2006年10月01日

中国の青年は歴史を学び愛国者と売国奴を区別せよ 米日の「ネット売国奴」から防衛せよ

捜狐社区 2006年09月28日 ソース(中国語)


作者: 鄭求洋

愛国の志をもつ者であれば、米国政府が反テロをグローバル政策としてから、特に第三世界の青年の洗脳工作を行っていることを注目しているであろう。

ネット上の国に災いをもたらすデマ

本部を北米に置く中国語の掲示板を運営する会社が、ネットに書き込みを多くする者の背景の調査を行ったことろ、米国のCIAと日本が、ネットの掲示板で中国を攻撃するデマを書き込む専門の要員を雇用していることが分かった。

米国のCIAのデマを作り出し、要員を雇用し、人心を乱す工作には非常に多くの前科がある。米国のあるテレビ局の特集番組によると、CIAは1950年代、60年代に高い報酬でエルサルバドルで造反者を雇い、米国のテレビ局を使い、エルサルバドルに対して毎日いわゆる「ニュース」を流し、デマを流布し、当時の社会主義政党を倒し、人心を乱し、混乱させようとした。

この後CIAの出した結論は、この種の方法は非常に有効であり、今後各社会主義国家で寝返る者に対して、祖国の母語でデマを流布することとした。

CIAのこのような工作の歴史は長い。中国は現在まさに台頭しており、当然彼らは中国の前進を拒もうとしている。

今年の始めに選ばれた「2005年ネットの8大論争」で、「売国奴」と「憤青」が第2位となった。

ネットではよく知られているが、米国は毎年数千万〜1億ドルを使って中国の「ネット売国奴」を養成し、資金提供をしている。これらの多くの者は国内の
不良学生や、無職、失業人員である。

彼らは定期的に米国からプロパガンダ用語の指示や賃金を受け取っており、多くの者の報酬は数千元である。各フォーラムやコミニティサイトに取り上げられれば、多くのボーナスが手に入ることとなり、彼らは既に職業「売国奴」となっているのである。さまざまな文面を大量に掲示板に投稿し、民衆を米日を支持させるように仕向ける。投稿の内容は規則的で、政府、国家、愛国者を攻撃する。特に反米、反日の同胞を罵り、中傷し、誹謗する。大陸の有名な学者である丁小平教授は2004年2月に「米国がネットスパイを雇い中国に危害を加えている」報道がなされてから、反中勢力の迫害目標となっているのである。

「ネット売国奴」は中国の英雄に対して攻撃を行う。「ネット売国奴」による「考察」によると、岳飛は忠臣ではなく、秦檜が正しく評価されていないとし、誤った評価を再検討すべきなどとする。彼らは中国人に対して種族攻撃を行い、中国人がいかに醜いかを大げさに宣伝し、如何にして劣等民族であり、人肉を食い人の道に外れ、カナダやオーストラリアやその他世界で白人の居住地を汚染しているかを宣伝する。故意に中国の各地区の人民を対立させようとする。ウィグル人は「造反すべき」とし、チベット人は「独立すべき」とする。中国が混乱すればするほど好ましいのである。彼らは、強敵は内部から攻撃することが得策であるこを知っているのである。

歴史を学び愛国者と売国奴を区別せよ

中国に反対、外国に賛成。米日のちょうちんを担ぎ、米国が中国大使館を爆撃するのは正しく、中国の飛行機に衝突するのは、中国の飛行機が悪く、米国人がメディアで他人の不幸を喜ぶのは、彼らのユーモアであるとする。米国は自由、民主を広げる目的で対外侵略戦争を起したとし、反米、反日勢力に対して「糞青」、「愛国奴」、「太子党」、「共狗」等とレッテルを貼る。中国の社会をまだ知らない青年は、これらによって惑わされてしまう。

米国、日本のこの手の技術は相当高度であり、数千万ドルから1億ドルに達する投資により、偉大な中華民族は、思考能力を失い、他国の「文化奴隷」となることになる。ゆえに、「ネット売国奴」、「ネットスパイ」を決して侮ってはいけないのである。

「ネット売国奴」が製造する情報はどこからくるのか? 大部分は米国、日本からである。

我が国民は米国や日本の正義がだけが正義と考え、英雄や祖先や自衛の為の反撃を放棄し、国外の思考への防御をせず、我が民族の先進的な文化を放棄し、米国や日本の文化と精神に傾倒する危機にある。我が国民、特に80年代以降に生まれた者は、まず我が民族の歴史を理解し、その後世界の研究をすべきである。我が政府はつまらない説教をし、米日の物はゴミでもすばらしい等と考えてはいけない。

日本には戦略がある。世界中が彼らのアニメやドラマを見て、彼らの電器製品を使っている。世界の多くの人が気が狂ったように日本を崇拝し、中国にもそれらが多数居る! 我が国民が接するのはすべて外国の文化で、中国の民族文化に興味を持た無ければ、ある日、身の周りがすべて他人の物になっていることに気が付くことになる。後悔してももう遅い。

文化攻撃は少年に有害

中国が社会主義現代化の建設と改革開放を始めた時、新たな時代、新たな形式、新たな任務により、新聞事業も模索と革新、変化が求められた。筆者の提案は、我々が人やられたことをそのままやり返すことである。反中言論が見つかったフォーラムやWebページに対しては、愛国の同胞がすぐに通報し、皆で攻撃する。多くの中国人は愛国であるが、多くの者が団結できるかが、民族の共同利益の力になるかの鍵となる。海外の中国人も理不尽な待遇を忍ぶのではなく、羊のように声を殺すのではなく、積極的に参加しよう。ユダヤ人のように団結し、民族の共同の利益の為、デマを捏造し、人心を乱す、悪意のある「ネット売国奴」に対抗しなければならない。

「民族スパイ病」は治さなければならない。我々は米国政府のネットを使った文化戦略と文化方面の攻勢に注意を払うのである。一旦文化分野での攻勢が成功してしまえば、民族は反撃能力を失う。

青年は祖国の未来である。新中国成立後、西側の国家は「平和的な政変」で中国の政権を転覆させようとした。中国の転覆の望みは我々第三世代、第四世代にかけられ、現在は我々の第五世代、第六世代にかけられている。同時に愛国青年に対しての攻撃と侮辱が続いている。愛国青年を「糞青」等とするのは、彼らが作った傑作である。

「ネット売国奴」は休むことなく、中国にさまざまな恥辱を与えている。中国人は警戒をすべきである。

掲示板でよく転載されている記事です。香港の大公報の記事らしいのですが、元記事の確認が出来ませんでした。

久しぶりの中華思想爆発です。1億ドルの工作活動で思考能力を失うとは、ずいぶん安い偉大な民族ではあります。

米国のCIAと日本が中国のネット上で工作活動をしているそうですが、日本のどの組織なんですかね。どのくらいの予算なんですかね。日本としては、反日で突っ走ってもらったほうが、集団的自衛権も憲法改正もやりやすいんですけどね。どうせ、なんの工作をしなくても内部で互いにレッテル張りして自滅するでしょうし。

この手の記事は、自分が外国に対して行っていることの証明でもあります。最近は日本のネットで怪しい日本語の投稿が散見されます。せめて日本語をもっと勉強してから、工作すべきでしょう。在日の中国人大学教員が千人近くもいるのですから、彼らに綺麗な日本語で書かせたらいかがですかね。まぁ、それでも空気を読めず、自然と中華思想が出て、ばれるでしょうが。
posted by 元祖うぷぷ at 16:55| Comment(20) | TrackBack(0) | 反日記事(文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ネット上に中国に都合の悪い記事や書き込みがあっても、それは日米に雇われたネットスパイによる工作なので真に受けてはいけない」
…という国内向けの宣伝ですね。

中文ネット上で反日デマを流す戦士たちは金を受け取っているのでしょうか。
Posted by 森本 at 2006年10月01日 18:11
ぐわあぁぁぁぁぁ・・・
痛い!なんてぇ、いたい記事なんだ!
こんな痛すぎな記事は長いことお目にかかってませんよ!
さすがは元祖うぷぷ殿、素晴らしいネタを提供していただきありがとうございますw
これぞ墳青、厨国版厨房wwww
Posted by カラマーゾフ at 2006年10月01日 20:21
去年の産経新聞に、反日デモに参加した団体が運営するHPについて「日本人ハッカーによって妨害され、閉鎖せざるを得なくなった」とのたまう代表の記事が載っていたのを思い出しました。
何でも、インターネットカフェのパソコンを使って作ったHP(自宅にPCがない時点でかなり貧弱)からウイルス攻勢をかけたところ、その日の晩に日本から反撃があり(超田代砲か?)、その猛威によりHPを作ったPCどころかインターネットカフェにあった30台のPCがすべてダウンしたらしい。
件の代表がインタビューに答えて曰く、
「一番恐ろしいのは日本のハッカーだ。アメリカへの攻撃は相手の反応が薄いので簡単だが、日本の場合はこちらの行動から1〜2時間で反撃がある。しかも攻撃は的確で、技術力も高い。絶対日本政府の息がかかった団体がやっているのだろう」
とのこと。

この辺の認識が、この記事を書く元になってるんじゃないですかね?
Posted by QA at 2006年10月01日 21:57
>日本には戦略がある。世界中が彼らのアニメやドラマを見て

いやいや、残念ながらそんな戦略などないと思いますのでご安心を。役人や政治家が後知恵で騒いでいるだけです。逆に言えば、アニメや和食を含む日本の文化には、当局のプロパガンダや後押しがなくても自力で発展し世界中に広まるだけの力量があるということ。「党が人民を指導する」ようなお国柄では、なかなか理解できないかも知れませんが。

>中国の「ネット売国奴」を養成し、資金提供をしている
>これらの多くの者は国内の不良学生や、無職、失業人員である
>数千万ドルから1億ドルに達する投資により偉大な中華民族は思考能力を失い
>他国の「文化奴隷」となることになる
>我が国民は米国や日本の正義がだけが正義と考え
>英雄や祖先や自衛の為の反撃を放棄し、国外の思考への防御をせず
>我が民族の先進的な文化を放棄し米国や日本の文化と精神に傾倒する危機にある
>世界の多くの人が気が狂ったように日本を崇拝し中国にもそれらが多数居る

涙なくしては読めない自虐的な文面の数々です。下手に「無職、失業」に言及したらヤブ蛇ではないかと。最後の一行など買被り過ぎでしょうな。ここまで赤裸々に書いたら、当局にお叱りを受けるのではないかと他人事ながら却って心配になります。歴史の古さだけが「売り」の中国で「我が民族の先進的な文化」って具体的に何? 共産主義でしょうかね。
Posted by 一筆啓上 at 2006年10月01日 22:28
最近まで日本への工作が成功続きでルンルンしてたでしょうに、何だか、とっても切羽詰ってますねぇ。

>ネットに書き込みを多くする者の背景の調査

こんなことできるんですか?
気味が悪い。
アメリカはともかく、日本にはそんなノウハウはありませんよねw
中国は自国批判をする青年が増えてきたんで、自分たちがやってきたことを日本も始めたと被害妄想になってるか、自国の青年たちが自国批判に猜疑心を持つように工作してるか、やはり、後者でしょうねぇ。

>文化分野での攻勢が成功してしまえば、民族は反撃能力を失う。

と、工作経験者は語るw
日本民族は長らく反撃能力を失っておりましたとも。
中国が青年に嘘の歴史を吹き込んでも、私のような片田舎の主婦にさえ反論されてるワケでw
所詮、捏造の歴史では辻褄が合わないので、知性のある青年は、自国批判になってしまうんでしょうね。
やむにやまれず自国批判をする青年の気持ちを考えると気の毒です。

>>日本には戦略がある。世界中が彼らのアニメやドラマを見て

中国に比べると本当に日本は情けないですね。
あんな立派な宣伝映画は日本じゃ作れないし、あんなに派手なロビー活動は日本人には出来ません。
感心するというか、驚嘆するというか、・・・怖いです。
Posted by K at 2006年10月02日 11:05
「糞青」なんて言葉、知りませんでした。有名な用語なのでしょうか?

日本人が思いついたのでしょうか?日本語しか話せない人が思いついたならば、尊敬に値する言語感覚です。
中国語に堪能でなければこんな単語は育たないような気がします。日本語の本と音楽で育ってきた私には、愛国青年を罵倒する、という発想自体に無理が。だって見たこと無いですもん、愛国青年。少なくとも、目の前にある環境を表す必要が無ければ、そんな言葉は生まれにくい。

果たしてどちらの国で生まれた言葉なのか、興味深いです。

同様に「我が国の先進的な文化」もワケがわかりませんでした。この言葉は間違いなくそちらで生まれた言葉ですね。自国の文化を「先進的」と呼んで憚らぬ太い神経、ないですから。
Posted by 謹啓 at 2006年10月02日 11:50
 久しぶりにコメントさせて頂きます。

 感激しました。これはズバリ“反日”症候群の末期症状、断末魔の叫びのような文章ですね。そのうち“糞青”どうしで内ゲバが始まるでしょう。楽しみです。
Posted by ddzggcd at 2006年10月02日 12:58
うわぁ久々の中華汁垂れ流しの文書。

>我が国民は米国や日本の正義がだけが正義と考え
>英雄や祖先や自衛の為の反撃を放棄し、国外の思考への防御をせず
>我が民族の先進的な文化を放棄し米国や日本の文化と精神に傾倒する危機にある
>世界の多くの人が気が狂ったように日本を崇拝し中国にもそれらが多数居る

誇大妄想と被害者妄想が一緒くたになっている所なんて彼ららしくてなんともステキです。
Posted by 朝日強制読者 at 2006年10月02日 14:09
こんな記事を香港で出し・・・。
おーッと、香港紙でしたかw。

こないだ呼んだブログでは香港人は割と歴史を知っていて政府主導の誘導記事には批判的だと読んだばかりだったのに。
(世代が下がるにつれ段々洗脳されてるようですが・・・。)

他に情報が入らなきゃ洗脳も可能でしょうね。
現に中国人の日本嫌いは相当なものだと聞いたものですからw。
Posted by take at 2006年10月02日 15:04

v i p p e r の 方 が 安 上 が り じ ゃ ね ?
Posted by いかめし at 2006年10月02日 16:52
SOHUの掲示板に類似の書き込みがありました。
他にもいろんなバリエーションがあるかも知れません。
http://club.news.sohu.com/r-Japan-214855-0-13-0.html
遼寧省公安庁HPの記事なのに「文章来源:搜狐論壇」…ソースが掲示板の書き込み。
たとえるなら埼玉県警のHPに2ちゃんねるの書き込みを転載するようなもの。
http://news.ln110.com.cn/zhuliu/200609/28/120560.shtml
元ネタは「鳳凰衛視論壇」だそうです…
http://forum.taobao.com/forum-1/show_thread----6617261-.htm

まっとうな元の記事があるわけではなく、憤青の創作だと思われます。

「糞青」は「憤青」を揶揄した言い方です。憤る青年のことです。
思想の違いはありますが、ネット上での役割という点では日本の「ネット右翼」に相当すると思います。
Posted by 森本 at 2006年10月02日 19:44
素晴らしい記事です。感動しました。

あなたは立派な被害妄想です。手遅れにならないうちにしかるべき治療をお薦めします。
Posted by 木綿 at 2006年10月02日 20:20
最近中文ネット上で熱いできごと
「アコード女」 
ttp://www.danwei.org/internet/internet_mobs_hunt_accord_girl.php

Links and Sourcesから中文サイトへ

おじゃましました。
Posted by 森本@たびたびごめんなさい at 2006年10月04日 01:16
アニメが戦略て。あんたらが勝手に気に入って(安値で叩いて)買い付けて、放映してるだけやがなw で、放映内容も日本に関連するシーンは改変してるんと違うの?

文化侵略?あんたらがやってる食文化攻撃、中華料理で警戒心を緩め、なおかつ店を隠れ蓑に工作員を活動させてるのはどうなのw 日本じゃさらに教育やらなんやらで(なぜかわからんが)反日思想を堂々と流布してるし。時々出てくる在日中国人、たいてい教授だけど、なにあの日本を見下した偉そうな態度、発言。なんであんなのを雇ってる日本の教育機関があるのかそれも不思議ですらあるが。
Posted by at 2006年10月04日 11:02
アニメが戦略て。あんたらが勝手に気に入って(安値で叩いて)買い付けて、放映してるだけやがなw で、放映内容も日本に関連するシーンは改変してるんと違うの?

文化侵略?あんたらがやってる食文化攻撃、中華料理で警戒心を緩め、なおかつ店を隠れ蓑に工作員を活動させてるのはどうなのw 日本じゃさらに教育やらなんやらで(なぜかわからんが)反日思想を堂々と流布してるし。時々出てくる在日中国人、たいてい教授だけど、なにあの日本を見下した偉そうな態度、発言。なんであんなのを雇ってる日本の教育機関があるのかそれも不思議ですらあるが。
Posted by   at 2006年10月04日 11:03
嘘も3度聞けば本当に思えてくる
毎日読まされたら(それしか選択肢が無いのだから)怖い話ですね・・。
Posted by oh-tinq at 2006年10月06日 11:32
さて本書を読んで、近年の氏の論理構成、その思想遍歴にようやく得心がいった。四川省の田舎で育った。氏の少年時代、まわりには儒教のおしえが残っていたという。
日本流に言えば「♪うさぎ追いし、かの山、小鮒釣りし、かの川♪」の、ゆたかな自然の環境が氏の感性を豊饒に育(はぐく)んだ。
 おりから文革の嵐に遭遇し、毛沢東の神話を信じた。まさに「正義の人、改革の人」が毛沢東であると信じた。
 革命の苦労話には涙がでた。嘘を洗脳教育で信じ込まされたことを赤裸々に告白している。
狂気の文革時代がすぎて、氏は80年代に北京大学へ入学する(四川省から北京大学というのは並みの秀才ていどでは辿れない超秀才コースだ)。
そこでの級友達との会話は、はてしなく欧米デモクラシー的な自由への僥倖、民主化への探訪だった。文革が毛沢東神話と毛沢東の個人的欲望から展開されて権力独占の野望である、という総括が若者の多くに拡がり、共通に認識されていた。
洗脳され、嘘によって騙されていたのだ、と。
 氏はいう。
「言いようのない悲哀感に襲われた。これが自分の少年時代だったのか、と空しさと悔しさがいっぺんに胸の中で沸き上がった」。
 そうか、毛沢東神話は大嘘だったのか。「わたしは自分の人生の中でもっとも深刻な心
の危機と苦しみを体験しなければならなかった」。それは「驚天動地の精神的大地震であった」と正直に告白を綴る。騙されたことを悔いた。

 「学生寮の狭い部屋のなかで、安い酒で一緒に飲みつぶれて、一緒に涙を流した。その中から、我々の世代(文革中の毛沢東神話を信じていた)の独特の連帯感」が生まれ、これは「懐疑の精神」となり、のちの「天安門民主化運動」に繋がっていくのだった。
 そして彼らが89年天安門事件の被害者となった。
 あの悲劇が起きた日、石平氏は日本に留学に来ていた。在日の中国人留学生の多くも民主化に連帯し、日本でも運動がおきた。
 89年6月4日、軍が学生達に発砲し、石平氏の級友たちの多くが犠牲となった。なんという無謀な政府か、絶望の淵に立たされた。
 その後、何回か帰省し、議論して驚いた事実とは、反日宣伝によって親戚友人級友の多くが日本人が悪いと完全に「洗脳」されていたことだった。天安門の弾圧をつめよると、あれは「外国の陰謀であり、弾圧は正しかったのだ」という信じられない反応が返ってきた。
 共産党への不満を反日ですりかえての洗脳教育が、こういう形で現れていたのだ。
これは第二の洗脳であり、「反日」は大ペテン、かの毛沢東神話と同じ、党の独裁のための大嘘であるのに。
 石平氏は真実を語ろうと決意した。
旺盛な執筆活動を開始したのは、この危機を体験した直後からで日本の論壇で、「反日」の危険性について雑誌、単行本で真実を綴った。
在日留学生の一部からは批判や嘲笑もあったという。拝金主義にのめりこんで、政治の理想も民主化の灯火も反日にすり替えてしまった中国のあくどいまでの洗脳は海外留学生にまで及んでいた。


中国では各世代ごとに洗脳され、事実に触れて絶望し、反発しては弾圧されることを繰り返すんだろうか。
Posted by 石 平『私は“毛主席の小戦士”だった』(飛鳥新社) at 2006年10月17日 18:47
怪しい思想・宗教には不寛容の精神で臨まないと被害者は生産されつづける。

かって世界に様々なイデオロギー(民族主義・共産主義・民主主義・無政府主義・宗教的寛容・思想主義信条への優遇)を撒き散らした欧州は最近ようやく気づいたらしい。

人間は一切束縛・強制されない、自分の為したあるいは容認した契約事項を除いて。あらゆるイデオロギーは国家的に優遇されてはならないし保護されてもいけない。

中国がこの見地にたつのは家族主義的伝統重視であるためまず不可能では。家内にしか通用し難い制度を強引に国家的規模で強制してきたんだわ、東洋は何千年もね。
Posted by 木綿 at 2006年10月17日 19:06
なんだか、フィリピンにおける「ボルテスV(ファイブ)」放映事件を思い出しますね。
何を思ったのか当時のマルコス独裁政権の下では、日本のアニメを放映しはじめた事があったのです。当時のフィリピンでは先行してアメリカ産の1話完結形式のアニメ(トム&ジェリーなど)が放映されてはいたのですが、そこに「1クール単位で完結の、日本の熱血アニメ」が乗り込んできたのですから、現地の子供達にとってはそれはもうカルチャーショックだったようです。
しかし最終話近くになり、「話の内容が暴力的だ」という理由で放映は中止されます。一説に拠れば、クライマックス部分で「人民の武装蜂起」シーンがあったから、だという話も…。
Posted by guldeen at 2006年10月24日 23:15
精力剤を買うという事に抵抗があるかもしれません。
そして、実際に買うという事に不安を覚えている人もいるかもしれません。
しかし、このサイトはそんな不安などを払拭してくれて購入する勇気
が出るかもしれません。

このサイト→http://store-hb.com
Posted by yama at 2013年04月23日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。