2006年08月17日

こっそり更新を再開します

長らく更新を行わず、まことに申し訳ございませんでした。

個人ブログと言えども、毎日多くの方に来ていただいているわけで、(さすがに最近は減ってますが) それを理由なく、何の報告もなく、更新しないことはあまりに無責任だと痛感しております。

多くのコメントもいただいていますし、激励やお叱りのメールもたくさんいただきました。ありがとうございます。

あまり言い訳はしたくないので、簡単に更新できなかった理由を釈明しますと、「仕事があまりに多忙だった」ことによります。

・ある日突然失踪して臓器を生きたまま摘出されたとか
・撫順送りとなり改造されたとか
・美人中国人妻に懐柔された

なんて理由では有りませんのでご安心ください。まぁ、中共も何千(?)といる「ネット右翼」を個々に潰す程効率の悪い方法をとることは無いでしょうし(より力の強いメディア使った攻勢をかけるとか、レッテル張りして対抗する等の方法を取るでしょう) 中国人妻、どう見ても美人じゃないですし。

さて、日本に帰ってきました。完全帰国です。

蒸し暑いですね、日本は。そしてメディアが凄いことになってますね。

靖国関係の報道が多いのはともかく、家庭の主婦等の層をターゲットとしたと思われるバラエティ番組での中国の露出度が高いこと。中華料理、中国旅行、中国ニュース等。流行は「作られる」ものだといわれますが、メディアの裏で相当の金、女、暴力が暗躍しているのではないかと勘ぐりたくなります。

いずれにせよ、私は楽観しています。韓国よりはうまくやっているようですが、きっと失敗しますよ対日工作。水は下から上へは流れません。中華料理になれた舌では日本料理の味はわかりません。

当分、週1回程度の更新になりますが、ご容赦ください。
今、靖国の記事を翻訳していますので、明日また更新します。
posted by 元祖うぷぷ at 20:46| Comment(18) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無事で何よりです。公安に脅されたか要注意人物でアク禁にでもなったのかと心配しました。最近はメールの検閲で到着に時間がかかるとの噂もありますし。週一でも月一でも無問題なので更新期待してます。
Posted by さくら at 2006年08月17日 21:44
私もこっそりコメント(笑)
一宿一飯のご恩(使い方、違う!)(笑)
がありますし、とにかくよかった。

Posted by 正成 at 2006年08月17日 22:05
これはご無事の帰国なによりです。
ところでディスカバリーチャンネルでも「チャイナアワー」なるものがしつこいくらい放送されておりますがやはりこれも中共の対外工作の成果でしょうか?
最近は中国のサイトに突然つながらなくなるなど規制の強化を身にしみて感じており心配していたところです。
Posted by カラマーゾフ at 2006年08月17日 22:55
旧HN「A7M3改」です。実は私もコッソリと、HNを変更しておりました。

なにはともあれ、お帰りなさい。皆さんも仰ってますが、本当に「御無事で何より」です。

またゆるゆるとでも更新して頂ければ嬉しいです。翻訳が欲しいだけじゃなくて、元祖うぷぷさんの「生暖か〜い視線による分析・評価」も楽しみなわけですから。
Posted by 虎御前 at 2006年08月18日 00:07
おかえりなさい。ご無事で何より。
今回の無連絡は、ほんとうに怖くて疑心暗鬼になりました。
「外務省に問い合わせたって、頼りになるわけ無いよなぁ」相談するとしたら、産経か中央公論か大紀元か、人権NGOか、トラックバック掛けてた議員事務所か」なんて、独りで落ち込んでました。ひとつの日本語ブログが、中共から密かに潰されたとしたら、私は耐え難い屈辱を感じます。


>中共も何千(?)といる「ネット右翼」を個々に潰す程効率の悪い方法をとることは無いでしょう

でも中共は、「個々に潰す程効率」を良くする研究に、余念が無いんでしょう? バージョンアップした金盾AIが、ブログ主の端末を自動特定遮断したかと思いました。
それに、御サイトは「何千といる」ありふれたものではなく、シナ人の罵声(本音・不安)を多く誘うほどに真実味を有していると思います。
ネット統制AIは、ますます進化し続けるでしょう。「ネット右翼を自ら探索・認識して発症するウィルス」も、夢物語じゃないと思います(当局は、既に本気で研究中じゃないでしょうか?)。


>美人中国人妻に懐柔された
なんて理由では有りません

私個人は、こちらのブログ主に限って「懐柔され」ることは無いと考えていましたが、
奥様のご実家に、婉曲な脅しや不穏が来た、といった程度の話であれば、今回の無連絡の原因として有り得る、と思っていました(そうそうあることとは思いませんが、他に理由を思い付かなかったからです)。
「大陸に家族を残していると、」と、中国人の方から不自由を打ち明けてくれることがあります。親戚が大陸にできた日本人は、どれぐらい中共への批判を維持できるのか、気になっていました。


>週1回程度の更新になりますが、ご容赦ください。

月1回あれば、サイトの意義自体は、維持できるような気がします。
ブログ主御本人にとって快適な頻度が、読者にとっても良い結果につながる気がします。続けるにしても、いつか終わるにしても、ご活動が日本人の希望として在り続けるなら、嬉しいです。


>ある日突然失踪して臓器を生きたまま摘出されたとか

今件とは無関係ですが、
臓器問題も、問題そのものよりも、日本メディアの扱いの異様な小ささが、不気味に迫ってきます。
Posted by プロキシ at 2006年08月18日 04:08
お帰りなさい。
本当『ご無事で何より』ですw
桜主さんも繋がりにくいとか、コメントが見えないとか仰ってたので、やっぱり何かあったのかと心配しました。
完全帰国なら心配ないですね。
週1回で十分ですよ。月1回でも我慢します。
長く続けてくださいね。
Posted by K at 2006年08月18日 10:13
皆さんありがとうございます。

>奥様のご実家に、婉曲な脅しや不穏が来た

私の義理の家族が中国にいることは、中共にしてみれば、私があまり過激なことをしない保証になりますよね。まぁ、もともと「生暖か〜い」のかも知れませんが。
Posted by 元祖うぷぷ at 2006年08月18日 20:01
おかえりなさい

無事のご帰還、喜ばしい限りです


Posted by 謹啓 at 2006年08月21日 23:12
>中共も何千(?)といる「ネット右翼」を個々に潰す程効率の悪い方法をとることは無いでしょう

御言葉には、以下の常識を無視している不自然さが、残ります。

http://www.google.com/intl/ja/why_use.html
>ページAからページBへのリンクをページAによるページBへの支持投票とみなし、Googleはこの投票数によりそのページの重要性を判断します。しかしGoogleは単に票数、つまりリンク数を見るだけではなく、票を投じたページについても分析します。「重要度」の高いページによって投じられた票はより高く評価されて、それを受け取ったページを「重要なもの」にしていくのです。
こうした分析によって高評価を得た重要なページには高いPageRankTM (ページ順位)が与えられ、検索結果内の順位も高くなります。
>Googleの複雑で自動化された検索方法には人為的な介入がありません。
>商業的に検索結果を操作するということは一切ありません。Google検索は高品質なウェブサイトを手軽に探すための、正確で客観的な手段です。

以上、極めて民主的なリンク地図において、このブログが「反日」の中枢にあります。中共にとって、このブログには、手間を掛けて潰すに足る、客観的な重要性・代表性があります。Googleに圧力を掛ける中共ならば、Googleが評価するサイトにも圧力を掛け得ます。多くのシナ人が愛国心に燃えて、このサイトに書き込んできた動機も、同じだったと思います。
万一、中共が、日本人サイトを抑圧する気になった場合(あくまで万一ですが)、中枢サイトを狙撃すれば、こちらにリンクを掛けた他サイトや読者の厚意に無にする、高効率の威嚇になります。
領空侵犯・漁船拿捕と同じように、日本の出方についてのデータを集めるために、政治的リスクが低めの個人サイトから試しに潰す、ということだって有り得ます。

そのとき中共は、反中を誘わぬよう、特定し難い方法で、潰しにくるでしょう。
だから、私は、無連絡を恐れました。

p.s.
もともとGoogleランクは、ブログ主の意図でも望みでもなく、気が付いたらトップだったそうです。その意味でも「生暖か〜い」かもしれないですね。
Posted by プロキシ at 2006年08月24日 05:47
> 私の義理の家族が中国にいることは、中共にしてみれば、私があまり過激なことをしない保証になりますね。まぁ、もともと「生暖か〜い」のかも知れませんが。

ご姻戚を案ずるまでもなく、ブログ主は先行自粛済み、という意味でしょうか(単に、みなさんを安心させたいお気遣いで、あらぬ誤解の種を打ち消してらっしゃるだけ、とも取れますが)。既に結婚なさった以上、具体的兆候が皆無であっても、無形圧力の重さは否定できない、と明かしてらっしゃるようにも読めます。

もし仮に表現自粛ということであれば、私には残念ですが、更新頻度を上げても、このブログのGoogleランク(=被リンク性=信頼度=支持率)は下がるかもしれません。最悪、ブログの自主的終了によって、存在意義(日本語で中共を批判する自由)を維持するという選択肢もあります。ブログ主の長い沈黙を通して、私が想っていたことです。結果は杞憂だったようですが、沈黙以外にブログ主が状況を報告できない、沈黙がブログ主の精一杯の誠意であるような事態を、私は想定していました(それは、たいへん悲しく恐ろしい思いでした)。

ブログ主個人やご家族に政治的負担を期待することは、誰にもできません。「責任」とは、圧力を個人で負うことになく、圧力の存在を露呈させて、言論を守ることだと思います。その責任と権利は、先ず読者(言論の受益者)が負っているものと考えます。

更新頻度や過激さをノルマにすることではなく、ブログ主の人格を掛けて中国語の記事に目を通し、翻訳意欲がそそられた記事を訳出する、ということで必要にして充分であろうと思います。

p.s.
まあ当初から、公開情報を翻訳なさってきただけですから、自粛や指導の余地も無さそうですけど。それでも、指導が来たら、よけい興味深いです。何が起きるか予想が付かない国。
Posted by プロキシ at 2006年08月24日 06:03
・美人中国人妻に懐柔された


羨ましい。
Posted by at 2006年09月19日 15:17
↑中国人妻=美人という図式が定着している現象は、興味深い。
Posted by プロキシ at 2007年01月06日 19:33
「面白い反日記事が少ない」のではなく、反日記事を翻訳するだけでは脱洗脳に達し難いために、面白くない。その結果、更新し難いのではないかと、私は勝手ながら推測しています。

脱洗脳は、国際的に交流・交友する上で、どうしても必要な技術です。洗脳されているかどうかによって、日本人・アジア人の人格を認める意志の有無が、見え過ぎるからです。
洗脳を解けるなら解きたいし、解けないなら、その人とは覚めた距離を取らなければなりません。だから私は、知り合った外国人(ときには日本人)には、早めに(できればさりげなく)中共プロパガンダへのスタンスを確認します。

ですから、脱洗脳の手がかりになることは、何でもうかがいたいし、脱洗脳につながらないことは、全て空しいです。

しかし、脱洗脳とは、中共が指定するところの有害情報をシナ人に提供することであって、このブログの自主規制枠とは相容れないと想われます。私はブログ主に政治的危害が及ぶことを望みません。奥様を2年掛かりで啓発した(=シナ人に有害情報を与えた)かのような御発言自体、私には不穏に響きます。だから、このコメントも、メールにするかどうか迷いました。

もし、脱洗脳の処方箋をこのブログに書けないということであれば、私は、ブログ主が中共との利害関係から離れる日(定年退職・転職・離婚など)、ブログの自主規制枠を安心して解ける日まで、気長にお待ち申し上げます。
Posted by プロキシ at 2007年01月06日 19:39
もうひとつ、在中の方から教わりたいことは、検閲の実態です。

脱洗脳の基本的な方法は、検閲の実態を理解させること、隠蔽されている情報を与えることだと思います。理想的には、安全な検閲の回避方法が有れば、それをシナ人に教えることです。私のハンドルネームの由来です。私の願望は、私自身や日本人自身、日本国自体が、独裁政権下へのプロキシになることです。その流れに触れることで、ユニセフにポケットマネーを寄付したような、ちょっと良いことをした気分になれます。

しかし、それらが、当事者個人に、どの程度のリスクを与えるのか、中国の外からは(たぶん内からも)、たいへん見え難い。

一部の方は、大陸からスイスイと、こちらのサイトにアクセスしているようですが、
1. これは、ブラウザにブロキシを設定するだけで、現在でも、可能なことなのでしょうか。
2. 大陸の中国人・外国人それぞれが、検閲をプロキシ回避した場合、当人の政治的リスクは、どれぐらいでしょうか。

私が、中国人にブロキシの使い方を教えた場合、その人に及ぶ政治リスクをどう測るか、見えないでいます。Web検索しても、状況検証の難しさも手伝っているのか、はっきりした情報が意外に見つからない。中共は、テッド南京映画に限らず、西側エンジニアをも使って、検閲システムを日々磨いていますから、対抗する側にとってもリアルタイムの報告が必要です。

中国人で、まれに私の説明を受け入れて中共の限界を認めたものの、「では、これから、どうしたら良いと言うのか」「あなたの言うことを認めると、自分が無くなってしまう。」と正直に絶望を漏らしてくれることがあります。
こういう中国人たちが受けた教育を全否定して、絶望に突き落とすだけ落として、「後は、キャンパスの外国人学生にでも聞いてね。」では、あまりにお粗末で心苦しいです。せっかく目覚めて頂いたのに。

これらの件に関してブログ主が沈黙を守った場合も、私の不用意な質問が規制枠に触れたためと解釈するだけですから、ブログ主の誠意を疑うことは一切ございません。
Posted by プロキシ at 2007年01月06日 19:47
>脱洗脳とは、中共が指定するところの有害情報をシナ人に提供すること
情報は非常に大切であり、一つの手段、道具として使用できます。ただ、私はその情報を利用する土台となる部分が鍵になっていると考えています。その部分については、中国語で会話が出来て、中国に滞在経験がないとわかり難い部分だと思います。帰国してから直ぐにまとめようとしていたのですが、中々ブログにかける時間が作れなくて、今に至っています。春から仕事が忙しく成りそうですので、桜が咲くまでにはまとめます。(大げさに書いてますが、たいしたことじゃないです)

プロキシ関係ですが、制限は2つのレベルがあり、プロキシを通せば見えるもの、如何しても見れないものがあります。後者はごく少数で、サイトとしては大紀元、看中国等です。日本のサイトでは、ジャーナリストの櫻井よしこ氏のサイトがこれにあたります。情勢により変化をし、このサイトも後者にされたと思われる時期もあります。英語圏等の記事が個別に指定されることもあります。後者の場合は、接続後に数分間ネットから切断されます。

政治的リスクは分かりません。まぁ、前者はまずないでしょう。
Posted by 元祖うぷぷ at 2007年01月08日 22:50
在中国です。子供がseesaa.netを使ってブログしているので何とかならないか、から始まって老人の手習い
で『プロキシ』だか串を勉強しました。今は元祖うぷぷさんが書いてます大紀元、看中国等も見れます。読めませんので翻訳サイトのお世話になっております。

知り合いの話ですが、日本の『スケベサイト』をみていたらADSLが不通になった。公安から大家さんに連絡がはいったそうです。余談ですが、僕もよく不通になるがそれは料金未納です。大家さんがさぼっている。ですからこの話を聞いた時はほんとに驚きました。知り合いは罰金1000元払ってまた
ネットを再開したようです。

政治的リスクはほんとに分かりません。

参考になりましたでしょうか。
Posted by ハチ at 2007年01月10日 03:43
ハチさん、すごく参考になりました。そういう検閲状況をモニターできるサイトが在ると好いんですが。
取り締まりは、ポルノでも政治でも変わらないように、お話から私個人は思いました。
お子様も在中なんですか。

日本からGoogle.cnを見れば、在中の方をわずらわせずに、中共のフィルターを少しモニターできると思ったのですけれども、設定を色々変えても、しつこくGoogle.comに転送されてしまい、苦労しました。

ttp://www.google.cn/webhp?hl=zh-CN
結局、このオプション付きURLで、.comへの転送を回避できました。日本から神経質ですがプロキシを通してました。噂どおり豪快に検閲されています。
「櫻井よしこ」を検索したら、Google.CNにアクセスできなくなりました。これが偶然なのか検閲なのか、確かめようにもプロキシが重過ぎるんですが。一応、もう一回ブラウザとプロキシを換えて再現しました。現地では、なおさらリスキーでしょうから、お気をつけて。
Posted by プロキシ at 2007年01月11日 03:25
>このドラマを日本に上陸させてはいけない
http://hannichi.seesaa.net/article/1294642.html

第一声から二年半を経てなお、「上陸させてはいけない」との使命感が新鮮に映ります。
こちらのブログが、「大陸に住んだ者でなければ発信し得ない」日本人向け中共ワクチン」を志してきたことが解ります。

その後、お考えがどのように推移したのか・あるいは変わらずに来たのか、興味深く思っております。
というのは、大陸に渡った日本人の多くは、中共と何らかの形で利害を共有して口を閉ざしてしまい、結果こちらのブログが日本国内から注目されたと思うからです。

ブログ主のシナ人観が直接(反日記事訳出のような間接法ではなく)明かされれば、(シナ人妻を何食わぬ顔で「上陸させている」)日本人夫一般を刺激して、
「感情に走った観点で、日本人を扇動するのは好くない。」
「一部の例を、全体に拡げた見方に過ぎない。」
といった反感を誘うだろうと、勝手ながら予感しております。


>中国語で会話が出来て、中国に滞在経験がないとわかり難い

全ての日本人が中国語力・滞在経験を得ることは不可能である以上、滞在経験を冷徹に語る日本人(西側国民)が待望されます。
重村智計であれば流暢な朝鮮語で高校生にインタビューしますが、もしも櫻井よしこが中国語でまくし立てるほどであったなら、こちらのブログの存在感も少々違っていただろうと思います。それぐらい、日本の評論における中国語力のバランスは悪い。

やり切れないのは、シナ人の流暢な日本語による人権無視発言が、日本語を教えてきた日本人自身の無力を証していることです。イージス艦機密漏洩は、決して突出例になく、「上陸させて」いる」事態は深刻なままだと思います。
Posted by プロキシ at 2007年05月04日 16:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22469286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。