2005年02月14日

日本媒体、日本軍の270万中国人虐殺を暴露したBBC記録映画に不満

新浪新聞 2005年02月13日 ソース写真あり(中国語)

中新網2月13日電、今年は世界ファシスト勝利60周年である。英国の「デイリーテレグラフ」の報道によると、英国報道会社(BBC)が現在撮影している日皇裕仁の生涯を追った記録映画で、日本軍が第二次大戦中に毒ガスで270万人の中国人を殺害したことを報道した。日本の雑誌「週刊新潮」はこの記録映画が「内容が偏向している」「悪意中傷している」「裕仁を醜く描いている」などと非難した。

香港明報2月13日の報道によると、「週刊新潮」はBBCの歴史番組「タイムワッチ」の故日皇裕仁の記録映画の初稿を入手した。「週刊新潮」はBBCが裕仁を「身体障害」「性格がねじれている」等と描写し、記録映画の一部の資料の真実性に疑問を投げかけた。その中には第二次大戦中に日本軍により270万人の中国人が毒ガスにより殺害されたことも含まれている。新潮は、一般的には毒ガスによる被害者は1万人であったとしている。

新潮は、BBCが採用した日本歴史学者の評価が偏っていると疑問を投げかけた。学者は裕仁が戦争の最高責任者であるにも関わらず、戦争に対する犯罪の尋問を免れたとし、彼らの考え方は裕仁が「権力のない傀儡であった」という考え方と異なる。

裕仁は日本国民の心理の中で現人神であり、日本の民間人は普通、裕仁には第二次大戦のいかなる道徳責任を負わせるべきではないと考えている。

日本の前首相中曽根康弘の秘書によると、BBCは中曽根に対して訪問を要求したが、秘書がその初稿の内容を読み、BBCの要求を拒絶した。曰く、「内容が明らかに天皇をののしるものであった為」である。中曽根は裕仁の在位の後期に首相を務めた。

BBCの広報は強調する「この番組は製作初期であり、放映までには何回も見直しをする。最後にできたものが最終版である。この番組は数ヶ月後に完成するので、この番組の現在時点での番組の全体の判断はできない」とする。

中国史の記載によると、1931年から1945年に、日本による14年間の侵略戦争により、大量の資源と財産の略奪と破壊が行われ、1945年の金額で、日本は中国に対し、900億ドルの経済損害を与え、これを2000年の価格で計算すると4兆ドルに登る。同時に、日本は4000万人以上の無辜の中国人を死亡させた。その中には多くの虐殺された者を含み、南京大虐殺や、日本軍の731部隊の化学細菌線戦によるものを含む。日本は現在に至るまで中国に大量の化学兵器を残し、処理をせず、継続して中国人の生命の安全と生態環境に犯している。

(コメント)
かの西村幸祐氏のブログからリンクいただいたようで、アクセスが今日は非常に多いようです。
近頃、色々な方がリンクを張ってくださっているようですね。ありがとうございます。期待を裏切らないようこれからも地道に毎日訳出していきます。

西村氏のブログの昨日の内容ともリンクしますが、週刊新潮がBBCの天皇を扱ったドキュメンタリーに関しての報道です。新潮の記事に関しては小林恭子の英国メディア・ウオッチが背景を含め詳しく掲載していますので参考にしてください。

英国のBBCもNHKと同じ病なのですかね。最も、英国人から見ると日本も中国も遠いアジアの果ての国でごっちゃになっている人も多いと思いますが。

ほとんど引用なのであまり電波は無いのですが、「日本国民の中で現人神」は戦時中の話しですよね。文中で天皇の「日皇」としていますが、これは大意はないと思います。記事によっては天皇ですし。中間のかの国とは格が違いますね。

最後の数値がまた出鱈目です。「大量の資源と財産の略奪と破壊」して、「4兆ドル(400兆円 日本のGDPと同じ水準)」の被害を与え「4000万人以上」の中国人を死亡させた
そうです。旧日本軍が大陸に残した資産は現在の価値で50兆円程度で、損害額がそれを下回ると言う話しは聞いたことがあるんですが、400兆円に拡大してますね。被害者数も最近2000万人で落ち着いていたのですが、江沢民時代の3500万人を超えて4000万人に拡大してますね。

中国語のソース部分には日本でも有名になった「有名」写真が見れますので参考ください。
posted by 元祖うぷぷ at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日記事(政治歴史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして、プログ「観天望気」管理人です。私の方でもこの問題を取り上げて、一人でも多くの人に見てもらいたく、当記事を引用させて頂きました、宜しくお願いします。
Posted by カピタン at 2005年02月15日 00:01
反日情報とのタイトルから「夜に疲れた体で嫌らしい
文章なんか見たくないな」と思い、チラ見してみた
のですが、結局読んでしまいました。
敵さんの情報はやっぱ欲しいですしね。
敵を知り、己を知らば百戦なんとやらで。
ブックマークし、ちょくちょく遊びに来ます。
Posted by at 2005年02月15日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。