2005年01月06日

中日民間の敵意はなぜ悪化しているのか その2

相互対立の心理は穏やかではない

日本の東京新聞の報道によると、最新の世論調査が示すところによると中国への親近感を抱く日本人は歴史最低を記録した。東京新聞は、この結果はサッカーアジア杯のときの中国の観客の「反日行為」と中国が小泉首相の靖国参拝に反対していることなどが影響しているとする。

東京新聞によると、日本の内閣府が12月18日発表した「対外外交問題世論調査」の結果が示すには、中国に対して親近感を抱く日本人はすでに37.6%であり、去年に比べて10.3%減少した。これは1975年の調査開始以来の最低点である。また、親近感を持っていないは58.2%を占め、去年の48.0%から大幅に増加した。日中関係が「良好」だと考えている割合は28.1%に過ぎず、去年の46.9%から大幅に減少した。

中日民間が加速度的に憎悪と敵意をもつことは、すでに両国間の高度な制度、経済、文化の交流に直接影響を与えており、両国の学会は落胆している。


誤解が双方をどんどん遠ざけている

明らかにわかることは、一部の歴史を歪曲する言論が中国民衆の日本民衆に対する敵視を作り出していることである。多くの中国の学者によると、ほぼすべての対立の原因は日本側にあるという。

これに対して日本の学者、依田喜家氏は中日民間の関係の冷淡化の原因は必ずしも一つではないとする。歴史問題によって生じた信用不信ではなく、大きな両国間の政治、社会体制が原因とみる。

日本の学者、飯塚敏夫は自書の中で、多くの日本人はり良心的であり、ごく少数の右翼分子の主張を支持していない。中国の青年は両国の異なる制度を知らず、多くの日本人民が右翼を支持していると誤解している。よって、双方の対立は誤解によるものと主張する。

中国の学者は、中日関係には冷静と理知が必要であり、両国の極端な民族感情は中日関係の発展に有害であると指摘する。歴史問題での摩擦は一時的には依然避けられないものだが、両国の政治家が英知により打開し、民間の対立は解決していくと見る。


慎重な政策はいまだ懸念を払拭できていない

上海復旦大学国際事務学院の国際関係の蔵志軍教授は、中国は「反日感情」に対応するとき、慎重な態度を取り続けている。歴任の中国首脳は中日関係を十分重視し、重ねて周辺国家とりわけ日本に対しては友好政策の継続を表明している。

このようにしてもなお、日本の民衆の懸念は払拭できていない。彼らは、中国の日本に対する友好政策は経済発展のための一時的なものであり、猫をかぶっているだけだと思っている。

蔵志軍教授はアメリカが中日の民間の対立関係に多くの責任があると指摘する。クリントン政権時、日本は憲法の改正は不要で、国際貢献ができると主張した。しかし、子ブッシュの時は、日米関係は深まり、アメリカは一方で日本に保守主義を進ませず、一方で、憲法9条の「集団的自衛権」の修正を支持している。目的は中国を牽制するためであり、海外駐留軍の問題上、日本の経済的、人的、世論の支持を得るためである。

大部分の中国民衆は日本が政治大国の野心を画策しているのを戦々恐々と見ている。しかし、蔵志軍教授はこの問題に心配は必要ないとする。グローバル経済化の中で、中国はまだ、国際責任を果たせる力がなく、日本が中東和平に貢献し、石油価格の安定化に寄与できれば、グローバルな利益であり、中国にも利益がある。また同時に、他国も日本の画策を牽制している。

(コメント)

日本の世論調査は結構気になるみたいですね。中国人は日本人の本来持っている恐ろしさを知っているからでしょう。日本は急速に「右傾化」してますしね。極左が真ん中位に戻ってきているだけだと私はおもいますがね。

出てくる日本の学者はよくも悪くも「中国重視」の学者みたいですね歯切れ悪いし。最も、飯塚氏の指摘は一理あり、一部の主張は一部の主張なのですが、中国人と話をすると一部の人間の主張が日本人全体の主張と勘違いをしているんですね。日本には思想と言論の自由があるんだけど、それすらわからないんでしょうね。

「重ねて周辺国家とりわけ日本に対しては友好政策の継続を表明」の部分、もしも友好的な普通の国家なら、重ねて表明しなくても、周辺国に懸念は生じませんがね。この矛盾に気がつく中国人は皆無。

すべてをアメリカのせいにするのも中国の特徴。中国がクリントンを必死に金でバックアップしてたことはスルーなんですかね。しかし、教授が指摘しているアメリカの政策と中日間の民間の軋轢と何が関係するんですかね。関係ないのでは?

無論、日米関係、安保の絡みで「中国脅威論」を日本、アメリカ政府が煽っているのは確かだとは思いますが。

最後は中国人らしい実利主義ですね。ここはいいでしょう。
posted by 元祖うぷぷ at 22:07| Comment(3) | TrackBack(3) | 反日記事(政治日中関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔致します。「不倒城」のしんざきと申します。いつも勉強させて頂いております。

申し訳ありません、こちらのエントリーに誤って二重トラックバックを打ってしまったのですが、よろしければ削除して頂けますでしょうか?

大変失礼致しました。
Posted by しんざき at 2005年01月09日 22:57
リンクありがとうございます。
削除しました。
Posted by 元祖うぷぷ at 2005年01月10日 23:06
Japan!Rubbish Country!
I hate Japan for ever!
My grandpa was a medical officer
When he lives,he often told me japan is a wolf!You should to kill japan dogs!
Posted by Japan to die! at 2005年07月16日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

2004年日中関係の十大ニュース
Excerpt:   2004中日关系十大新闻 “靖国神社”仍是焦点  (2004年日中関係の十大ニュース 靖国神社が依然として焦点に)  ほほう、十大ニュースですか。中国が日本の領海を侵犯..
Weblog: うねり
Tracked: 2005-01-06 22:29

歴史を反省しない日本に親近感なし
Excerpt:  东航老总解释包头坠机六大疑团(图)(東方航空が包頭墜落事故について釈明)というのは、「会議があるから..
Weblog: うねり
Tracked: 2005-01-06 22:30

対中関係の報道についてとか、私的なメモ書き。
Excerpt: 今日気になった政治・報道関係のお話。対中関係とかのことがメインなので、興味がある方だけどうぞ。
Weblog: 不倒城
Tracked: 2005-01-09 22:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。