2005年02月01日

日本人男と結婚をしたい中国女性 その1

捜狐文化論壇 2005年01月14日 、ソース(中国語)

元発言:

私は上海の女子大生です。最近、ここにきました。

私は理解できない。日本人が何をしたというの。彼らをなぜそんなに恨む必要があるの。あなた達いわゆる「愛国者」の汚いツラから、あなた達が嫉妬をしてるのを私はわかった。実際、あなた達自身でもわかるでしょ、自分達が日本人に及ばないことが。特に男としてあなた達中国人男は情けなくないの?

私は小さいころから日本が好き。日本人が好き。私の一番の夢は日本人男性と結婚すること。私の周りの多くの友達も皆んなそう思ってるわ。私はきっと俗に言う「品行方正」、「道理があって厳しい」皆さんから「尊厳がない」って怒鳴られるんでしょうね。でも、私達女性は永遠に夫には強者を選ぶのよ。あなた達中国人男は強者なのかしら?あなた達はの人口は日本の10倍、資源の量も領土
面積も日本より何倍も大きいけど、一人あたりが創造する財産は日本人男性の百分の一位かしら?あなた達の行動の素質は日本人男性の百分の一なのかしら。どうなの?

中国男として、絶対的な地理的優勢をなのに、あなた達は日本へ戦争を仕掛けられず、経済でも日本に及ばず、体質、科学技術、文学教育。。。何が日本より強いのかしら?あなた達中国人男は女性に対して面子がなく、羞恥だと思わないのかしら?あなた達は自分達は責任を負わないで、祖先のせいにして、私達女性にいろいろ言い訳して責任逃れして、ただ、私達中国人女性に恥ずかしい思いをさせているだけ。私はだから日本人の男性と結婚したいの。私は強者を選んでいるだけ!

ここにいるいわゆる「愛国者」の人たちはネット上で怒鳴っている以外、何かまともなことをしてるのかしら。あなた達の望みは自分の国家のよくする事、日本人女性に中国人男性と結婚しようと思わせること、日本の女性アイドルに中国の軍服を着せることでしょ。でも何もかなってないじゃない。無能!あなた達は日本が謝れといつも叫んでいるけど、世界上、強者が弱者に謝る道理なんてあるか
しら?
日本が韓国に謝っても、中国には謝ろうとしないのはなぜ?それは中国の男が韓国の男にさえ及ばないからよ。私達女性が、あなた達に望むことなんてもう無いわ。

おしまいにしとく。きっとたくさん怒鳴られるでしょうね。かまわないわ。私はあなた達を看破しているから。


(コメント)
今日のニュースで面白そうなものが無かったので、ブックマークしておいた内容を載せてみました。

記事は中国の若者に一番人気があるといわれる捜狐の「論壇」コーナーから拾ってきたんですが、これが「論壇」って。。。掲示板の元発言とその回答の形式で紹介するみたいですね。

女子大生は「強者」を選ぶそうで、「世界上、強者が弱者に謝る道理なんてあるかしら?」という文からも、中国の一般の思想がわかります。日本人には理解しがたいですが、これが彼らの考える標準です。反日記事が載ると、一般からのレスは「小日本死ね」がほとんどですが、「中国はもっと経済を発展させ、強者にならなければならない」という意見も多いのですが、これは、強者は道理なく弱者をくじくことができるという考えからです。日本人は「誠意」や「事実」を大切にしますが、中国は「勝ち負け」であり「強弱」の世界なわけです。企業や政治の対中交渉などでこの基本を理解していないと痛い目にあうと思います。

この女子大生、実在すると思いますか? 次回紹介するこの発言への回答を誘導する為にわざと作ったようにも見えますね。いずれにせよ回答は「中国人の男性はいかに魅力があるか」と言う内容になるわけで、書いていて恥ずかしくないかな?なんて心配したりします。

明日、回答部分を訳してみます。
posted by 元祖うぷぷ at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日記事(文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人は「誠意」や「事実」を大切にします
?????????????????????????????????
Posted by chou at 2005年04月14日 09:40
韓国の女性たちの真実を暴露する



瞬間の選択が人生が変わる.

韓国女性たちを売春婦と言っても過言ではない韓国女性 20代 ~ 40代の中に 90%が自由なセックスと遊興費のみのために家庭を持っている 20 ~ 40代人妻たちで 100% 成り立った近い 90%に近い売春行為が明かされた.

Posted by 暴露の天使 at 2006年04月13日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。