2005年02月07日

抗日題材ドラマ「記憶の証明」日本のテレビ局で放映へ

人民網 2005年02月04日 ソース(中国語)

一部だけ訳してみます。

製作人、李によると、日本とはおととい「記憶の証明」の売買契約を済ませ、中国捕虜と労働者の日本での悲惨な運命のドラマが日本の主流テレビ局で放送されることになった。

ついに、きました。人民日報ですから、ガセではないでしょう。

ちなみに、日本語版の同日の同じ内容の記事はドラマ「記憶の証明」深い内容で好評ですが、なぜだか日本での報道に触れていません。中国語版で発表している以上、極秘で進めたいわけでもないでしょうし、どうしてでしょうか。

ドラマの特徴は、
このドラマを日本に上陸させてはいけない その1
このドラマを日本に上陸させてはいけない その2
私の主張は
まとめ1 中国の反日をどのように考えるべきか?
まとめ2 日本で放送したらどうなるのか?
をご覧ください。


posted by 元祖うぷぷ at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 反日ドラマ(記憶の証明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うそ…本当にやる積りなのか。俄かには信じられない思いです。騒ぐのはどこの放送局で何時からやるのか公表されてからですね。それにしても国内で肩身の狭くなった左翼人士の足掻きでしょうか、これは。
Posted by 喬浩 at 2005年02月07日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。