2005年01月30日

陳水篇日本媒体取材 日本は中国の圧力を恐れてはいけない

捜狐新聞 2005年1月30日 ソース(中国語)

中新網1月30日電 日本フジテレビの昼間の報道番組「報道2001」で、陳水篇がパラオで独占インタビューを受けたものが放映された。陳水篇はインタビューの中での、日本政府に対して過度に中国の圧力を恐れずに、自己の道を歩み、アメリカ、日本、台湾の間に安保同盟関係を確立すべきであると主張した。

「中央社」の報道によると、番組が始まると直ぐに、陳水篇は番組が用意した日本式の菓子を食べ、「上機嫌で」福建なまりで「うまい、うまい」と話した。

陳水篇はインタビューの中で、いわゆる「中国軍事威嚇」を盛んに語った。陳水篇は、中国は武力による台湾侵攻を放棄しておらず、武力を持って台湾海の現状を変えようとしており、「反分裂国家法」をもって武力で台湾侵攻を行う法律根拠にしようと画策しているなどと述べた。

陳水篇は、中国は近年、軍事拡充を行っており、それは台湾地区をだけを狙うものではなく、同様に、アメリカ、日本に対しても威嚇している。日米台で民主自由同盟以外に、安保同盟を確立すべきだとした。

陳水篇は、日本が台湾観光客にビザなし渡航を認めるであろうこと、台湾の前「総統」李登輝の訪日に対して、中国は抗議を行うであろう!日本は主家独立国家であり、決して中華人民共和国の1省ではない。自分に自信を持ち、自分の道を歩み、中国の圧力を恐れることはない。日本政府と人民は中国が日本に非常に多く頼っていることをきちんと認識すべきだとした。

(コメント)
台湾関係の記事に対しては、レスが非常に多くつきます。大体は「殺せ」といった一行レス(一文字レス)で、文化レベルを反映しています。台湾に関しての一つは「売国」批判が顕著であることです。この記事でも2段落目の日本のお菓子を食べるところは本来内容的に不要ですが、強調されていますね。
posted by 元祖うぷぷ at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日記事(政治軍事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国にいらっしゃるようなので番組自体をご覧になってないかと思いますが、原潜の領海侵犯と靖国についての発言を大幅削除しております。
http://kamomiya.zive.net/Library.html
こちらから番組が見られますのでお早めにどうぞ。
Posted by ばんり at 2005年01月31日 19:40
中国にいらっしゃるようなので番組自体をご覧になってないかと思いますが、原潜の領海侵犯と靖国についての発言を大幅削除しております。
http://kamomiya.zive.net/Library.html
こちらから番組が見られますのでお早めにどうぞ。
Posted by ばんり at 2005年01月31日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1772198

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。