわかりませんが。明日、検定本などの内容と抗日戦争研究専門家による史実の部分を訳してみます。

そういえば、昨日紹介した日本の常任理事国入りネット署名に対し、人民日報に日本の常任理事国入りネットユーザーが反対運動という政府発表がでてますね。民間レベルという割にはもろ媒体が後押ししてますがね。中国政府は賛成も反対も意思表示ができず、苦しい発表外交部報道官、日本の役割拡大への願望は理解を行っています。過激にやりすぎた反日教育のつけが出てますね。自業自得です。
posted by 元祖うぷぷ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 反日記事(政治歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

4/3 中韓60年を無視し何が正しい歴史だ!!
Excerpt: ・日本のマスコミは「韓国人また興奮」 一般人は? え〜、ネタもとがOHMAYNEWSのようですが 読後の感想 ふっざけた記事だ!!!!!!!! 論点のおかしなすり替えもそうだが、こうした市..
Weblog: 放浪癖さんあっちへふらふら日記
Tracked: 2005-04-03 11:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。