2005年02月25日

日本が独島領有権の制定を提案 韓国は強烈に反応 その1

2005年02月24日 新京法 ソース(中国語)

本紙総合報道 日本の島根県議会は近日「竹島の日(韓国名独島)条例案を強行制定することを示した。韓国外交通商部のスポークスマンは23日、この件に関して強烈な憤慨を表明、日本の行動は韓国の主権の損害であると述べ、さらに日本に対し条例を即座に破棄するように要求した。

「独島問題」国民化

日本島根県のこの提案の意図は提案書の内容から明白である。「竹島」の領土権を目標とした運動を前もって確立し、国民世論を引き起こすことである。

韓国の東亜日報は23日、日本の島根県議会が近日2月22日に定めた「竹島の日」の条例案を強行制定し、12日にこの条例を県議会に提出すると報道した。

島根県は1905年40号公示で、独島を島根県隠岐郡隠岐島町に編入した。今年2月22日はその100周年に当たる。聞くところによると、「竹島の日」の条例は以下の3部分からなる。1、条例の趣旨、2、2月22日を「竹島の日」に制定する、3、県による必要な処置を推進。

島根県議会の38名の議員のうち、30名の自民党議員を含む35名の議員は23日正午、共同提案を形式でこの条例を県議会に提出し、その他の2名の民主党の議員と1名の共産党の議員はその条例に対して支持をしなかった。この条例は3月中旬に採決され、正式に公布される。

この条例の1条の趣旨の部分では「市町村及び県が一体となり、「竹島」の領土権を目標とした運動を前もって確立し、竹島問題の国民世論を引き起こす。このため、この条例を制定する。」とし、この議案の目的が独島問題を盛り上げ、国民運動にすることであることを如実に示している。

議員達は提案理由書の中で、「竹島は歴史上、国際法上、島根県に属する日本固有の領土であるが、韓国により半世紀に渡り不法占拠されている。この地に埠頭を建設するとの法案を考慮すると、日増しにこの地に対しての実際の制御の大きさが拡大している。」

日本政府は高みの見物

地方議会に干渉できないとの口実の下、日本の中央政府はこの件に関して介入していない。日韓国交40周年に当たり、東京の傍観姿勢は韓国を激怒させた。

島根県のこの行動に対し、日本政府は、「地方議会の内部事情であり、中央政府が介入するのは難しい」とした。今年は日韓の国交正常化40周年に当たり、日韓の両国はこれを機会に各種交流を進めていたが、日本政府が独島問題を傍観する姿勢をとったことは両国の外交関係と国民感情に負の影響を与えることになるだろう。

島根県議員はこの提案理由書の中でさらに、日本政府が県議会の提出した「竹島の日」を制定する要求を無視したことに対し、県として主体的に「竹島の日」を制定するとした。

島根県はすでに、独島を日本領土であるとした広告を作成し、今月からこの地区への3チャンネルのテレビ放送を開始した。この他にも島根県は3月に独島写真展覧会を計画している。さらに、県は民間団体と共同で、「帰れ島と海」との内容の小冊子を市民に配った。

(コメント)
竹島を「」付きで表現し、独島と韓国名で呼んでいることからもわかるように韓国サイドにたった書き方をしていますね。今日訳した部分は前半ですが、後半部分は韓国の主張を紹介するものと思われます。文章の書き方として後半に「正しい方」を持ってくるのはだとおもいます。

中国は尖閣諸島の問題もあるわけで、当然「韓国サイド」に立つでしょう。将来朝鮮半島を昔のように属国とした場合は自国の領土になるわけですし。

「強制」とか、「口実」等と凶暴で卑怯な日本の印象付けの基本単語も使用していますね。

日本の中央政府が介入しないのを批判してますが、日本の中央政府が声明を出したら、もっと韓国は激怒すると思いますがね。それとも「独島を韓国の領土と認める」声明を出せとの意図なんですかね。

記事中では、「日韓国交正常化40周年」と原文に忠実に訳しましたが、正式名は「日韓友好年2005」なんですよね。国交と友好は違いますよね。言葉をいじって目標を達成しようとしている例でもあると思います。ちなみに、国連は中国語では「連合国」だったりします。

明日、後半の韓国の強烈な反応を訳してみます。
posted by 元祖うぷぷ at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日記事(政治領土) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国語の「連合国」は正しい訳です。「国際連合」とは、日本が言葉をいじってるのです。
Posted by 仁 at 2005年02月27日 11:15
すみません誤解を生じる表現でした。
私も中国語の「連合国」が正しい訳だという意図です。
「国連」だと日本が「敵国条項」に入っている意味がわかりずらいですしね。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年02月27日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2138124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。