2004年12月24日

まとめ1 中国の反日をどのように考えるべきか?

中国のメディアにおける反日について皆さんはどのようにお考えでしょうか。という私も「まとめ」なのにきちんと考えがまとまってません。

どんどん反日をやってくれという考え方はどうだろう

まず、彼らの問題であり、我々は干渉しない。どんどんやってくれれば、彼ら自身の文化水準を下げていくだけという考え方があると思います。確かにこれはそのとおりで、反日暴動を起こせば世界から白い目で見られるのは彼らですし、韓国人のように日本人への敵対心が増せば増すほど心理的に決して日本人を越せなくなるのも実証済みです。反日に対しての反中ムードにより日本の国土防衛も容易になります。つまり日本の国益に適うわけです。

ただ、私はこの考え方に2つ異なった見解を持っています。つまり、第一に反日をしなくても上記の利点は享受できる、第二に、長期的に見れば明らかにマイナスであることです。

私は中国人は反日がなくなったとしてもどんどん文化水準が下がるのではないかと思っています。現在の中国人は貧しい現状を知っていますから多少向上心がありますが、もっと豊かになればそれも消えていきます。もともと中国人は怠け者です。日本が中国より先進的な技術を持ち、豊かな社会を引き続き保っていけば、中国人は心理的に日本人を越せません。中華思想的に小さな島国ごときに負けていることが許せないのです。
暴動を起こしやすいのはもともとの特性で、ある程度豊かになった韓国でデモという名の暴動が頻発しているのと同じです。ちなみに交通事故程度でも大規模な殴り合いになります。日本の国土防衛はアメリカの共和党が政権を担う今後4年間の間にある程度アメリカ主導で強力に進められると思われますから、追い風ですが、必ずしも反日は必要ないと思われます。以上が第一の反日をしなくても上記の利点は享受できる理由です。

中国の愛国者たちは日本製品不買運動を声高に叫んでいます。ところがあまり日本企業の売り上げには関係がなかったりします。これは、中国人が日本企業のブランド力、日本企業の商品の品質をよく知っているからです。愛国よりも実利な民族です。ただ、今後、中国企業のブランド力、商品の品質が上がったらどうなりますか?明らかなに日本企業に不利に働くでしょう。
中国人の人口は世界の4分の1を占めます。今後中国の経済発展、もしくは中国の崩壊によりより多くの中国人が世界に流失したら、どうなるでしょうか。彼らの反日のよりどころの日本との戦争の歴史は中国政府製の出鱈目ですが、たくさんの中国人が大きな声で主張すればそれは事実になります。それは我々日本人の名誉を傷つけますし、社会、経済的に不利益をこうむることは確かでしょう。以上が第二の長期的に見れば明らかにマイナスであることの理由です。

毅然と抗議すること

では反日に対してどうすればいいのかというと、基本に返ってきちんと抗議することだと思います。君たちの歴史は出鱈目であること、君たちの主張は日本人の尊厳を傷つけ非常に不愉快であることをきちんと伝えることです。

日本人は「和」を大切にして、自分の意見を主張しないことがたびたびあります。中国では自分の意見を主張しない人間は重視されません。それはその他の外国でも同じでしょう。

そしてもう一つ大きいのはあまりメディアでは取り上げられませんが、中国人は「右翼」だということです。おかしな言い回しですかね。つまり「愛国者」的な発想が強く、国家を重視すると言うことです。日本の核ミサイル配備をきちんと説明すれば理解をしてくれます。

小泉首相が靖国神社に参拝を続けていますが、中国人と話すと非常に腹が立つが、日本人が支持するのはわかるという結論になります。

皆さんはどうお考えになりますか。

明日25日、まとめ2 日本で放送したらどうなるのか?のUPします。どんどん伸ばしてすみません。文章書くのが苦手なもので。。。。
posted by 元祖うぷぷ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 反日ドラマ(記憶の証明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1378629

この記事へのトラックバック

中国の反日教育
Excerpt: 中国の反日教育
Weblog: 人民ブログ
Tracked: 2005-01-02 13:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。