2006年02月22日

右翼が事件を誇張し中国人を醜化

明報 2006年02月18日 ソース(中国語)


[明報特報] 2003年6月19日、中国の3名の留学生が日本の福岡県のある住民宅に侵入し、一家4人を殺害、4万円を奪い、死体を海に捨てた。

事件は日本に在住する中国人のイメージに大きな打撃を与えた。日本の当局は中国人留学生のビザの審査を厳しくし、当地の企業は中国人の学生のバイトでの雇用を避けるようになった。日本の学者原田泉は、「中国人の犯罪行為は中国人のイメージに確実に損害を与えた。日本人が在日の中国人を信用しなくなった」とする。
中国大使館の参事官黄星は、去年在日の中国人犯罪は特に注目を浴びたが日本の右翼勢力とメディアが悪意に大きな関係があるとし、中国人のイメージを醜化させているものだと指摘した。
統計によると、中国人による犯罪の報道の比率はその他の外国人のものの2倍であり、中国人と日本人の共犯の事件でも、メディアは中国人を突出して報じ、日本の容疑者を少なく報じるのである。

新華社

短いですね。

中国人妻が2人の日本人の子供を殺害 腹と背に20箇所の傷 死体を道端に遺棄(中国語)
妻と日本人の夫 言葉が通じず(中国語)
日本に嫁いだ中国人妻の離婚率は高い(中国語)

この記事は上記の3つの関連記事の後に続く記事で、事実上、2人の幼稚園児が殺された事件に対する反応です。

ただ、実は中国では殆ど報じられていません。大手で報じたのはこの香港の明報だけのようです。つまり中共の反応は「スルー」ですね。まぁ上記の留学生の時もそうですが、上記のようなお約束の「反撃」記事が書けるとしても、子供を殺したような内容では下手に反撃すれば、日本国民からの反感を買いますし、取り上げても特に利益はないので「スルー」となりますね。おそらく中央の意図を汲めなかった愛国記者が間違って流してしまったのでしょう。

この事件で責められるべきは当然容疑者なのですが、同義的には夫の責任も大きいですね。多くのブログ等で指摘されていますが、そもそも外国語が出来ない人が外国人と結婚することが間違っています。これは相手が他の外国人でも当てはまりますが、中国の場合はさらにハードルが高く、「反日」思想であったり、「あまりに違いすぎる習慣、価値観」を克服が出来て初めて検討できるものだと思います。

人の話を聞かない、必ず反論してくる、全て責任を相手に転嫁する、謝らない、金、金、金。。。「あまりに違いすぎる習慣、価値観」の一部の例です。容疑者も「周囲が悪い」と「反論」していますね。こんなですから当然周囲ともうまくいきません。

習慣や価値観の違いは乗り越えられます。中国人が自分自身でその違いに気がつき、学習して、自分自身を変えられればいいのですが、それは中国人にとって最も難しいことであったりします。なぜか、お分かりですね。「人の話を聞かない、必ず反論してくる、全て責任を相手に転嫁する」人が自分自身を変えることは出来ないからです。

もちろん全ての中国人がそうであるとは言いません。一部に学習して、自分自身を変えられる中国人もいます。もしも、このブログを見て日本を「学習」している在日中国人がいるなら、中国人のレベルをこれ以上落とさない為に、自分が今何をすべきかを考えてもらいたいと思います。(在日中国人に対してメッセージを送っておきながら矛盾するようなことを言いますが、当ブログは政治的な理由により中国人による閲覧を歓迎していませんので、コメント欄に何を書かれても中国人に対して私はこれ以上のコメントはしません)

殺害された幼児のお父さんの「守ってあげられなくてゴメン」という言葉が私は忘れられません。殺害された幼児のような弱者、この父親のような一般人を守るために政府やメディアがこの問題を契機に何をすべきか、きちんと考えてもらいたいと思っています。

posted by 元祖うぷぷ at 22:25| Comment(124) | TrackBack(3) | 反日記事(日本国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外国人と結婚して上手くいく場合は、
日本でしばらく生活していた人、つまりは自立して日本社会に溶け込んでいる人と結婚した場合じゃないでしょうか。
現在、嫁不足ということで、外国人の女性を紹介する会社まであるそうですが、それだと女性の側が日本男性の経済力を目当てにして結婚するだけなので、日本社会で上手くいかないと今回のような事件までいかなくても破綻しやすいかと思います。
Posted by at 2006年02月23日 00:31
まず,あの谷口容疑者は6年前に日本籍に入ったから,少なくとも,日系ペルー人のように,中国系日本人と呼んいただきたいです.
”少子化を食い止めたいですが,相手なし”の主人公は,日本の中で相対的に貧乏な滋賀県の谷口(47)という人物がいました.最初に”悪質”な業者に50
0万円の仲介手数料を取られたわけでした.
インフラ整備は世界一かもしれないが,公衆場所の社会公徳は世界一かもしれないが,人のこころも世界一複雑,読めにくいかもしれませんよね.谷口(29)は6年かかってやっと判ったかも知れません.しかし,あの行為は決して許しません.
Posted by 遺憾なことだ at 2006年02月23日 02:35
静岡県高校1年の女子生徒が母を毒殺未遂事件
東京町田同級生の男子生徒が女子高生殺害事件 
京都学習塾で講師が小学6年の女の子を殺害した事件
酒を飲んで登校中の生徒たちの列に車で突き込んだ事件.
このような日本人のレベルはどうですか? 日本人全体のレベルはひどいと言われたいですか?
”守ってあげられなくてゴメン」という言葉が私は忘れられません。”命は一緒だから,以上無くなった人々の言葉も元祖うぷぷさんに忘れないほしいです.中国系日本人がやったから特別になりたくないです.中国人(民族)がだめだ,日本人(民族)は優秀だという考え方はおかしいです.
Posted by at 2006年02月23日 02:38
また,尼崎JR脱線事故線事故,耐震偽造問題,ホリエモンたちの粉飾決算など,国の責任も取られますし.日本政府もこの先はやることいっぱいあります.
もちろん,幼児のような弱者、この父親のような一般人にも,遠い外国から日本の貧しい地域の嫁になる女性にも,様々な面で支援をしてあげたいです.

テレビで日本の大家族という番組は見たことありませんか?10人の子ともさんがいるとどんな大変なことになるのはご存知ですか?
いまの中国は激しい発展と変化の中,日本人の目にとってやっていけない,理解できない,嫌われることいっぱいあると思いますが,時間ください.
現在の中国では1億の日本人と同じレベル(学歴,社会公徳,自由思想などなどのレベル)を持った人は,1億以上あると信じています.
インド,インドネシア,ブラジルも有数の人口大国だし,中国と違っていわゆる民主国家だし,しかし彼ら(特に貧しい人)は中国の人以上に幸せとは思っていません.
Posted by 遺憾なことだ at 2006年02月23日 02:40
人の話を聞かない、必ず反論してくる、全て責任を相手に転嫁する、謝らない、金、金、金。。。
これは人によって違うではないでしょうか?こういう欠点を持つ日本人もたくさんいるではないでしょうか?
少なくとも,このサイトの記事に対して元祖うぷぷさん必ず反論するではないでしょうか?すべての責任は中国にあるではないでしょうか?
Posted by 遺憾なことだ at 2006年02月23日 02:57
人の話を聞かない、反論してくる、責任転嫁する、お金第一、ホリエモンみたいですね。
私は日本人ですが、残念ながらこんな日本人もある程度いると思います。
頻度の問題ですかね??
それに、中国人女性が子供を刺し殺した事件は、責任転嫁というよりは、ノイローゼに近いものと思います。
このような時代になるとお互い人間の行き来は避けられず、不幸な事件が未然に防げるようになると良いと考えています。
ただ、一部報道を見ていると、中国人が逮捕される犯罪の中には明らかに犯罪を目的として日本に来ているのではないかと疑われる事件が多いのも事実です。それらが普通の中国人では無いのだと信じたいですが、日本人からみれば同じ中国人ということで一括りにされます。また、それらが普通の中国人とすれば、やはり付き合い方を考えないといけません。
Posted by ポン太君 at 2006年02月23日 08:48
遺憾なことださんへ

私もあなたの意見にかなり同感してます。
考え方や個性って時代背景による影響もかなり大きいのでは?と思うのです。
よく中国人は素養がない、とおっしゃる方がみえますがこれも国民性というより社会的な問題だと思います。
日本人だってそうです。これからの日本をゲーム脳世代が担っていくと思うとちょっと怖い・・・。

私は決して中国万歳派ではありません。
在中の頃、中国人のモラルに相当うんざりすることもあったし、逆に心が温まるような出来事も何度も経験しました。

私の知っている多数の中国人は人の話をよく聞いてくれる、視点を増やすことができる、思慮深い、かなりの善人揃いです。
嫌なヤツは中国人だって日本人だって嫌なヤツ・・・。



Posted by 黄金周は在上海 at 2006年02月23日 09:12
 中国人は、日本人の「中国人(民族)がだめだ,日本人(民族)は優秀だという考え方はおかしいです。」と思っており、日本人は、中国人の「日本人(民族)がだめだ,中国人(民族)は優秀だという考え方はおかしいです。」と思っているわけだ。なるほど、世界はユーモアにあふれていますね。
 ただ、「遺憾なことだ」さん。インド、インドネシア、ブラジルの人は中国の人以上に幸せとは思っていない、という断定はいかがなものでしょう。これらの国の人達が、これにどう反応するか、あなたにはすぐ想像できますよね。
Posted by ちょっと失礼。 at 2006年02月23日 10:23
ちょっと失礼さんへ

失礼なこと言ってしまいました!謝ります.
まず,中国にはまだ多くの貧乏なひとがいるのは事実として認めます.彼らは今まで以上の幸せが必要だと思います.同様にインドなどのまだ発展途中の国の人も今まで以上の幸せを持たされるように祈ります.比較するのはよくないですね.すみませんでした.
Posted by at 2006年02月23日 11:20
黄金周は在上海さんへ

私は日本,日本人を好きです.いままで接した日本人もほとんど礼儀正しい,優しい人でした.

こんなに素晴らしい中国語を出来ている元祖うぷぷさんがもっと目を広げて,こころを広げて,普通の民間人として日中両国の友好の橋を架けてもっと両国の発展に貢献できればいいなと思います.

私だけの例みれば,学校での反日教育は一切受けていません.私と私の親戚と私の多くの友達は現在の日本人に恨みを持つ人は一人もいません.私自分の外祖父は小さい時に当時の日本軍の刃物による1箇所の傷が残っていました.しかし,現代日本の素晴らしいさはもっと私の目を奪っていました.私は日本の様々ないいところをこれまで,これからも中国のひとびとに言い続きたいと思います.

Posted by 遺憾なことだ at 2006年02月23日 12:20
「人の話を聞かない、必ず反論してくる、全て責任を相手に転嫁する、謝らない、金、金、金。。。」この考え自体は人を馬鹿にしているんだよ。元祖うぷぷ 氏!!!日本人の中いやという程あのような人間がいるよ。この目で確かめた。
Posted by 礼儀 at 2006年02月23日 12:30
礼儀さんへ

それは単に日本人にもそういう人もいるというだけで、
日本人の本質ではない。
日本人の本質は事なかれ主義。
つまり、人の話を聞いたらそれに流される。
反論なんて敵を作るからやらない。
責任はうやむやにしてしまう。
謝れば水に流してくれるからとりあえず謝る。
そういった国民性はどこの国でもあるでしょ?
もうちょっと日本人について学んだ方がいいよ。
特に政治家なんか見てるとよくわかるよ。
Posted by 通りすがり at 2006年02月23日 13:49
遺憾なことださんってかなり素直で柔軟性のある方ですね。とても好感がもてます。

私は平和主義(ことなかれ主義ともいう)者です。
普段あまり突き詰めて中国と中国国民について考えることはありません。
ただ、このブログを読むのは習慣化しています。
書き込みを読んでいても、冷静な分析をする人、やたら高〜い所からモノを言う人、(←オマエはイッタイナニサマじゃ?みたいな。)
肯定的な意見・否定的な意見、下品なモノ言いなど日本人、中国人の区別なく様々ですが、
イロイロな人や考え方・受け止め方があるもんだな〜、と感じております。

あらゆる場でいくら正当な意見を述べたところで
人の思想や人間性は変えることはできません。
そんなのできると思う方が大間違い。
ここでの書き込みだって不毛かもしれない。
けれど人の意見をきちんと聞いて理解することは大切。(同調はできないこともあるが)

私もあなたも足りないところはいっぱいあるだろうけど、
これからもお互い草の根的にでも日中友好に役立つことができるといいですね。

Posted by 黄金周は在上海 at 2006年02月23日 14:11
ゲーム脳でギブアップ
Posted by 有 at 2006年02月23日 14:48
日本人が海外で非道な犯罪を犯したら「(同じ日本人として)恥ずかしい」という意識がある。非道とは「殺人・傷害・強姦・強盗・横領」など。

海外での売買春は「困った人たちだ」とは思うが、まぁ「自由恋愛」との区別がつけにくいし、「好きもの」はいるから双方合意ならやむをえないかとは思ったりする。

ペルーの元大統領が「非人道的行為」で訴追というと、まぁ権力者だからある程度やってはいるだろうが、日本へ亡命するくらいだから「残虐行為」も程度はしれてると思ってる。

後、海外での日本人の悪行というと最近では何があるのでしょう?

ん?だから昔のことが何度も言われるのか!
Posted by 木綿木綿 at 2006年02月23日 15:09
久々にコメント欄を覗いてビックリ。
中国の方がたくさん来てるんですね。

>中国人(民族)がだめだ,日本人(民族)は優秀だという考え方はおかしいです.

レッテルを貼っているというわけではありません。外国人の犯罪率の高さを問題視しているだけです。(日本人は優秀だとか言ってないし。)
その中でも特に、中国人の犯罪は40%前後で、韓国・朝鮮を加えると70%にもなります。
そして犯罪率を日本人と比べると中国人は6倍以上、韓国・朝鮮人は2倍以上になります。
外国人犯罪で検索してみてください。いろんな統計を見ることが出来るでしょう。
Posted by K at 2006年02月23日 15:19
なんか、間違って理解してる方がいるようなので一応書きますが
この事件の犯人は中国籍です

以前、日系ペルーが逮捕されたと当初は報道された事件もありましたが、あれは偽の日系人だったようです。
Posted by タチ at 2006年02月23日 15:53
日本における中国人の犯罪率が多いのは、非合法なことも含めて金儲け目的に入国する人が多いからではないでしょうか??
時々、日本における中国人の犯罪率が高いといって、中国人が凶暴な民族のような、或いは日本人に敵意を持った中国人が多いような受け止めがなされていることがありますが、それは少し違うような感じを受けています。
Posted by ポン太君 at 2006年02月23日 16:02
>>日本における中国人の犯罪率が高いといって、中国人が凶暴な民族のような、或いは日本人に敵意を持った中国人が多いような受け止め

正しい事実じゃないんですか?
敵や裏切り者は親兄弟、親族までも皆殺しにするチャイニーズマフィアの残虐性は欧米でも非常に有名だし、こちらで日本社会に溶け込もうとしている新宿の某在日中国人は同胞から「民族を捨てた売国野郎!」って罵られたと書いていた。

中国人が犯罪に染まりやすい(超えやすい)民族性であるのは日本はおろかその他の国(韓国までも)企業が、中国での工場労働者の規律違反、休業労災詐称、備品や工場内での窃盗の多さに手を焼いていると伝えられる(元祖うぷぷさん、実際どうでしょうか?)事を見ても明らかでしょう。
まあ、中華四千年の凄惨暴虐な歴史を生き残るためには、窃盗程度なんか「犯罪」と考えていたらダメだったのでしょうが。
Posted by 朝日強制読者 at 2006年02月23日 16:55
ついでに、
海外の移住先で中国人が「嫌われ」てなくて、現地の人たちと「溶け込んで」暮らしている場所って存在しますか?
しかし大抵、「中国人街」に隔離状態で、そこにあまり現地の人たちは近寄りたがりません。
すごいですね。
そして

>>人の話を聞かない、必ず反論してくる、全て責任を相手に転嫁する、謝らない、金、金、金

これも中国人が暮らしている場所での大抵の現地人に見聞きした「中国人観」と合致します。
唯我独尊の中華DNAは万国共通のグローバルスタンダード(ww
Posted by 朝日強制読者 at 2006年02月23日 16:59
>中国人の犯罪率が高いといって、中国人が凶暴な民族のような、或いは日本人に敵意を持った中国人が多いような受け止め

少し違うと思います。
中国人が凶暴と言ったわけではなく、来日している中国人の犯罪率の高さや、戦争で与えられた中国の被害を考えれば日本人は被害を甘んじて受けるべきだという中国人の発言は、日本人に警戒感を与えるに十分ですし、中国政府の日本政府に対する言動は、敵意を持っていると受け止められても仕方の無いレベルではないでしょうか。
いづれにしても事実に基いたものであり、感情的なレッテル貼りとは違うと思います。
Posted by K at 2006年02月23日 18:56
遺憾なことだ さん

>私自分の外祖父は小さい時に当時の日本軍の刃物による1箇所の傷が残っていました

よく中韓の方はこのような表現をされますが具体的には何時、どこで、どのような状況でどのくらいの傷を負わされたのでしょうか?
当時実際に日本軍と接触があった人は限られてるでしょうし、どうして一般人に怪我をさせたのか、もう少し詳細に知りたいです。
Posted by ニベア at 2006年02月23日 19:08
>このような日本人のレベルはどうですか? 日本人全体のレベルはひどいと言われたいですか?

言われるまでもなく、日本には、報道/言論の自由がありますから、日本人の事件は明らかにされています。「ひどい」ことも日本人自身で言っています。ほんとうに「反論」が好きな方ですね。中国人と日本人を一緒にしないでください。

ある大家族が、一世代前、家族内で殺し合ってばかりいました(今でも怪しい噂が絶えない)。
近所の人は不安なので「いったい何があったのか」と尋ねました。すると、大家族は「家族内の問題に、口を出すな。」「毎日の生活で忙しい。」「子供の躾のためだ。」「たいしたことではない。」「時間が掛かる。」と流暢な日本語で「反論」しました。
そして、「あなた方のお父さんやお祖父さんは、トリックを使う。過去を歪曲している。」とも付け加えました。私が、その時、どんな気持ちでいたか、解っていない「聞かない」中国人の方が、多いと思います。

この記事に限って、中国人のコメントが多いのは、なぜでしょうか。それも「うんこ」とか「ゴミは死ね」とかじゃなくて、まともに日本語で書いてらっしゃる。それは、この事件が在日中国人にとって危機だからでしょう。自分が危ないときだけ、まともな日本語でコメントを書いてらっしゃるようで、私の気持ちは冷めています。

民族差別に走らないよう自戒しつつも、中国人が人権(人の命)を軽く扱う傾向は、残念ながら事実として認めるべき時だと思います。それは、この事件のせいではありません。人権という言葉が、形ばかりであっても中国憲法に入ったのは、たった2004年のことですから。

一括りにはできないし、私も、ごく少数の誠実な中国人に心当たりがあります。しかし、もはや、その相手が人権意識を持っている中国人なのか、持っていない中国人なのか、日本人当事者や当局が早い段階で確認せざるを得ないと思います。
それは、この事件のせいではありません。この事件は、単に、在日中国人に危機感を与えて、意識改革を促しているだけです。その意味では、日本人にとって良いニュースです。日本人は、この事件の前から、危機感を持ちつつ我慢してきたと思います。
例えば、日本人から中国に対して親しみを感じない割合は、反日デモで急減しただけではなく、天安門事件の時にも急減したまま回復していません。

在日中国人が、積極的に「人権尊重」を態度に出せば良いんです。日本に長く滞在する前に、ひとこと「永く基本的人権を尊重します。」と手を挙げて宣誓すれば良いんです。
「生活に追われているから」「日本人だって同じだから」「時間が無いから」「文化の押し付けだから」「人の思想は変わらない。」などと、「反論」を返すなら、不信が募るばかりです。
当然、共産党を批判することになります。在日中国人は、共産党に従うか、日本人との友情を取るか、二者択一になってしまうと思います。お気の毒ですが。
Posted by 愛のプロキシ at 2006年02月24日 00:59
「時間をください」と「反論」「責任転嫁」しておきながら、
当ブログ主に対して「目を広げて」「心を広げて」「日中友好」「貢献できればいい」とは、厚かましい。まさか、プログ主の目や心が狭いと思ってるんですか?

ブログ主は既に、日中相互理解のために、身を掛けて貢献してます。中国人なら、彼が払っているリスクを想像できるはずです。それとも、想像できないぐらいまで洗脳されて「人の話を聞かない」ようになりましたか。

そのような方の自己申告では、「反日教育を受なかった」かどうか、不明です。どうして「反日教育を受けなかった」と判断できたんでしょう。教師が「今から反日の授業をします。」と言わなかったからですか? 教師は「忘れてはならない歴史の真実を教えます。」と言うでしょうね。
だいたい、党が歴史学も報道もを統制している国で、どうやって歴史の真実を教わるんですか。

>現在の日本人に恨みを持つ人は一人もいません

つまり、過去の日本人に対しては、共産党から教わったとおりに信じて、さぞや恨んでらっしゃるんでしょうね。3500万人殺した、30万人虐殺した、強姦したあと股間に棒を突き刺した、赤ん坊を放り投げて剣で刺し受けた。これら全てが日本軍の真実で、だから反日教育じゃないということですか。

その日本に核ミサイルを向けるのは正当防衛だと、信じてらっしゃるんでしょうね。それじゃあ「時間」を与えられないんです。こっちは、同族殺しに、核ミサイルなんて、いっときでも預けられません。常任理事国も、中国は即刻辞任しなきゃ納得できませんね。「家族殺し」が警察官を務めているようなもんです。

ミサイル迎撃のために、また高い税金を払うんだよ。それ、在日中国人が払ってくれるの?

中国人は、「ごめんなさい」と言わずに「時間をください」と言います(もう聞き飽きた)。日本のことを「きちんと謝っていない。」と言います。もちろん、少数の誠実な例外はあります。
Posted by 愛のプロキシ at 2006年02月24日 03:46
Kさんへ

私はKさんが中国人が凶暴だと思っているとは思っていません。
日本で報道されていることも間違っているとは思いません。
ただ、一般の日本人の間に中国人全員に対してそのようなイメージが広がるのを危惧しているのです。
昔のように鎖国でもしていればいいのですが、そんな時代でもありません。
一方、異常に多い日本における中国人の犯罪を抑止するのは必要と思います。
入国審査厳しくしますか?
問題になるでしょうね。
Posted by ポン太君 at 2006年02月24日 08:42


私の住んでいるところの近くに短大がありました。受験者減少に悩んだその短大は中国人の留学生を受け入れました。その結果、学生の95%以上が中国からの留学生になりました。数年後、中国からの留学生は講義など受けておらず、ほとんどが所在不明であることが発覚し、その短大はつぶれました。
Posted by ポン太君 at 2006年02月24日 08:50
つーか、
本人等は全くそのつもりが無いのかもしれないが。
始めの方のコメント読んでると、

「人の話を聞かない、必ず反論してくる、全て責任を相手に転嫁する」

という中国人観をの実例を示しているだけだよな。
中国人が日本で犯してる犯罪と、日本人が日本で犯して報道されている(←ココ重要)犯罪を引き合いにしたりして、痛杉。

中国人が自分達の巣である大陸で殺そうと盗もう騙そうと知ったことじゃないが、
わざわざ日本まで来て、日本人殺すな盗むな騙すな。
Posted by 肯定ペンギン at 2006年02月24日 09:49
私在日中国人ではないし,日本語で説明しきれ部分もあります.
発言をやめます.
歴史的な事実について本当に事実を知りたいなら,中国に来て現地で案内します

ある程度の相互理解をないと...
Posted by at 2006年02月24日 09:58
説明しきれない部分, ですね
すみません
Posted by at 2006年02月24日 09:59
>ある程度の相互理解をないと...

中国共産党が大陸を支配してる限り無理。
今なおあそこは謀略政党。
(共産党と名のつくトコはみなそうだがな)

言論の自由が無いのに、相互理解がどうのなんて噴飯モノ
我々に、「言論統制を受け入れろ」と要求するのと同義だからな。
Posted by 肯定ペンギン at 2006年02月24日 10:08
つい先日のグークルの「ネット検閲問題」、
外務報道官の「日本は反中報道を検閲しる!」発言にしてもだが、中国人は最近、やたらと「中華基準に世界が合わせろ!」
という言論が目立つね。
先日も香港のノーベル賞受賞に関する某テレビ討論で
「ノーベル賞は欧米の価値観だ、我々ならそれを超える素晴らしい賞を作れるのだ!」
などと素面で言っている中華愛国デブがいたが、思わず茶吹いてワロタよ。
今の中国の体制&民度で外国(まともな先進国)の誰が喜んで中国人から「表彰」されたがるのか(ww
靖国問題だって同じこと。
参拝云々言う以前に、中国国内でのすべての宗教への干渉と統制を廃止して、「信仰の全面的自由」を認めてから「堂々と」反対したら良いだろう。
Posted by 朝日強制読者 at 2006年02月24日 10:58
ポン太さんへ
>ただ、一般の日本人の間に中国人全員に対してそのようなイメージが広がるのを危惧しているのです。
知らない人に対しての警戒感は日本人同士でも高まっています。まして特定3カ国の人たちの犯罪率を考慮すれば、警戒は当然のことです。
もちろん、全員が悪人だと思うほど日本人は荒廃していませんが、理想(?)に囚われて危険に実を晒すのもどうかと思います。あなたのご家族にも危険が及ぶかもしれないんですよ。現実的に判断しましょう。中国人犯罪に関するイメージについて一般の日本人に非があるとは到底思えません。
Posted by K at 2006年02月24日 13:37
>入国審査厳しくしますか?
>問題になるでしょうね。

ポン太さん 一連の発言を自虐的だと、私も思います。

長期滞在前に「基本的人権を永く尊重します。」と宣誓することが、厳しいんですか?
この宣誓に「反論する」「責任転嫁する」「聞こうとしない」外国人とは、何ですか?
この宣誓を「厳しい」と感じる外国人は、何を考えていますか?

現状では、人権や言論を軽視したがる外国人が、けっこう日本で日本人並みに暮らして、このブログにも無自覚にコメントしています。

法治国家で教育を受けた人であれば、事情を話せば、宣誓に理解を得られます。人権教育を受けた確認が取れれば、宣誓を省略しても良いと思います。差別が不味いなら、国籍を問わずに宣誓してもらっても良い。

「問題になる」? 人権を無視する国家だけが騒ぎます。
そこで、日本政府が国際倫理に掛けて言うべきことは?
日本人が、国際国家の国民として、主張すべき理想とは?

そのとき、なぜ日本を嫌うのか、その国・国民の素性が明かされるでしょう。
Posted by 愛のプロキシ at 2006年02月24日 22:20
幼い子供に刃物を突き立てる鬼畜。
どんな理由があろうがどこの国の人間だろうが許される理由には絶対にならない。

にも関わらず日本社会の閉鎖性に原因があるような内容を平然と記事にする大手新聞社。

本当に日本のマスコミは狂っていると思う。
Posted by at 2006年02月25日 23:05
>入国審査厳しくしますか?
>問題になるでしょうね。

こういう風にコメントする中国人の真意がはかりかねるわけです。以前テレビ番組で中国人犯罪について取り上げた際、中国人の出演者が「日本の受け入れ態勢がしっかりしていないからだ」とコメントしていたわけです。

つまり、この論法で行けば、

1.中国人犯罪の増加は日本の入管にあって
 中国人には関係ない

ということですが、それで厳しくすると、問題があると文句を言い出す。一体中国人は日本の入管政策についてどう考えているのか?それともこの
論理は人のせいにばかりする中国人の特性なのか?
Posted by ヤオミン at 2006年02月25日 23:22
>私在日中国人ではないし
>発言をやめます

このまま沈黙すれば、どういうつもりで国籍を取ったのか疑問が残り、中国系人の「レベル」を下げると思います。発言をやめるまえに、ひとこと「私は、基本的人権を大事に考えています。」とか何とか、挨拶すれば好いと思います。それだけでも信頼「レベル」が上がります。家族が向こうに残っているから、共産党が怖いですか? だから、発言をやめるんですか?

もし、日本で選挙に行って投票した経験があるなら、そのときの気持ちを話し合うだけでも、信頼レベルが上がります。投票した方が、日本人と中国人の違いが解ります。

この方を支えている日本人の方へ。
私は、あなた方が中国からの脅迫的な世論工作(被害者・加害者・残酷な日本)にはまって、卑屈になっているように疑っています。戦争の反省ばかりせずに、中国の歴史手法の限界/不誠実を、冷静に見て頂きたいです。
三権分立・人権・自由について、中国から来た方に、あなた方から少しづつ教えてあげれば、日本人一般との信頼関係をもっと作れると思います。今は御当人も危機的な社会状況を意識してらっしゃいますから、少しは聞いて頂けるのではないでしょうか。

Posted by 愛のプロキシ at 2006年02月26日 00:19
>そのとき、中共がなぜ日本を嫌うのか、その国・国民の素性が明かされるでしょう。

たぶん、国民に日本の現実を知られることは中共にとって困るからです。国民に報道の自由を与えることは中共の破滅になるからです。隣の国が成功した豊かな民主主義国家であることは中国の統治者中共には目の上のタンコブでしょう。
Posted by hiro at 2006年02月26日 00:37
>そのとき、中共がなぜ日本を嫌うのか、その国・国民の素性が明かされるでしょう。・・・・の続き。

もし日本の現実を知ったとすれば、中国国民は共産党統治を否定するでしょう。日本に統治されれば良かったと考えるかも知れません。現実に台湾、韓国は日本統治を受け先進国になりました。しかし同じ時期に日本統治を受けた満州、北朝鮮はダメでした。

これは共産党否定につながります。戦後60年も経って発展途上国にいるのは共産党のせいだと。
Posted by hiro at 2006年02月26日 01:22
重いぞ。わしには耐えられん。

韓国が日本嫌いなのはよく理解できる(共感はできんぞ)。そして親日が苦労の多い信条だと同情する。ただ、親日が存在するのは確かで、感情を克服できた彼等の理性に敬意を表するのにやぶさかでない。

北が日本嫌いなのはすごーくよくわかる。情報統制社会では、日本だって昔、米英に喧嘩売ったぐらいだから。北の男達は本気で戦争に勝つ気でいるだろう。悲惨だ。かわいそうに思う。将軍まんせーいと叫んでから突撃してください。若干の憐憫から生存率が上がるかもしれません。

中共は何がしたいのか不明だ。覇権か?銭か?ええかっこしいか?理想的共産社会の建設か?犯罪者の輸出か?敵性国家の後方かく乱か?
頼むから国際社会に前向きの仕事で貢献してください。あんたらも結構大きな国なんだから。
Posted by 木綿木綿 at 2006年02月26日 02:04
中共には、「普通の国」の前向きの姿勢は感じられない。

「特殊な国」の前向きの姿勢はつぎのホームページに詳しい。
http://www.wildinvestors.com/info/016.html#1

中国の狙い
   中華圏に日本の(人材、インフラ、技術)を取り込むこと。
方法
   武力侵略によらず、日本国内の内部政策転換を誘発させる方法。
手段
   13億人という人口を武器とし、日本人のあいまいさ、争いを避ける
   国民性につけこむ。

   ・差別撤廃の名のもとに在日外国人の参政権を獲得し、左翼議員を
    国会に送り込む。

   ・一人っ子政策による男子過剰を利用して、反日戦士を外国に送り込
    んで反日宣伝を行い、日本に「特殊な国」のイメージを醸成する。

   ・極東アジアで「中国、韓国、日本」は特殊な国であることを宣言する。
    日本は中国の仲間であることを宣言し、「仲間うちのトラブルには
    部外者の介入は不要である。」とバリアを張る。

   ・日本に対して歴史認識を強要し、反日教育を通して謝罪・賠償ネタを
    永久に培養して、日本人に自虐の念を植えつける。

何が「特殊」なのか具体的に外務省に提示しているのだろうか?
建国はそれぞれ特殊であるがために、国体として独立しているのだと思うが?
Posted by のら黒 at 2006年02月26日 11:31
>事実を知りたいなら,中国に来て現地で案内します

それも聞き飽きた。
言論統制下の現地では、事実が見えません。その場所で相互理解しようっていう発想自体が「必ず反論する」「責任転嫁する」「相手の話を聞かない」ので、レベルを下げます。

お祖父さんは、文革を忘れましたか? でも、日本軍から受けた傷は覚えてるんですね?<-質問が出てます、忘れないでね)
現地で、同族殺しの証拠「家族殺しの警察官」の資料は、見せてもらえるんですか?
まさか、日本の遊園地のお化け屋敷や蝋人形館みたいものを見せて「現地」「事実」なんて言う気ですか?

チベットやウルグイにも行きたいけど、肝心なことは隠されて、一般人には見えません。そんな国の「現地」を信じているなら、日本軍が中国人の子宮を生きたまま切り開いた、なんて信じてるんでしょ?
だから、日本を恨まない中国人は「心が広い」「目が広い」と思ってるんでしょ?

歴史を隠している共産党を先に恨んでください。中国が学問の自由を尊重して、証拠を公開して研究を促していれば、日本人だって、認めるべき歴史を認めます。だから、日本もアメリカも共同研究を中国に提案しています。
「証拠なら有ります」って? 骨?写真?本?証言? それも、ちゃんと鑑定しましょう。鑑定する学者のことは、学会・報道機関・インターネットが、言論の自由に基づきチェックします。中国とは違って、研究が開かれていますから、外国のチェックも入ります。でも、中国は「心が狭い」「目が狭い」ので、共同研究を断ると思います。

証拠と言えば、このブログも証拠です。このブログは「心が狭い」中国が隠しています。現地の人に見せて判断を仰ぐべきです。中国の家からは、このブログを見ることができません。そのあなたが、なぜ「事実」を私に案内できるんですか?
だったら、チベット亡命政権の方で見学します。彼らが事実を隠したり歪めたりした噂は、あまり聞かないので。

せっかく日本を好きになってくれたのに、ごめんなさい。でも、日本は、あなたが思っているより、ずっと良い国です。「心を広げて」「目を広げて」ください。
Posted by プロキシ at 2006年02月26日 17:27
ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060224/mng_____kok_____006.shtml

中国の警察官昨年414人殉職
治安悪化、人手も不足
 【北京=白石徹】中国公安省は二十三日の記者会見で、昨年中に殉職した警官が四百十四人に上り、約四千百人が重軽傷を負ったと発表した。中国では犯罪の凶悪化により、容疑者らが武器を所持するケースが多く、多数の犠牲者を出す一因になっている。

 公安省によると殉職者の内訳は、事件現場の最前線で働く交番詰めの警官が百七人、交通警官が五十六人、刑事が四十四人、治安警官が四十三人など。一九九〇年から十六年間の殉職者は合計で六千八百十九人に上り、年平均で四百二十六人が死亡している。

 中国では昨年、刑事事件が約四百六十四万件、治安事件が約六百三十万件発生。事件は凶悪化し、警官が容疑者を逮捕する際に反撃に遭い、拳銃や手投げ弾、ナイフなどの武器で殺傷されるケースが増えている。

 公安省は、先進各国では人口一万人当たり三十五人の警官が配備されているが、中国には十二人しかおらず、ブラジルやインドよりも比率が低いと説明。警察力の不足と激務が、心身の健康にも重大な影響を与えていると指摘した。

Posted by カラマーゾフ at 2006年02月26日 19:54
愛のプロキシ様へ

私は在日中国人ではない、中国系日本人ではない、これからもずっと中国人です。
以前日本留学経験があって、いまは中日両国間の仕事をしています。ブログ主と貴方の目に中日間の暗い部分がよく見えています。でも、暗い部分より、明るい部分は私はよく見えています。
金曜日に半月ぶりの中国に戻ったばかりです。週一回放送されている日本紹介のテレビ番組を見ることができました(www.roxyshanghai.com).

私発言を止めたい理由は2つあります。
日本語は不自由であり、ネットでの口論は時間かがるし、その反面小学生レベルの日本語作文でちゃんと理由説明し切れません。もし、ブログ主と貴方は中国で中国の冷静な方と交流することができれば、中国のいろいろことはもっと理解できると思います。
また、私は自分のお祖父さんの話を出てしまってちょっと後悔しました。これについて本当に言いたくないだけです。なぜ?これは本当におもいです。現在の私
たち、中国人と日本人とも重いです。しかし、愛のプロキシ様の反応によって、私はもう沈黙することができません。歴史の基本のところまでの否定派ですね。広島と北海道の人はあの戦争に対する気持ちは違うでしょう。中国の各地も当然違います。旧日本軍は当時南京での遺憾なことだけではなく、そのほかも数多くありました。その違いは万の単位か百の単位かだけです。もちろん、軍は村で平民を殺す行為は日本軍全体から見れば少数派と思います。当時お祖父さんの村に来たのは食料を探すに来たのでした。平民に対して、発砲しませんが悪戯で随意的に人を軍刺で刺します。お祖父さんは現在の日本人に恨む必要がないのに、旧日本軍に対する恨みは当然あります。でもいまさら昔のことを振り返すと自分たちが辛いになるだけです。日本政府からの個人に対する賠償はないですし、本当にそうだったら(こんな”小さな”ことに対しても)、いまの日本の納税人たちは辛くなるでしょう。愛のプロキシ様は淡々と骨や写真や「家族殺しの警察官」の資料やとまったく他人のことを喋っているような発言をしていましたが、お祖父さんが健在すれば、あの日本軍兵士の替わり、愛のプロキシ様を軍刺の味を体験してもらいたいです。貴方は良心がどこにいますか?人間失格です!!

>>この方を支えている日本人の方へ。
>>私は、あなた方が中国からの脅迫的な世論工作(被害者・加害者・残酷な日本)
>>にはまって、卑屈になっているように疑っています。戦争の反省ばかりせずに、
>>中国の歴史手法の限界/不誠実を、冷静に見て頂きたいです。。。。。
私は当サイトでの発言は初めてですが、でもこのサイトで多くの冷静な、私知っている日本人と同じ優しい日本人はたくさんいると分かっています。”ごく少数の誠実な中国人”と思っているのは愛のプロキシ様のようなごく少数の日本人だけと思います。30年後はもっともっと日本人が中国をすきになると願っています。同様中国人が日本をもっとすきになると信じています。

日本は私まだまだ知らない国です。きっと私思うよりよい国です。しかし、中国も同様ブログ主と愛のプロキシ様にとって、まだまだ分からない国です。貴方はおしゃったことはすべて正しいとしても、中国の一部に過ぎないです。中国の多様性は最大の特徴です。ブログ主は本当に優秀ならば、この多様性をもっと活かして、自分の人生をもっと楽めると思います。その意味で、私はブログ主と愛のプロキシ様にもっと目を広げてなどと声をかけたのです。このサイト自身はブログ主
のこころの狭さを意味しています。当然私の日本語の不自由で”目を広げて”のような幼稚な日本語でしか表現できません。中国語なら、きっともっと有力な説明をできると思います。

30年前の中国を、米日欧などが知りません、あれは知りたくもないです。でも、今になってまだまだ知りませんが、とにかく知りたいになるわけです。これはすべて意味しています。30年後は?崩壊するか現在の米日欧のような良い国に近いですか、30年後の事実で証明しましょう! 
Posted by 遺憾なことだ at 2006年02月27日 02:28
>>この記事に限って、中国人のコメントが多いのは、なぜでしょうか。それも
>>「うんこ」とか「ゴミは死ね」とかじゃなくて、まともに日本語で書いてらっしゃ
>>る。それは、この事件が在日中国人にとって危機だからでしょう。自分が危ない
>>ときだけ、まともな日本語でコメントを書いてらっしゃるようで、私の気持ちは冷めています。

愛のプロキシ様って、本当にそこまで考えたんだ。言葉失います。貴方は中国の教育の欠ける憤青と違いますね。本当に考え深いです。中国で日本をすき、日本語を習ったひとは何人いると思います?
Posted by 遺憾なことだ at 2006年02月27日 02:37
>このまま沈黙すれば、どういうつもりで国籍を取ったのか疑問が残り、中国系
>人の「レベル」を下げると思います。発言をやめるまえに、ひとこと「私は、基
>本的人権を大事に考えています。」とか何とか、挨拶すれば好いと思います。そ
>れだけでも信頼「レベル」が上がります。家族が向こうに残っているから、共産
>党が怖いですか? だから、発言をやめるんですか?

そんなに攻めなくていいと思います。日本国の国籍は第1選択ではありません。また、優秀な日本人は欧米に移住したひともたくさんいるし。私の一人の友達はドイツで日本の彼女と結婚し、去年可愛いお子様もできました。人権より、食べていけること。また、この人権は愛のプロキシ様が言う資格はないと思います。
その前に、事実を本当に知りたい気持ちで、中国に来て、アメリカの第3者の弁護士の元に、あの歴史の真実を教えます。そして、”ごめんなさい、もう2度と無知なことをいいません”と言っていただきたいと思います。
Posted by 遺憾なことだ at 2006年02月27日 03:04
遺憾なことださんへ

>日本政府からの個人に対する賠償はない
と言いますが、日中共同声明に「中華人民共和国政府は、日中両国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する。」とあります。これは中国政府自身が個人レベルでの保証を放棄したことになるのではないでしょうか。

>30年前の中国
文化大革命のことでしょうか。中国では国定教科書に「四人組が共産党と毛沢東を利用した。」とあるだけらしいですね。日本では高校以上の世界史で扱われてるので、世界史選択の人は知っているでしょう。私は政治経済選択で理系ですけど知ってますが。

>人権より、食べていけること。
>また、この人権は愛のプロキシ様が言う資格はないと思います。
基本的人権の尊重について全然理解してませんね。生活できることも基本的人権なのです。日本国憲法第25条第1項に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。プログラム規定であるため朝日訴訟では退けられましたが、その直後、生活保証の見直しがされて結果的には勝訴となりました。そして基本的人権は我々日本の全国民が責任を持って保持しなければなりません。日本国憲法第12条「この憲法が国民に保障する自由及び権利は,国民の不断の努力によって,これを保持しなければならない。」。つまり、日本国民はこの人権を与えられて当然と思うだけでなく、常日頃からそれが犯されないよう監視してなくてはならないのです。そして、それについて語ることは日本国民の義務でもあるのです。
Posted by 普段は傍観者 at 2006年02月27日 09:49
普段は傍観者さんへ
以上の3点について、まったくおしゃた通りです。私も普段は傍観者さんと同感です。異議ありません。
もし、上の上の短文のそのほかの内容も私とすこしお互いに理解できれば幸いだと思います。
Posted by 遺憾なことだ at 2006年02月27日 13:22
普段は傍観者さんの第1点についての追加です。
その”代わり”に日本政府のODAを中国は受けています。ご好意ありがとうございます。これは相互理解と思います。
Posted by at 2006年02月27日 13:41
余計なお世話ですが、中国の方は反日や反日の言い訳に熱を上げるより自分の御国のことを考えるべきです。
大変じゃないですか。一党独裁も貧富の差も教育も環境汚染も言論弾圧も。見てて気分が悪くなるほど怖ろしいです。
特に環境汚染と他国を尊重しない言動は周りの国にとっても脅威です。
日本海の汚染に関しては中国に対して裁判を起こしたいくらいです。
Posted by K at 2006年02月27日 13:49
ODAは相互理解の産物ではありません。
日本からのODAを直接か、或いはODAで浮かせた自国の予算を軍備の拡張に注ぎ込み、日本を始めとした周囲の国を恫喝または侵略してきた中国。
日本は自分で自分の首を絞めたのみならず、他の国の迷惑となったと思います。
その上、まとめて踏み倒される可能性もあり、経済的にも中共政府を支えざるを得ない方向に自国を追い詰めるものです。
ODAは明らかな失策です。
Posted by ポン太君 at 2006年02月27日 15:24
日本人でありながら、時々日本人って本当にアホなんじゃないかと思うことあがる。
日中戦争で日本軍が中国人に対して行った残虐な行為は衆知の事実ですよね。
誰だって、身内や同郷、同じ国の人間が他の国の人間にムシケラの様に殺されたら心穏やかなはずがありません。
そうした歴史的な事実を省みず、被害国民の感情を逆なでする様な靖国参拝を行うなんて、一体どういう神経をしているのでしょうか。
日本は、アメリカに2度に渡って必要のない原爆を落とされ、罪の無い民間人が何万人と殺されましたよね。
その意味では、日本人は被害国民である中国人の感情を理解できるはず、いや、できなくてはおかしいと思います。
アメリカのスミソニアン美術館に原爆を投下したエノラゲイが誇らしげに展示されているらしいですが、そのことに不快感を感じる感覚があるのであれば、中国人の気持ちも慮ることができるのではないでしょうか。
そもそも、多くの日本人はなぜ盲目的にアメリカを信用しているのでしょうか。
確かに、イデオロギー対立の中でアメリカ資本主義を支持してきた事に間違いは無かったと思いますが、だからといって日本人のアメリカ崇拝は異常だと思います。
今や世界の嫌われ者になっているアメリカを崇め奉っているのは日本くらいではないでしょうか。
イデオロギー対立という構図が無くなった現在、日本はもっと多面的に世界を捉え、様々な国と交流を図っていくべきではないかと思います。
特に、これまでの様なアジア軽視といった姿勢を改め、中国はもとより韓国、東南アジア諸国との連携を強め、米国・欧洲とも対等に対峙できるアジア協調体制を早急に構築すべきではないかと思います。
なにしろ、地理的にも人種的にも近しい国々な訳ですからね。
そして、その手始めとして、金輪際公人の靖国参拝をしない旨公約することだと思います。
やはり、人が嫌がることをやっておいて仲良しよう・・というのは、矛盾してますからね。何より、中国や韓国に政治カードとして鬼の首を取ったように靖国参拝を言い続けられるのが不愉快です。
早く中国、韓国にグダグダ言わせない状態にして、友好関係を構築しましょうよ。
ご近所同士、仲の良い時代もあったんですから・・・。
Posted by コウタロウ at 2006年02月27日 18:45
今、ビックリするほど典型的な左翼(アジア・ナショナリスト)を見た。
Posted by くも at 2006年02月27日 19:05
>日中戦争で日本軍が中国人に対して行った残虐な行為は衆知の事実
まさか南京大虐殺のこと?あんな原爆の帳尻合わせのような疑惑が事実であると?

日中戦争の残虐さ→末端の暴走
原爆投下→大統領の決定

>アメリカ資本主義
20世紀の資本主義の移り変わり。
独占資本主義→修正資本主義→グローバル資本主義

>多くの日本人はなぜ盲目的にアメリカを信用している
主観。

>日本人のアメリカ崇拝
敗戦国は戦勝国に対して弱い立場。
しかしオタワ条約、ローマ規定、CTBT、京都議定書でのアメリカの単独行動主義にうんざり。

>今や世界の嫌われ者になっているアメリカ
主にフランスとイスラム圏から嫌われているだけ。まぁ、単独行動主義にはどこもうんざりしてるけど。

>イデオロギー対立という構図が無くなった
いつ思想の対立無くなったの?

>中国はもとより韓国、東南アジア諸国との連携を強め、
>米国・欧洲とも対等に対峙できるアジア協調体制
人、それを大東亜共栄圏と呼ぶ。それは冗談だとしても、アジアをEUと同じような共同体にするのは無理。

>人が嫌がることをやっておいて仲良しよう・・というのは、矛盾してます
向こうはやたら反日デモとかやってるよね。

>何より、中国や韓国に政治カードとして鬼の首を取ったように
>靖国参拝を言い続けられるのが不愉快です。
それがなくなれば今度は尖閣諸島とか取り上げるのが中国クオリティ。

>中国、韓国にグダグダ言わせない状態にして、友好関係を構築
「グダグダ言わせない状態」って…。つまり占領しろと?
Posted by at 2006年02月27日 20:27
>コウタロウさん
ヨーロッパは戦争を続けてきました。
ドイツとフランスは何百年来の仇敵の間柄です。
結果としてもう戦争は出来ないというのがEUの創設に至った最初の動機です。
あなたは世界史をまともに勉強したことはなさそうですね。
中国除くアジアの国々は安全保障上アメリカとの関係を望んでいます。
あなたは不勉強な団塊世代の方ですか?
もしそうなら思い込みで反米に突っ走るのは若い頃から変わってないようですね。
Posted by ランバダ at 2006年02月27日 22:13
笑った。いまどきこんな稚拙な論理が公表できる場所はないな。日本人なら数寄屋橋で叫べ。選挙には没収覚悟で訴えろ。戦前の左はまだましだった。蟹工船「カニコウセン」とかいうスーパーの蟹の紛い物は撤去せよ。小林多喜二は泣いているぞ。早稲田の法学部の地下壕は粉砕されたぞ。

いまどき、地下にこもる必然性はありませぬ。

走れ!走れ!コータロー!
Posted by 木綿木綿 at 2006年02月28日 01:17
脱亜入欧。

中国的目標?ex Japan?
Posted by 福沢諭吉先生 at 2006年02月28日 01:43
コウタロウさんへ

世の中はそう単純ではありません。
戦争は基本的には殺し合いですから、作戦そのものが間違っていたり、軍の一部が暴走したりして悲劇的な結果になったことも多くあったと考えられます。
中国や日本の一部にはそれらを大幅に誇張して日本のせいにしたり、国民党や中国共産党がやったことも日本のせいにして政治的な宣伝に使っていることも事実なのです。
日本も油断するとチベットのようなめにあう可能性が大いにあるということは、中国と付き合う上で忘れてはならないことです。
Posted by ポン太君 at 2006年02月28日 08:38
久しぶりにここに訪問したら凄いコメントついてますね。びっくりです。中国人の方の書き込みもあるようですし。

>多くの日本人はなぜ盲目的にアメリカを信用している
主観。

コウタロウさんという方は何をもって盲目的としているんでしょうか。レスをした方の通り、全くの主観でしかありませんね。

>日本人のアメリカ崇拝
敗戦国は戦勝国に対して弱い立場。
しかしオタワ条約、ローマ規定、CTBT、京都議定書でのアメリカの単独行動主義にうんざり。

これもレスを挙げた方同様、もう一度、戦後どういうことがあって現在進行形で何が起きているのか、コウタロウさん自身で確認された方が良いです。

>中国はもとより韓国、東南アジア諸国との連携を強め、
>米国・欧洲とも対等に対峙できるアジア協調体制
人、それを大東亜共栄圏と呼ぶ。それは冗談だとしても、アジアをEUと同じような共同体にするのは無理。

これはレスを挙げた人へのレスになってしまいますが、EUと同じような共同体にする必要はありませんよね。国家のグローバル戦略的見地からすれば、東アジア域内における多面的な貿易協定は今後ますます必要になると思います。そういう意味でもアジア通貨危機の際の「Asian Monetary Fund」という日本から出された発想は(結果的にIMFと中国に潰されましたが)正しいと思います。アジアの協調体制は作る必要性を感じません。パートナーシップでいいです。

>30年前の中国を、米日欧などが知りません、あれは知りたくもないです。でも、今になってまだまだ知りませんが、とにかく知りたいになるわけです。

と 遺憾なことだ さんが述べてますけど、欧米は知ってますよ。ちなみに1970年当時の欧米ビジネスのケーススタディの本(※注)がアメリカにあります。その本の中に文革の表現の一つに、
"massacre at Tiananmen" とあります。
Massacreとは民族浄化の時に使われるGenocideと同等の言葉です。欧米人は大安門での出来事をそう捉えています。

この本の中に面白い一節がありました。
何でも中国の古い諺だそうです。

Tong Chuang yi meng.
意味は、
Same bed, different dreams.

今の中国をこの諺がよても良く体言しているように思えてなりません。

(※注)
Jim Mann, "Beijing Jeep" A Case Study of Western Business in China: Western View Press, 1997.
Posted by 米国留学生 at 2006年03月03日 01:48
> 遺憾なことだ

すぐ上下関係を勝手決めて悦に入るのが中国人だね。あんたインド人やブラジル人に失礼だね。
中国人以上の幸せ?ハァ?中国人より不幸な奴らが他にいるのかよ?北朝鮮人くらいのもんだろw日本にいるのなら、周囲をよく見てみろよ。日本に住むインド人やブラジル人は、お前ら中国人と
比べてどうだ?マナーが悪いか?騒ぐか?非を認めないか?
おっと、周りなんか見えないお前ら中国人に客観性を求めるなんて、俺もどうかしてるなw
Posted by at 2006年03月03日 02:20
同床異夢。

西欧的には、

愛し合っていれば狭いベッドの上でも、相手のスペースに気遣う余裕があるが、
いったん嫌いになったら、王侯の寝所のスペースがあっても相手が邪魔に感じる。
Posted by 木綿 at 2006年03月03日 14:27
>愛のプロキシ様は淡々と骨や写真や「家族殺しの警察官」の資料やとまったく他人のことを喋っているような発言をしていました

いいえ。決して他人事ではなく、現在、私と母国に向けられている核ミサイルの問題として、申し上げました。
> at 2006年02月24日 03:46
It must never be someone else's problem. I told it as a present danger by nuclear missiles aiming at me and my mother country.

「家族殺し」domestic killer は、国内殺戮(文化大革命・天安門事件・少数民族弾圧)のこと。
「警察官」は、常任理事国のことです。
「家族を殺してきた警察官」が今、核ミサイルを私と母国に向けています。
その警察官は、自分の家族を多く殺してきたことについて、子供に教えない。子供は語らない。
The policeman has not taught his murders to his children, and they don't talk it.

写真や骨の山は、日本人の罪悪の証拠として、子供の頃から日本人と世界に見せられ続け、日本人の心に傷を植えてきたものです。
China has been showing Japanese and the world piles of the photographs and the bones, as evidences of Japanese guilty, and cutting hearts of Japanese since their childhoods.
けっして他人事ではない。日本人だって、我慢して傷付くことを承知で、見続けてきた。あなたが、あの写真を確かめもせず信じ続けてきたように、日本人も信じ続けてきました。
It must never be someone else's problem. Knowingly enduring being cut, Japanese have been gazing at those. Japanese have believed the photos, as the same as you have believed WITHOUT IDENTIFICATION of them.
騙された日本人の傷を、あなたは解っていない。
You don't know the trauma of Japanese whom China has deceived.


>お祖父さんが健在すれば、あの日本軍兵士の替わり、愛のプロキシ様を軍刺の味を体験してもらいたいです。貴方は良心がどこにいますか?人間失格です!!

私は、人間の良心に掛けて書きました。

「被害者の痛みを思いやらねば」との言葉が、全ての誤りの元凶でした。申し上げるのは辛いことですが。
"We must care for the trauma of victims." This phrase has been a source of all the mistakes. Although it pains us to say that.
> Posted by ポン太君 at 2006年02月27日 15:24

>中国に来て、アメリカの第3者の弁護士の元に、あの歴史の真実を教えます。

弁護士は、現地の法律に従う雇われた喧嘩屋で、中立ではありません。今は、学者に資料の有効な遺し方を相談する時期だと思います。
Lawyers are only hired fighters following the local laws, that's NOT NEUTRAL. It should be still the time to consult some historians how to hand your memories down meaningfully.

>歴史の基本のところまでの否定派ですね。

基本を否定しているのは、中国です。まず中国が、学問の自由を確立するしか道は無いです。
It's China to denied base. First in China, the only way is to establish academic freedom.
Posted by Proxy at 2006年03月05日 21:29
私たちは祖先が大変な犯罪を犯してきたと、周りに言われ、教科書の残酷な写真を見て育ってきました。
何一つ誇ることは不可能でした。
技術があっても、経済支援をしても。
祖先を、祖国を愛せないということは、自分の家族すら愛せないと同義です。
無知だと中国人も韓国人も言いますが、辛い記録を見続けて目を背けたことを無知だと責められるのです。
責め続ける隣人を冷酷だと思うのは悪いことですか?

いまだに日本を愛してるというだけで、私たちは罪悪感に駆られるのです。
Posted by いち日本人 at 2006年03月12日 19:51
一応。

「いち日本人」と名乗っておきながら「私たち」などと勝手に誰かを代表しないように。「日本の教科書」には残虐な写真など載っていないが、どこの教科書を読んだのかな。
Posted by りえたん at 2006年03月12日 20:43
これまでのやりとりを興味深く拝見した。

日本人と中国人の体制とメンタリティの差は、断絶と言っても良い。
中国人の特性を理解して日本人が変わらないと、日中はもう一度戦争になるだろう。

もし日本が勝てば、日本の70年前の経験を、中国が遅れて経験する結末に終わる。
そして、日本が60年間受けた仕打ちを、中国はその身で体験することになる。

もし中国が勝てば、日本は中華帝国に飲み込まれ、歴史から姿を消すだろう。
アメリカは太平洋から撤退し、パクス・アメリカーナの終焉になるだろう。

生きるか死ぬか。選択肢は2つ。

生き残る道は、日本が経済大国だけではなく、政治大国、軍事大国になること。
日本にこれが出来るだろうか?
私は心配だ。
Posted by id666 at 2006年03月13日 01:31
id666 へ
>生きるか死ぬか。選択肢は2つ
生き残る道は、日本が経済大国だけではなく、政治大国、軍事大国になること。
日本にこれが出来るだろうか?
私は心配だ。

なぜこんな心配が必要となるんですか?

>もし中国が勝てば、日本は中華帝国に飲み込まれ、歴史から姿を消すだろう。

なぜ飲み込まれると思うですか?

中国の外交戦略の”和平共処五項原則”ということは
ご存知でしょうか?

>日本人と中国人の体制とメンタリティの差は、断絶と言っても良い。

確かに、中国人と日本人は違うところが多いが、アジア人としている共通点もあります。何千年後世界の人々が同じ考え、国がなくなる可能性があるかもしれませんが、現在の時点では、その違いを認め、お互いに尊重して和平共処することが大事でしょう。中国人はアジアを統一する考えがありません。しかし、一部の日本人はアジアを統一する野望はいまだに持っているでしょう?私の日本人の友達にもその考えを持っています。なぜこんな考え方をする日本人がいるというのは、やっぱり反中記事、反中の本、戦争を厳しく反省しない教科書のせいではないでしょうか?


Posted by mirai at 2006年03月18日 00:00
>>mirai
>>なぜこんな心配が必要となるんですか?

 日本人がチベット人やウイグル人のような扱いをされる可能性があるから。

>>なぜ飲み込まれると思うですか?

 チベットとウイグルという例を知っているから。
 台湾に対して「武力行使を辞さない」という中国の態度を知っているから。

>>中国の外交戦略の”和平共処五項原則”ということは
>>ご存知でしょうか?

 「和平共処五項原則」を信用できない。信用できない理由は以下の通り。
 
 1. なぜ中国の原子力潜水艦が、日本の領海を侵犯したのか?
 2. なぜ中国は核ミサイルを日本に向けるのか? 日本は核ミサイルを
  一基たりとも保有していない。
 3. 日本は60年間一度も他国兵士を戦死させていない。なぜ中国は
  「和平共処五項原則」があるのに、戦争を繰り返しているのか?
 4. 中国の軍事費が不透明である。

>>中国人はアジアを統一する考えがありません

 信用できない。理由は前述の通り。

>>一部の日本人はアジアを統一する野望はいまだに持っているでしょう

「一部の日本人」ならば、貴方は心配する必要はない。
日本は民主国家だから「一部の日本人の意見」は採用されないだろう。

また、日本は「一部の日本人の意見」を許容する。日本には貴方の国と違って、
以下の5点が厳しく守られている。

 1. 思想及び良心の自由
 2. 信教の自由
 3. 集会、結社及び言論の自由
 4. 出版その他一切の表現の自由
 5. 検閲の禁止及び、通信の秘密
Posted by id666 at 2006年03月18日 13:25
id666 へ
>日本人がチベット人やウイグル人のような扱いをされる可能性があるから。

中国軍は日本の領土に来たことがない、日本軍は中国の領土で、アジアの多い国々の領土で、その国の人民の許可なしで人を殺していました。いまもその指導者も犯罪者を参拝しています。

チベットもウイグルも台湾も中国の一部であって、チベット人もウイグル人もすべて中国人であり、なぜ日本人が他国の領土をそんな関心を持っていますか?私は疑問を持っています。

>1. なぜ中国の原子力潜水艦が、日本の領海を侵犯したのか?
故意である証拠はありますか?アメリカの軍事偵察機や日本の偵察機も中国の領空を侵犯したこともあるでしょう?これは中国の誤りでありますが、外交上でも謝りましたので、これ以上議論する必要がないと思います?


> 2. なぜ中国は核ミサイルを日本に向けるのか? 日本は核ミサイルを一基たりとも保有していない。
核ミサイルは日本に向いている証拠は?日本は核を持ってないが、馬鹿でもわかります、作りたければすぐ作れます。それに軍事力、軍事費も世界の2位か3位ぐらいでしょう?日本は敵がないのに、敵を作って、どういう目的でしょう?朝鮮は日本の敵になれる?


> 3. 日本は60年間一度も他国兵士を戦死させていない。なぜ中国は
  「和平共処五項原則」があるのに、戦争を繰り返しているのか?

中国が他国を侵略した例を出してください。またチベットやモンゴルを言いたいですか?

>4. 中国の軍事費が不透明である。
不透明である証拠は?私は自分の目で見なければ、そんな話は信じません。逆に、日本の軍事費はどのぐらい透明度があるのも私も知りたいところです。

>「一部の日本人」ならば、貴方は心配する必要はない。
>日本は民主国家だから「一部の日本人の意見」は採用されないだろう。

しかし、メディアや教科書によって、その一部の日本人が多くなって来た時に、状況も変わる可能性もあるでしょう。世界一の民主主義のアメリカでもイラク人民にサダムより悪いことをしていたではないでしょうか?

>1. 思想及び良心の自由
>2. 信教の自由
>3. 集会、結社及び言論の自由
>4. 出版その他一切の表現の自由
>5. 検閲の禁止及び、通信の秘密

自由や人権は確かに現代社会の基本であると思います。中国も
>1. 思想及び良心の自由
あります。(しかし、国家を転覆しようとする行動は有罪)
>2. 信教の自由
あります。(共産党員は無神論者だから、信教
したければ、党を脱退する必要があります)
>3. 集会、結社及び言論の自由
中国の現在の国情により、ある程度自由がありますが、限定されています。改善されるべき、改善するだろうと信じています。
>5. 検閲の禁止及び、通信の秘密
日本でも、アメリカでも、完全にできないでしょう?しかし、中国のインターネット上の規制は私も賛成できません。しかし、インターネット上の規制は技術上難しいと思いますし。将来もかわるだろうと信じています。



Posted by mirai at 2006年03月18日 21:58
>>中国軍は日本の領土に来たことがない、日本軍は中国の領土で、アジアの多い国々の領土で、その国の人民の許可なしで人を殺していました。いまもその指導者も犯罪者を参拝しています。

 「また60年前の事か。聞き飽きた」これが正直な私の感想です。
ならば、800年ほど前に起きた、文永・弘安の役はどう説明しますか?
あなた方の先祖は日本侵略を企てたことがありますよ。
800年前の侵略について、貴方は謝罪できますか?

さらに中国人が批判するのは日本だけ。日本を批判するのならば、なぜアメリカや
イギリスにドイツなどの、中国を支配した他の先進国も批判しないですか?

あなた方中国人は強烈な欧米コンプレックスを持っているとしか思えません。
もしくは日本にのみ、何らかの理由で敵意や害意を持っているか。
このどちらかです。

>>チベットもウイグルも台湾も中国の一部であって、チベット人もウイグル人もすべて中国人であり、なぜ日本人が他国の領土をそんな関心を持っていますか?

 独立国家であったチベットに中国共産党が侵略を行ったのは事実。
ベトナムにもそういえば「懲罰」として軍隊を派遣しましたね。
今後日本に「懲罰のため、軍隊を派遣する」可能性は否定できません。
台湾もあなた方は未だかつて統治したことはない。
なのに、貴方は中国の一部と主張する。私は貴方と貴方の国が恐ろしい。

>>故意である証拠はありますか?アメリカの軍事偵察機や日本の偵察機も中国の領空を侵犯したこともあるでしょう?

さて、日本の偵察機が中国に行った事は記録されていません。いつのことですか?
外交上謝罪しても、領海侵犯の事実は残りますね。そもそも潜水艦を出さなければ
誤りなんて起こりえないのに。

>核ミサイルは日本に向いている証拠は?

 では何故中国は「核の先制不使用」を主張しているのですか?
で、貴方の国の人々が良くこういいます。「日本に原爆を落としてやれ」と。
それとも彼らの発言は全て嘘で、中国は核を保有していないのですか?
それにしては随分と壮大な嘘ですね。

>>それに軍事力、軍事費も世界の2位か3位ぐらいでしょう?

 貴方の国と一緒にされては困ります。日本の軍事費の半分以上が兵士に払う
「人件費」です。日本は世界有数の物価の高い国である事を忘れないでください。
さらに、日本は他国を攻めるための装備を持っていません

>>中国が他国を侵略した例を出してください。またチベットやモンゴルを言いたいですか?

 先に示したように。800年前に、日本を侵略しようとしましたね。
うまく撃退できましたけれど。あと朝鮮戦争時にも、なぜか中国共産党軍が
朝鮮半島にいましたね。ベトナムとも、なぜか中国共産党軍は戦っています。
本当不思議ですね。これがベトナムに対する「懲罰」ならば、日本軍の行いは
中国に対する「懲罰」です。日本は何も悪くありません。

>しかし、メディアや教科書によって、その一部の日本人が多くなって来た時に、状況も変わる可能性もあるでしょう。

 それは日本人の選択です。他国人の貴方が口を出すことではありません。
Posted by at 2006年03月18日 23:44
>「また60年前の事か。聞き飽きた」これが正直な私の感想です。
ならば、800年ほど前に起きた、文永・弘安の役はどう説明しますか?

この反論は2700年以降で出してください。あなたのお爺さんの時代の日本の罪を800年前のことで消せますか?こんな反論を出している「聞き飽きた」日本人はやっぱり60年前の日本の罪が認めていないですね?
正直にいうと、私もこういう反論を言いたくない、しかし、南京大虐殺を否定する人間はいる限り、私は言わなければなりません。


>さらに中国人が批判するのは日本だけ。日本を批判するのならば、なぜアメリカや
イギリスにドイツなどの、中国を支配した他の先進国も批判しないですか

これも私もよく日本人の友達から聞いてる反論です。確かにアヘン戦争など、中国は世界列強に支配された時期があります。それはすべて教科書で子供に教えています。問題は、日本だけ罪が認めない人間がたくさんいって、国のトップが戦犯を参拝しています。このトップの発言はもし戦犯のいないところでおこなえば、私はその発言を尊重、支持します。しかし、戦犯のいるところで、
偽善であることは私の目でみればはっきりです。

>独立国家であったチベットに中国共産党が侵略を行ったのは事実。

チベットは過去でも、現在でも中国の一部であることこそが事実です。

>ベトナムにもそういえば「懲罰」

インドもベトナムは境界線問題で中国と戦争がありましたが、いずれにしても中国が勝ちました、しかし、勝った中国はインドからベトナムから軍を撤退し、現在では関係の改善、境界線の協議を進んでいます。台湾もアメリカ、日本の介入により複雑になっていますが、将来は台湾と平和で統一になるだろう、あなたたち日本人は”平和統一”を見たくないですか?

>さて、日本の偵察機が中国に行った事は記録されていません。いつのことですか?
http://www.cn.emb-japan.go.jp/jp/mediaj/media050726.htm
6月23日、中川昭一日本経済産業大臣は海上保安庁のヘリコプターに乗って、中国浙江省寧波市東南から約350km離れた「春暁石油ガス田」の上空で、中国側は日本の東シナ海海域の利益を「犯す」かどうか、及び中国はどのような施設と船を使い海上ガス田開発を実施していることを確認した。

「春暁石油ガス田」の上空は中国の領空でしょう??

中国は日本のような軍事技術はありません、それに日本に対しては政府の態度も弱いと言われています。そういうような故意で領空侵犯は日本政府に抗議すべきでした!

また、核について、私は聞きたいのは、中国の核も日本に”向いて”ますか?という質問です。中国の核もアメリカの核と違って、自衛のための核です。どの国にも向いていません。

>日本の軍事費の半分以上が兵士に払う
「人件費」です

簡単に試算してみました、
中国の兵員数は日本の十倍として、日本の平均給料は中国より大体十倍として、「人件費」は同じぐらいでしょう?
それに、中国の50年間の軍事費総額と日本の50年間軍事費総額を誰か足して計算したことがありますか?発展の遅れた軍事技術など早く発展させないと自衛ができなくなると思いませんか?

軍事費の半分以上は「人件費」という宣伝戦略は、ごまかしだけではないでしょうか?

http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/jbudget2006.htm

>それは日本人の選択です。他国人の貴方が口を出すことではありません

民主主義はすぱらしいです。しかし自国の民主主義も国際ルールや、他国を尊重しなければなりません。
Posted by at 2006年03月19日 12:05
>>「聞き飽きた」日本人はやっぱり60年前の日本の罪が認めていないですね?

 えぇ、正直「私は」認めていません。貴方は不快でしょうが、日本には日本の
立場があります。日本は欧米の後を追ってをして植民地獲得競争を始めました。
当時は「それが正義」だったのです。生き残るための選択だったのです。
先の大戦は、日本は欧米の後を追い。そして、欧米に負けたのです。
苦渋の決断をした先祖を、私は否定したくありません。

かわいそうですが、貴方の国は列強の狩り場になっただけです。
なぜ日本のように早くに軍備を整えなかったのですか?
なぜ日本のように文明開化が出来なかったのですか?
なぜ欧米の侵略を防げなかったのですか?

日本が中国を「侵略」する以前に、欧米列強は中国を侵略していました。
それを見て、日本は大人しくしてはいられません。敵である欧米列強が
隣に来るのですから、少しでも欧米列強を追い払いたいでしょう。

そして、日本は中国を「侵略」しました。生き残るために。

>>正直にいうと、私もこういう反論を言いたくない、しかし、南京大虐殺を否定する人間はいる限り、私は言わなければなりません。

……思うのですが。よく中国人は少数の日本軍に3000万人(中国側主張)も
殺されましたね。それが事実だとしたら、きっと当時の中国人はひどく臆病で
腰抜けだったのでしょう。黙って「3000万人」も殺されたのですから。
これでは生き残れないでしょうね。

そして、3000万人も殺せる日本が負けたのは、史上最大のミステリーです。
日本がなぜ負けたか、そのメカニズムを提示してください。

>日本だけ罪が認めない人間がたくさんいって、国のトップが戦犯を参拝しています

 日本国内的では戦犯は存在しません。全て名誉回復が行われました。
しかし、ポツダム宣言およびサンフランシスコ平和条約を受け入れるために、
政治的に「戦犯」を認めただけです。さらに、だれが「戦犯」を決めたのですか?
少なくとも中国共産党ではありません。あなた方に指図されるいわれはありません。

日本政府は中国人に対して謝罪しました。
この謝罪は中国人を侮蔑し、愚弄する物です。

日本には日本の立場があります。それを無理矢理ねじ曲げて謝罪したのです。
そして、本音は至る所から見えてきます。
あなた方中国人が不信感をぬぐえないわけです。
安易に謝罪したのは失敗でした。

>独立国家であったチベットに中国共産党が侵略を行ったのは事実。
チベットは過去でも、現在でも中国の一部であることこそが事実です。

 過去とは一体いつの頃ですか?

>ベトナムにもそういえば「懲罰」
インドもベトナムは境界線問題で中国と戦争がありましたが、いずれにしても中国が勝ちました、

 ……勝利していませんよ。大損害を出して撤退しました。何か勘違いしていませんか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B6%8A%E6%88%A6%E4%BA%89

折角日本語が出来るのですから、もっといろいろなこと知りましょうよ。
脳みそは生きているうちに使う物です。もし貴方が本物の中国人で、
貴方の知識が中国では一般的ならば、中国は長くはありません。
いずれ、その力を過信し、その力を外に向けるでしょう。
そうならないことを祈ります。

>>「春暁石油ガス田」の上空は中国の領空でしょう??

 領空 と EEZ は違います。
さらに、国際的にも、その場所が中国領空とは認められていません。

# 貴方本気で言っているのですか?

>中国の核も日本に”向いて”ますか?という質問です。中国の核もアメリカの核と違って、自衛のための核です。どの国にも向いていません。

 どこにも向いてないミサイルですか。自爆にしか使えませんね。
軍事的な知識「も」不足しているようですね。

>>簡単に試算してみました、
>>中国の兵員数は日本の十倍として、日本の平均給料は中国より大体十倍として、「人件費」は同じぐらいでしょう?

 ……平均給料の格差が10倍ですむと思っているのですか?
この時点でアウトです。

# だめだこりゃ
Posted by at 2006年03月19日 18:41
>>インドもベトナムは境界線問題で中国と戦争がありましたが、いずれにしても中国が勝ちました、

 つまり、中国は境界線問題で軍事力を積極的に行使する危険な国家…と。

日本も、もっと軍事力を備える必要がありますね。
やはり中国は危険と判断せざるを得ません。
Posted by at 2006年03月19日 19:56

>領空 と EEZ は違います。
私の勉強不足でした、領空は12カイリ、EEZは200海里っていうことですね。ところで、日本の偵察機は中国のEEZ上空で何をするつもりですか?

>……平均給料の格差が10倍ですむと思っているのですか?

7年間日本にいる私は日本の平均給料は知っています、中国の軍人の給料は中国人である私はあなたより詳しいと思います。

>日本政府は中国人に対して謝罪しました。
この謝罪は中国人を侮蔑し、愚弄する物です。

こんな低レベルの話は、日本人の恥と思います。あなたとこれ以上に話をする価値がありません。

Posted by mirai at 2006年03月19日 22:04
>つまり、中国は境界線問題で軍事力を積極的に行使する危険な国家…と。

どちらも外国のほうが先に一方的に境界線を超えたことによる自衛のためだった。それにアメリカと違って、戦争後もすべて外国の土地から撤退してあります。どこが危険ですか?


Posted by mirai at 2006年03月19日 23:22
>>どちらも外国のほうが先に一方的に境界線を超えたことによる自衛のためだった

中越戦争は、中国がベトナムに越境して始まったと記録に残っています。
そして戦争になりました。この認識は間違っていませんか?

侵略とは、ある国が武力を行使して他国の主権を侵害する事を言います。
この定義からすると、ベトナムに越境してベトナム軍と戦闘になった人民解放軍は
侵略を行ったことになります。miraiさんは、この論理を承認しますか?

そこで、miraiさんは、戦争になったけれど中国は撤退したから、中国は
危険ではないとおっしゃるのですね?

ここで、miraiさんの論理で立場を逆にしてみます。
「日本の自衛隊が中国を侵略しました。しかし自衛隊は中国の軍事基地を
破壊して目的を達成すると、すぐに撤退しました。」

miraiさんは、この軍事行動から、日本は危険な国と考えますか?
Posted by 2006年03月19日 19:56の人 at 2006年03月20日 01:16
>中越戦争は、中国がベトナムに越境して始まったと記録に残っています。
そして戦争になりました。この認識は間違っていませんか?

この戦争の背景は皆さんどのぐらいご存知でしょうか?

1974年から中国とアメリカの関係改善により、アメリカと戦争中のベトナムが反中親ソ連になり、その時期も、中国とソ連との関係も悪くなっていた時期であり、中国から大量の支援をもらったベトナムは、ベトナムにいる華僑を追放したり、中国との境界塀を壊したり、境界線にいる中国の民衆を殺したり、南海の中国の領土である島を一方的に占拠しったり、ソ連の支持により中国に対して挑発的な行動などが背景に、さらに、1978年ベトナムがカンボジアに侵攻して、中国の出兵は、自国の尊厳を守り、カンボジアを助け、正義だった出兵だと思います。確かに現実上にはベトナムの領土での戦争だったが、中国は土地を奪う、略奪などの目的ではありません。大量の犠牲から守られるのは、自国の尊厳だけです。

現在も将来も中国人は中国の尊厳を守り続けます。

戦争は決していいものではありません。世界をもっと文明に、国もほかの国を尊重すれば、戦争がなくなるはず。

ご参考までに、新中国外交の五十年
http://kyoto.cool.ne.jp/jiangbo/china/inter/inter021.htm
Posted by mirai at 2006年03月20日 21:09
>>確かに現実上にはベトナムの領土での戦争だったが
(中略)
>>現在も将来も中国人は中国の尊厳を守り続けます。

ですから、この時点で侵略ですよね?
私の侵略の定義は、miraiさんも承認したと考えます。
この結果、miraiさんは中越戦争は中国の侵略であると承認したことになります。

miraiさんは、中国人という立場から正義という言葉を使います。
ところが、ベトナム人の正義という立場から見れば、中国は悪です。
miraiさんは、後にこのように述べています。

>>世界をもっと文明に、国もほかの国を尊重すれば、戦争がなくなるはず。

では、なぜmiraiさんはベトナムを尊重しないのですか?
ベトナムはベトナムの立場や正義があったはずです。

さらに、私はmiraiさんに、

>>そこで、miraiさんは、戦争になったけれど中国は撤退したから、中国は
>>危険ではないとおっしゃるのですね?
>>「日本の自衛隊が中国を侵略しました。しかし自衛隊は中国の軍事基地を
>>破壊して目的を達成すると、すぐに撤退しました。」
>>miraiさんは、この軍事行動から、日本は危険な国と考えますか?

という問いかけをしました。これに対してmiraさんは何の返答もしていません。
実は、私はmiraiさんが答えにくいであろう質問をわざとしました。

まず、日本は危険な国と回答すると、中国も危険な国という結論が出てしまいます。
逆に、日本は危険な国ではないと回答すると、かつて中国に対して侵略を行った
大日本帝国は危険な国ではないという結論になります。
たくさんの人々を殺したはずの大日本帝国は、危険な国では無くなってしまいます。

大日本帝国は危険な国ではないという事実をmiraiさんは受け入れますか?
それとも、中国は危険な国という事実を受け入れますか?

簡単な論理の帰結による、二者択一です。
miraiさんの返答をお待ちしています。
Posted by 2006年03月19日 19:56の人 at 2006年03月21日 01:03
返答は簡単ですよ

"人不犯我、我不犯人"

――人が自分を侵さなければ(攻撃しなければ)、自分も人を侵さない(攻撃しない)

「對越自衛反撃戦」という戦争であり、一方的な侵略戦争ではありません。

中国軍は自国の領土、人民を保護しないで、そのまま華僑、境界線の平民だちがベトナムにやられるのはあなたが正しいと思う?

>>「日本の自衛隊が中国を侵略しました。しかし自衛隊は中国の軍事基地を
>>破壊して目的を達成すると、すぐに撤退しました。」
>>miraiさんは、この軍事行動から、日本は危険な国と考えますか?

日本の自衛隊が中国を侵略しましたという行動の前提によるものです。

簡単にいえば、中国軍が先に東京に潜入し日本人を殺したり、日本に向けてミサイル発射したりしたことが前提であれば、これは日本の自衛反撃であり、正義であります。

中国も危険な国ではありません。正直にいうと、日本も危険な国とは思っていません。
しかし、靖国問題や、教科書問題、歴史認識問題などは両国の国民の間に壁を作り、そのまま発展していくと、どうなるのも私の想像ではつきません。
Posted by mirai at 2006年03月21日 02:15
>>――人が自分を侵さなければ(攻撃しなければ)、自分も人を侵さない(攻撃しない)
>>「對越自衛反撃戦」という戦争であり、一方的な侵略戦争ではありません。

 つまり、自衛のためならmiraiさんは侵略を肯定するでよろしいですね?
では、もし自国が主張する領土と他国が主張する領土が、重なった場合、
miraiさんは、侵略を肯定するということでよろしいですね?

通常一般の考えでは、侵略される国民からすると、自国のみの論理で国連総会などに
かけることなく、「自衛のため」他国を侵略するこのような国は危険きわまりないと
受け取ります。突如侵略を始めたイラクが良い例です。

ところが、miraiさんは中国は危険ではないと主張します。
ということは、大日本帝国は危険ではありません。

なぜ中国は危険ではなく、大日本帝国は危険だとして批判されたのですか?
両者の行動の本質は同じなのに、なぜ大日本帝国のみを批判するのですか?

miraiさんの論理は
「自分は他人を殴っても良いが、他人から殴られるのは我慢できない」と同等です。
>>世界をもっと文明に、国もほかの国を尊重すれば、戦争がなくなるはず。
という主張は嘘ですか?

>>中国軍は自国の領土、人民を保護しないで、そのまま華僑、境界線の平民だちがベトナ>>ムにやられるのはあなたが正しいと思う?

 miraiさんは、この時点で旧日本軍の中国への侵略をご自分で正当化していることに
お気づきですか? 日本軍は日本人居留民の保護を大義名分として、大陸を侵略しました。
この大義名分は、他の欧米列強諸国も同じです。

>>簡単にいえば、中国軍が先に東京に潜入し日本人を殺したり、(後略)

 日本の立場からすれば、日中境界線の微妙な地域のガス田を採掘することは、
一種の先制攻撃になります。もし、日本が採掘をして、中国が軍艦などで妨害し、
さらに船が沈められたら、日本は中国に対して侵略することは善になります。

この論理は正しいですか? 私はmiraiさんのおっしゃった論理に当てはめただけです。

以上、3点に対してご返答をお待ちしています。
Posted by 2006年03月19日 19:56の人 at 2006年03月21日 09:49
この戦争の背景は皆さんどのぐらいご存知でしょうか?

1974年から中国とアメリカの関係改善により、アメリカと戦争中のベトナムが反中親ソ連になり、その時期も、中国とソ連との関係も悪くなっていた時期であり、中国から大量の支援をもらったベトナムは、ベトナムにいる華僑を追放したり、中国との境界塀を壊したり、境界線にいる中国の民衆を殺したり、南海の中国の領土である島を一方的に占拠しったり、ソ連の支持により中国に対して挑発的な行動などが背景に、さらに、1978年ベトナムがカンボジアに侵攻して、中国の出兵は、自国の尊厳を守り、カンボジアを助け、正義だった出兵だと思います。確かに現実上にはベトナムの領土での戦争だったが、中国は土地を奪う、略奪などの目的ではありません。大量の犠牲から守られるのは、自国の尊厳だけです。

そんときのカンボジアの支配者はかの「ポルポト」だろ?メコンデルタに先にちょっかいだしたのはどこの勢力じゃ。きれいごというな。
Posted by 木綿 at 2006年03月22日 12:07
>>世界をもっと文明に、国もほかの国を尊重すれば、戦争がなくなるはず。
という主張は嘘ですか?

嘘ではありません。自分が殴られ、自分を守るために、他人を殴っても良いと思います。

>日本軍は日本人居留民の保護を大義名分として、大陸を侵略しました。
この大義名分は、他の欧米列強諸国も同じです。

当時の戦争の目的はいろいろな説があると思いますが、日本人居留民の保護は目的ではありません。

>日本の立場からすれば、日中境界線の微妙な地域のガス田を採掘することは、
一種の先制攻撃になります。もし、日本が採掘をして、中国が軍艦などで妨害し、
さらに船が沈められたら、日本は中国に対して侵略することは善になります。


1.日本側が主張する日中中間線の中国側で開発しています。

2.境界内どのぐらい離れていればいいという国際ルールがないが、日本の国内法では鉱区の境界から百メートル離れていればいいとしています。



Posted by mirai at 2006年03月23日 00:16
日本に7年も住んでいる人が、こんな言い方で弁解するとは、とても悲しく不安です。

at 2006年03月18日 21:58
>チベットもウイグルも台湾も中国の一部であって、チベット人もウイグル人もすべて中国人であり、なぜ日本人が他国の領土をそんな関心を持っていますか?私は疑問を持っています。

では、あなたが言うとおりに仮定して話を進めます。
チベットやウルグイが中国固有の領土であり、紛争は文革同様に内乱であって、国家間の戦争ではない、と仮定します。

あなたの隣に大家族が住んでいて、その大家族が家の子供や養子を多く虐待・殺しているのに、あなたは無関心で何もしないんでしょうか? それとも、あなたが大家族の一員だから、とぼけているんでしょうか?

自国民の命を粗末にする者は、近隣外国人の命を尊重できません。

あなたが、人権を大事に思っているかどうか、はっきり答えて頂きます。お答が無い場合、そのようなことと解釈します。
Posted by プロキシ at 2006年03月24日 17:40
 仕事の関係で,毎日このサイトに来ていませんが,この長いスレのコメントは全部見ていました.
 ところで,ほかの記事のコメントで以下のような発言を見たわけで,これに対してなにか言わなければなりません.
------------------------------------
久しぶりの書き込みだけど、miraiさんは、
http://hannichi.seesaa.net/article/13628590.html
こっちに興味が有るでしょう?
ひとり中国人が、苦しい日本語で一生懸命書いて、日本人たちから罵倒を浴びているけど、あなたは弁護して上げてないみたいですね。日本人の意見に賛成だったんですか?
Posted by 愛のプロキシ at 2006年03月13日 16:43
-----------------------------------

 ネットでの口論には勝負者がありません.このスレのお互いの発言だけをみれば,やはり自分の都合のよい点について反論して,スレが長くなるほど関わった話
題が増やすだけで言い切れません.このスレの最後のコメントは誰だのは重要でありません.反論はいつまでも続けられますが,ただ時間を食うだけです.
 
私は言いたいことがここに一度まとまります.
@このサイトで訳した記事に対して,中国のマスコミの反日傾向は否認できません.私も文句言いたいくらいです.しかし,プロック主は訳文後の自らのコメントも客観性が欠け,”お約束”の通りすべて中国側が悪い,反日記事以上に反中です.もうちょっど両面的に分析すべきではないかと思っています.

A日中関係はいま確かによくないですが,このままでは行けません.今年頭の「論座」で“若宮・渡辺対談”の文章を参考にすれば,問題の解決策は見つけると思います.みなさんここで書いている日本語は漢字とカタカナですので,この点だけみれば日中は仲良くしてください.

B土台となる基本的な問題について油断できません.
>日本政府は中国人に対して謝罪しました。
>この謝罪は中国人を侮蔑し、愚弄する物です。
この発言は最低でした.決して許しません.
日本のみなさんはよく“いままで謝ったのに,なぜ中韓は60年前のことまだ言い続けているのか”とおしゃているが,これは原因でした.中韓はなぜ日本の指導者だけが参拝しないことを求めているのか?以上のような人を増やさないようにほしいからです.日本はこれまでの60年の平和の歩みは世界に勿論中韓に認められていますが,以上のような人が増やせば日本の不幸です.天皇陛下は四半世紀以上も靖国に参拝していないことを理解してほしいです.

Posted by 遺憾なことだ at 2006年03月24日 20:36
愛のプロキシに一言だけあります.
あなたは人間失格です.
以上.
Posted by 遺憾なことだ at 2006年03月24日 20:37
↑プロキシさん、太宰の人格ですよ。一種、誉め言葉では。
Posted by 木綿 at 2006年03月24日 23:24
>自国民の命を粗末にする、近隣外国人の命を尊重できません。

文革について、指導者の過ちにより、中国の国民に大変な苦難をもたらした。中国共産党は既にこの過ちを乗り越えました。経済の発展により、国民の教育レベルが高くなり、このような過ちも二度と発生しないと思います。

しかし、この前提からプロキシさんの結論まで推論できません。
私の感覚では、中国は外国人の命は自国民の命より大切していると思いますよ。よくないたとえですが、こちらの日本人の方がもし中国で悪いものに拉致されたら、同じような中国人が拉致されても、多分日本人の方が先に助けられるでしょう。



Posted by mirai at 2006年03月25日 01:56
>>miraiさん

 仕事のため、日があいてしまいました。
議論の拡散を防ぐために、ピンポイントで議論しましょう。

>>当時の戦争の目的はいろいろな説があると思いますが、日本人居留民の保護は目的ではありません。

 日本の国会の記録では少なくとも「日本人居留民の保護」を名目に
出兵しています。保護が目的ではないという根拠を提示してください。
田中奏上文は駄目ですよ。中国の研究者も偽書と判断していますので。

miraiさんが中国の侵略を正当化しようとすればするほど、日本の侵略を
正当化してしまいます。中国も日本もその侵略は本質的に同じです。

>>1.日本側が主張する日中中間線の中国側で開発しています。
>>2.境界内どのぐらい離れていればいいという国際ルールがないが、日本の国内法では鉱区の境界から百メートル離れていればいいとしています。

つまり、先制攻撃にはならないと主張しているわけですね。解りました。

日本側EEZを航行している日本の調査船に対して、中国側は日本の
調査船の周囲を航行するなどの妨害を行いました。
なぜこのような行為を行うのですか? 「尊重」するのではなかったのですか?

日本が「日本側海域」で採掘を始め、中国が軍事力による威嚇や、武力行使
をしてきたら、これは中国の侵略です。日本は中国に報復する正統な権利を
持ちます。miraiさんは、この論理を承認しますか?

以上、3点ご返答をお待ちしております。
Posted by 2006年03月19日 19:56の人 at 2006年03月25日 10:39
>>miraiさん

>中国は外国人の命は自国民の命より大切していると思いますよ。

人の命に序列があるのですか?

Posted by at 2006年03月25日 12:53
>日本の国会の記録では少なくとも「日本人居留民の保護」を名目に
出兵しています。

これは日本政府の公式見解ですか?中国の領土で「日本人居留民の保護」はまずおかしいではないでしょうか?戦争も中国全土、アジア諸国に広がり、侵略の目的以外はなんでしょうか?

>日本側EEZを航行している日本の調査船に対して、中国側は日本の
調査船の周囲を航行するなどの妨害を行いました。
なぜこのような行為を行うのですか? 「尊重」するのではなかったのですか?

日本側が、中間線以内でも中国側の上空を頻繁に偵察しているのは、先に「尊重」していないではないでしょうか?
日本が「日本側海域」で採掘を始めというのは、境界線未定のところで採掘すると、主権侵犯することになります。

>人の命に序列があるのですか?
ないと思います。
ここで例を出したのは、中国政府は外国人の命を尊重していることを説明したいだけです。


Posted by mirai at 2006年03月26日 23:00
>>miraiさん


>>人の命に序列があるのですか?
>ないと思います。
>ここで例を出したのは、中国政府は外国人の命を尊重していることを説明したいだけです。


なぜ、「外国人の命」とするのですか?
お国の人民は「人」ではないのですか?

あなたの意見は「中国政府」の見解と同じですか?
Posted by at 2006年03月27日 12:47
あなたのこどばは分かりません、何を反論したいですか?
Posted by mirai at 2006年03月28日 01:42
>>miraiさん

反論するつもりはありません。
意見を伺いたかったのです。

>>中国は外国人の命は自国民の命より大切していると思いますよ。

  miraiさんが認識する自国民の序列   A:外国人の命 > 自国民の命

>>ないと思います。

   miraiさんが認識するご自身の序列  B:外国人の命 = ご自身の命 

>>ここで例を出したのは、中国政府は外国人の命を尊重していることを説明
  したいだけです。

   miraiさんが認識する中国政府の序列  C:外国人の命 を大事にする

日ごろ、送られてくる中国政府のメッセージ
D:靖国参拝による人民の心の傷 > 日中の話し合い

つまり外国人を基準にすると序列は存在するように見えるのです。

1.靖国参拝で傷ついた心をもつ人民
2.日本との話合い
3.外国人の命 = miraiさんの命
4.miraiさんが認識する自国民(人民)の命

お国では、靖国参拝で傷ついた心をもつ人民が一番優先されるようです。
人民の生命・財産を守るのが政治であり、国家間の交渉を拒否しても状況は
進展しません。

>>あなたのこどばは分かりません、何を反論したいですか?

言葉が分からないとは思えません。
理解できているからこそのコメントだと受け取ります。
ありがとうございました。

Posted by at 2006年04月01日 10:52

あなたがなにを言いたいのが本当にわかりません。

私は「人の生まれてから平等であり、序列がない」と思います。

中国政府の場合は、現実上外国人の命はある程度本国民よりもっと保護されているのは事実であります。例えば、同じ外国人と中国人は拉致された事件では、外国人を救出する力がもっと入れることになるでしょう。

私の言っていることとあなたが言っている

>A:外国人の命 > 自国民の命
>B:外国人の命 = ご自身の命 
>C:外国人の命 を大事にする
>D:靖国参拝による人民の心の傷 > 日中の話し合い

ことと関係がありません。あなたが言いたいことは以下であれば

>お国では、靖国参拝で傷ついた心をもつ人民が一番優先されるようです。
人民の生命・財産を守るのが政治であり、国家間の交渉を拒否しても状況は
進展しません。

私は以下のように思っています。
あなたのお国の指導者は中国の国民の感情を無視して、友好国としてお話し合いの基礎がなくなっていました、結局指導者たちが会って何を話しますか??

日本の指導者は、大きな被害されて、賠償を放棄していた中国国民感情を尊重しなくて、中国国民の民意を無視して、指導者間の対話がどこに意味がありますか?

それに指導者が会わなくても、国家間の交渉は止まっていません。
Posted by mirai at 2006年04月04日 21:46
>それに指導者が会わなくても、国家間の交渉は止まっていません。
じゃあ、「胡錦濤も参拝止めたら会ってもいい」なんて言う必要は無いわけですよ。会う意味が無いんだから。

>あなたのお国の指導者は中国の国民の感情を無視して
中国人が日本人の感情を無視していることを棚に上げて、日本の指導者が一方的に悪いというような論調は感心しません。潜水艦、デモ、サッカー。もう忘れたんですか。
Posted by りえたん at 2006年04月06日 01:01
>あなたのお国の指導者は中国の国民の感情を無視して
サッカー、潜水艦で領土侵入、デモ。日本人の感情を無視し、日本側が一夫的に悪いかのような論調は賛成できません。在中の日本人に危害も加えられましたし、実害の無い神社の参拝とは違いますよ。
Posted by りえたん at 2006年04月06日 01:04
>>miraiさん

>あなたのお国の指導者は中国の国民の感情を無視して
あなたのお国では「指導者」が反日感情を煽っていますね。

人民の心の傷を癒すには、反人民虐待法を制定して、靖国参拝など「人民の心を傷つける輩」を厳罰をもって取り締まることをお勧めします。
また国交を断絶して日本の情報を人民から遮断すれば
効果倍増します。
そうすれば、数十年後には心の傷も癒えて冷静に国家間の交渉を再開できるようになりますよ。

日本(普通の国)では国家の代表は国民の代弁者であり、国民
を指導する「指導者」ではありません。
Posted by at 2006年04月06日 08:42
>じゃあ、「胡錦濤も参拝止めたら会ってもいい」なんて言う必要は無いわけですよ。会う意味が無いんだから。

簡単に私の意見をまとめます。

1.中国は反日感情を煽っていません。中国政府の首脳会談拒否は国民の意思であります。
中国の指導者も国民を指導する「指導者」ではありません。

2.デモ事件や、サッカーも、政府がそれを支持していません。それに、中国人のほとんども、暴力的なデモを反対しています。

3.「靖国参拝」は、日本国内でも反対の声が多いと思いますが、私は戦犯を分祀したほうがよいと思います。現状のままで、指導者としての「靖国参拝」は、日本と中国の国民間の感情が悪くなる実害がよぽど大きいです。


Posted by mirai at 2006年04月07日 14:02
1:選挙で選ばれたわけでもない人間がどうやって国民の意見を代表しているのかしら。アンケートでもとったの?

2:支持していない?公安は放任してたぞ。ニュース見なかったのか。ウイーン条約をもう1度読め。潜水艦による領海侵犯を無視すんな。

3:日本軍兵士を殺した革命烈士は日本人の感情を傷つけるので即刻その称号を取り消すように。内政干渉です。

http://news.xinhuanet.com/newscenter/2003-09/28/content_1105285.htm
こういうナメた発言が日本人の感情を逆なでするのです。
ウチの近くに中国人売春婦が大勢いるんだけど、ちゃんと教育してんの?
Posted by りえたん at 2006年04月07日 15:00
>中国は反日感情を煽っていません
3年前に羅剛というアホなラジオのパーソナリティーが自演して反日感情を煽ってましたましたよ。中国人に日本人を騙らせ、「支那人は嫌いだ」とか言わせてました。聞きたきゃmp3をプレゼントします。

http://www.people.com.cn/GB/guoji/14553/3075877.html
「A級戦犯の息子の秘書が中国人女性店員を殴って重傷」
見出しも低レベルで問題ですが、殴ったとされる秘書側の談話が全く無い一方的な記事ですね。結局後追い報道も無く事実関係がわからないまま見出しだけが一人歩きをしてしまう良い例です。

http://hk.news.yahoo.com/060217/12/1lc36.html
「右翼が中国人のイメージを醜悪に」
醜悪にしているのは度重なる中国人犯罪です。何人でも報道します。なんとかという在日中国人団体が滋賀大虐殺で殺された幼児2人に花を持ってきたのは1ヵ月後でしたが、再犯防止を徹底させるとは聞いていません。

中国のマスコミのレベルと、マスコミに記事を書かせている指導者の意思がよくわかりますね。私はニュースをストックしてますのでいくらでも出せますよ。
Posted by りえたん at 2006年04月07日 16:12
>「A級戦犯の息子の秘書が中国人女性店員を殴って重傷」

このニュースは東京にある中国語の新聞社に報道されています。
http://www.chubun.com/2004/12d/gb/06-01.htm
このニュースの信憑性に疑問がありましたら、中文導報お問い合わせしていただければいいと思います。

この新聞社は日本に登録している株式会社で、中国政府と関係がありません。うそをつく必要もないと思います。

私は日本にいるあいだ、こういう日本で発行された中国語新聞紙から、そういうニュースがよくあります。しかし、この種のニュースは大体日本の新聞紙にはのっていませんでした。
Posted by mirai at 2006年04月08日 19:25
りえたん at 2006年04月07日 15:00への返答や、羅剛事件は出来ないから無視ですか。構いませんよ。日本(人)を中傷するために嘘をついてもいいんですね。どうしてばれたんでしたっけ。

中文導報と人民日報が転載した記事は一言一句同じ。中文導報の転載でしょう。

>この新聞社は日本に登録している株式会社で、中国政府と関係がありません
関係ないとどうして言い切れる自信と子ny個がどこから沸いてくるのか理解しがたいですが。黄菊がガンで休養中とか、江沢民が糖尿とか、中共に不利な要素は何故か報道されませんね。関係ないはずなのに。

>この種のニュースは大体日本の新聞紙にはのっていませんでした。
信憑性がありませんから。平沼自身が声明を出した事もありませんし。在日中国人の犯罪は中国で報道されてますか?
Posted by りえたん at 2006年04月08日 20:16
りえたんさんへ

>1:選挙で選ばれたわけでもない人間がどうやって国民の意見を代表しているのかしら。アンケートでもとったの?

中国の場合は直選ではないですが、選挙もあります。日本の選挙制度と同じ、いいところもあるし、悪いところもあると思います。

中国も経済改革とともに政治改革もやっております。
いかに公平で合理的な制度が国民のひとりとして将来実現していただきたいです。

>2:支持していない?公安は放任してたぞ。ニュース見なかったのか。ウイーン条約をもう1度読め。潜水艦による領海侵犯を無視すんな。

放任したら、デモは収まらないし、現在もデモし続けています。
潜水艦の件は、中国のほうの間違いです。

>3:日本軍兵士を殺した革命烈士は日本人の感情を傷つけるので即刻その称号を取り消すように。内政干渉です。

日本軍兵士は中国の土地で中国人を殺すとしていました。武器や経済も日本とかなり差があるのに、自分の命を捨て、同胞の中国人を守るため、
侵略してきた日本軍兵士をを殺すのは、なぜ日本人の感情を傷つけるの?日本軍兵士、中国人の感情を傷つけていたのは、戦争を起こした戦犯たち、それにいまもその戦犯たちを参拝し続けているお国の指導者たち。

>http://news.xinhuanet.com/newscenter/2003-09/28/content_1105285.htm
こういうナメた発言が日本人の感情を逆なでするのです。
ウチの近くに中国人売春婦が大勢いるんだけど、ちゃんと教育してんの?

中国では、売春は法律で禁じられています。中国で買春する日本人は、中国人が日本で強盗などの犯罪をしたことと同じ犯罪です。

>黄菊がガンで休養中とか、江沢民が糖尿とか、中共に不利な要素は何故か報道されませんね。関係ないはずなのに。

あなたはもし中国語を少し分かるようなら、以下のような記事は中国共産党を褒めていると思わないでしょう?

http://www.chubun.com/2006/04a/gb/04-03.htm

>信憑性がありませんから。平沼自身が声明を出した事もありませんし。在日中国人の犯罪は中国で報道されてますか?

信憑性の問題じゃなくて、日本人記者もこういうニュースを報道したくない、それが中国の記者が在日中国人の犯罪をあまり報道したくないことと同じです。

在日中国人の犯罪も中国でたまに報道されていますが、私は中国のメディアがより多く報道したほうがよいと思います。日本は金稼ぎの天堂ではないことを多くの中国人に教えた方が、密入国、それに日本の中国人犯罪もすくなくなれます。
Posted by mirai at 2006年04月08日 21:11
>中国の場合は直選ではないですが、選挙もあります
制度が会っても機能しなければ意味がありません。直選ができるのは村民委員会主任(村長)レベルでしょう。そこでもすんなりいってないのに。

>放任したら、デモは収まらないし
デモではなく、投石や破壊を放任していたから日本(日本人)は怒っています。デモは中国でも許可されているので、毎日やろうが構いません。

>日本軍兵士をを殺すのは、なぜ日本人の感情を傷つけるの
日本人を殺したからです。なんちゃって。あなたは皮肉の分からない人なんですか。要するに余計なお世話なんです。昭和受難者=いわゆるA級戦犯が中国で何をしたかしらないでしょう。日中戦争が始まった時の首相は入ってませんか。

>中国では、売春は法律で禁じられています
公安にお金を払うと踏み込まれないホテルの存在を知っていますか。私は北京と上海、広州、昆明、珠海にあるとしっています。法律があっても機能しないなら意味はありません。書いてあるだけ。で、中国人はどうして外国に来てまで春を売りに来るんですか。

>http://www.chubun.com/2006/04a/gb/04-03.htm
褒めても貶してもいません。
中文導報は中国で何部発行されているんですか。どれほどの影響力があるんですか。在日中国人がわずかに読んでいるだけの在日の華字紙でしょう。いまさっき中国政府とは関係ないといったのだから、かなり安全な場所にいるでんでしょうね。人民日報か解放日報、中国青年報が「八榮八恥」を「懐古主義の胡錦濤らしい古い手法だ」、なんて批判できますかね。

>信憑性の問題じゃなくて、日本人記者もこういうニュースを報道したくない
昨年11月に発生した松花江の汚染は中国人が書あなたは会ったこともない記者の心を読めるエスパーなんですね。きたくなかったからですか。それとも信憑性が無かったからですか。どこかが露骨に圧力をかけてきていますが。
http://hk.news.yahoo.com/051126/12/1j1dk.html

「善意の嘘」をついた省長はまだご健在ですか
http://www.jfdaily.com/gb/node2/node17/node167/node72634/node72637/userobject1ai1144752.html
http://news.sina.com.cn/c/2005-11-14/18258295142.shtml
Posted by りえたん at 2006年04月08日 21:58
訂正させていただきます

>信憑性の問題じゃなくて、日本人記者もこういうニュースを報道したくない
あなたは会ったこともない記者の心を読めるエスパーなんですね。昨年11月に発生した松花江の汚染は中国人が書きたくなかったからですか。それとも信憑性が無かったからですか。どこかが露骨に圧力をかけてきていますが。
Posted by りえたん at 2006年04月08日 22:00
>>miraiさん

>1.中国は反日感情を煽っていません。中国政府の首脳会談拒否は国民の意思であります。

お国の指導者は人民の生命・財産・利益を守るために、人民の意思として首脳会談を拒否したのですね。

日本人にとって国民の生命・財産・利益を守るための話し合いをお国の人民は拒否したのですね。

これでは、即戦争ですよ。一触即発状態ですよ。

>中国の指導者も国民を指導する「指導者」ではありません。

お国では選挙で「指導者」を選ぶようですね。

指導者でない者をなぜ「指導者」と呼ぶのですか?
普通の国では政府と言う組織になりますが、「指導者」と呼ぶ特別な理由があるのですか?。
Posted by at 2006年04月08日 22:34
>日本人にとって国民の生命・財産・利益を守るための話し合いをお国の人民は拒否したのですね。

指導者の靖国参拝は国民の生命・財産・利益を守ることとどこが関連していますか?

>指導者でない者をなぜ「指導者」と呼ぶのですか?
文字ゲームはやめたほうがいいと思います。

りえたんさんへ
>いわゆるA級戦犯が中国で何をしたかしらないでしょう
あなたはこうの戦争が中国の人々にどのように苦痛がもたらしたのがしらないのですね。

>昨年11月に発生した松花江の汚染は中国人が書あなたは会ったこともない記者の心を読めるエスパーなんですね。きたくなかったからですか。それとも信憑性が無かったからですか。どこかが露骨に圧力をかけてきていますが。
何を言いたいのがよくわかりません。
Posted by mirai at 2006年04月10日 19:31
松花江に関連する部分については訂正を出していますので、ちゃんと読んでください。

>あなたはこうの戦争が中国の人々にどのように苦痛がもたらしたのがしらないのですね。
A級戦犯をまつっている靖国神社を日本の指導者が参拝するとどうして中国人民の感情が傷つくのか、そう主張するならその理由を示すべきです。「あなたはこうの戦争が中国の人々にどのように苦痛がもたらしたのがしらないのですね」などと何の意味も持たない返答は結構ですので、A級戦犯が中国で何をしたのか位は示してくれるかと期待していたんですが、miraiさんには無理なようなので、他の人を待ちます。
Posted by りえたん at 2006年04月10日 19:49
りえたんへ

ぜんぜん無関係の「松花江の汚染」の話を持ちかけてこられたのが、私が言った「中文導報」は日本東京にある在日中国人向けの新聞社で、圧力なんかどこからでも来ません。

>A級戦犯が中国で何をしたのか位は示してくれるかと期待していたんですが

せめて日本の教科書でもすこしだけ昔の戦争はそう述べてあります。
....多数の中国民衆の生命をうばい、生活を破壊した。南京占領の際、日本軍は、捕虜や、子ども、女性などをふくむ多くの住民を殺害し、暴行を行った....

普通の中国人が教えられた教科書には、この戦争はA級戦犯によるもので、日本人や普通の兵士も被害者であることを教われています。しかし日本の首相はA級戦犯を参拝していると、被害者側の気持ちはどうなるのが、お分かりでしょうか?
Posted by mirai at 2006年04月11日 18:50
どっちの命が大事かなんて、聞いてないでしょ。

↓天安門事件'89をとぼけている。

>文革について、指導者の過ちにより、中国の国民に大変な苦難をもたらした。中国共産党は既にこの過ちを乗り越えました。経済の発展により、国民の教育レベルが高くなり、このような過ちも二度と発生しないと思います。
at 2006年03月25日 01:56

それに、私が聞いたのは、チベット・ウイグル問題。文革は例として添えただけ。
人権問題を内政問題にして済ますシナ人に、その人権意識を確認したんです。
at 2006年03月24日 17:40

自分の子供や養子を虐待したり殺したりしている大家族が、不安で問い合わせた隣人に対して
「うちでは、我が子の命より、よそ様の命を大事にしています。」
(うちの子をどうしようが、うちの勝手でしょ。)
と答えて済ましている。その態度に、あなたの人権意識が現れています。お答頂きまして、ありがとう。

このスレッドは「在日中国人の犯罪」を話題にしているの。
在日中国人は、居心地が悪くて、今たいへんでしょ?
日本人が中国人と、日本で、どうやって犯罪を乗り越えて、一緒に暮らしていくかを、話しているんだ。
Posted by プロキシ at 2006年04月15日 02:12
プロキシへ

>↓天安門事件'89をとぼけている。
>それに、私が聞いたのは、チベット・ウイグル問題。文革は例として添えただけ。
人権問題を内政問題にして済ますシナ人に、その人権意識を確認したんです
>このスレッドは「在日中国人の犯罪」を話題にしているの。在日中国人は、居心地が悪くて、今たいへんでしょ?

まずこういう攻撃的な言葉はやめましょう、私の
天安門事件についての意見を聞きたかったら、直接聞けばいいです。

確かに中国は日本ほど現代、文明、自由な国ではありませんが、文化大革命以外は、中国があなたの想像のようなひどい人権問題はないと思います。

>自分の子供や養子を虐待したり殺したりしている大家族が、不安で問い合わせた隣人に対して
「うちでは、我が子の命より、よそ様の命を大事にしています。」

虐待したり殺したりはしていません。

在日中国人犯罪は確かに問題となっていますが、
これはすべて中国人が悪いという結論にはならないんです。人は生まれて犯罪者になるわけにはいきません。在日中国人の犯罪者はもし日本に来なくて、中国で生活したら犯罪者にならない可能性は大きいと思います。


Posted by mirai at 2006年04月17日 22:29
↑私は、天安門事件について、意見を聞かなかった。
Posted by プロキシ at 2006年04月20日 12:33
プロキシ氏、mirai氏を見逃す気ナッシングですね(w

mirai氏の弁。
言葉尻は穏やかそうですが、内心の歩み寄り成分は感じられません。
あへて言わせてもらえば、丸め込む気満々?
Posted by いとのこ at 2006年04月20日 13:57
天安門事件について重要なのは真実とその意義です。

その事件の当時は私は高校三年生でした、大学の入学試験で忙しかったですが、テレビなどで毎日ニュースが流れています。
地元は小さい都市で、隣の学校の学生や先生デモとかしていたことも聞いた。
私は当時の学生たちの要求が全国民の要求を代表していたこそ、全国的に支持と声援がもらえました。
この事件は中国共産党の進化や改革の動力でもなっていたと思います。
外国メディアなどで批判されつつ中国共産党ですが、私はテレビで見た画面では、学生に対しては政府は誠意を持っていると思います。しかし、全国的にデモなどを起こると国家が危険となり、戒厳は正しい決断も私は思っています。
私は問題となったのは、混乱を利用していた暴徒などが平和で国を変えたい学生や人民の中に隠れて、暴徒化したことによって、解放軍との衝突に暴力になってしまいました。

外国メディアなどによると、「大虐殺」と言っていますね、みんな同じ声でも、真実では限らないです。

ご参考までに
http://kks.ed.ynu.ac.jp/sub03/murata/murata-tian'anmen2.html

Posted by mirai at 2006年04月21日 22:16
>私はテレビで見た画面では、

今回の米中首脳会談でも、ホワイトハウス周辺で中国当局の宗教弾圧に抗議する「法輪功」支持者ら数千人のデモも、胡氏の演説が大紀元の記者からの非難で邪魔されるところも、司会者が中国の国名を『中華民国』と呼び間違えるところも、中国のテレビには映らなかったようですね。
Posted by K at 2006年04月22日 18:16
中国の生放送は基本的に数十秒遅れています。当然そういった突発的な事故を防ぐためで、私は一昨年中国にいたとき、サッカーを見ていて気付きました。NHKに比べて遅い。そういうことをやっていると後から知りましたが。

ただ、これも一昨年ですが、チェチェンで人質事件が発生した際、10代の少女が半裸で逃げ出してきたのが世界に流れてしまったので、こういうシステムを導入する動きもあるそうです。政治的に都合の悪い部分を隠すために使うのではありませんよ。

六四ですが、そのような一大事を李鵬なんかに任せてしまった党の責任があるでしょう。
Posted by りえたん at 2006年04月23日 02:02
言い忘れてしまいましたが、
日本でも問題の部分を放送したのはごく一部の局でした。いわゆる親中マスコミの自己規制ですね。
中国の方はその瞬間映像が途切れたようですけど。
Posted by K at 2006年04月23日 14:57
私は聞かなかった。
あなたが、言いたくて言った論理ですから、あなたの責任です。

その説明でも、事件の本質は、何も変わっていません。
・天安門で非武装のデモ参加者が、軍によって殺されたこと。
・党が認めた分だけで319(?)人殺され、その件を謝罪していないこと。
・あなたが「無い」と言ってきた言論統制が、現在も続いていること。

あなたは、このサイトに対して、以下を表明しています。
・チベット人への拷問はまぼろしだった。
・独立を望むチベット人は、海外に住んでいる少数だ。
・南京大虐殺30万人は真実だ。
・靖国参拝は、被害者の心を傷付ける

に加えて、

・天安門事件はまぼろしだった。
を新たに提出しました。
Posted by プロキシ at 2006年04月23日 17:25

>私は聞かなかった。
あなたが、言いたくて言った論理ですから、あなたの責任です。

ご心配はいりません。私は毎年何回も中国に戻りますので、来年もここで発言します。

>その説明でも、事件の本質は、何も変わっていません。
・天安門で非武装のデモ参加者が、軍によって殺されたこと。
・党が認めた分だけで319(?)人殺され、その件を謝罪していないこと。
・あなたが「無い」と言ってきた言論統制が、現在も続いていること。

319人には軍人も含まれている。
「言論統制」について、私の意見をもう一度聞いてください。

mirai at 2006年03月18日 21
中国の現在の国情により、ある程度自由がありますが、限定されています。改善されるべき、改善するだろうと信じています。

Posted by mirai at 2006年04月24日 20:04
日本の有権者の方々へ
一部の誠実な中国人の方々へ

去年の郵政選挙で、私は、初めて自民党に投票しました。

私は今まで、社会党・新進党・民主党と、ときの第2党に必ず投票してきました。
自民党の長期安定政権が民主主義に不適当と思い、「野党はダメだから」との話に共鳴できず、例えダメでも野党を育て、政権交代を柔軟にすれば、権力が浄化すると信じてきたからです。

しかし、ここへ来て、野党に投票できない、民主主義に反する別の事態が起きました。
チベット人を虐待した実績から党主席に就いた胡錦涛が、彼の「歴史認識」を日本に受け入れるよう、圧力を掛けてきたからです。今、日本が、彼の「歴史認識」を認めれば、チベット人もウイグル人も、様々な政治犯や思想犯も、私たちが見殺しにすることになります。よく言われているその理由から、私も「中華」を避けて「シナ人」と呼びます。

日本は、民主主義と自由において、アジアに責任があります。日本人が、自分たちの民主主義と自由を誇れば、アジアの人たちは助かります。中国人は、民主主義と自由を認めれば、今世紀も日本がアジアのリーダーであることを、受け入れなければなりません。多くの中国人は、日本のリーダーシップを否定するためであれば、人権なんか無視したいと考えています。自分たちのプライドのために、民主主義と人権を黙殺し、多くの人たちの苦しみから目を逸らしています。

日本が常任理事国に入ることは権利ではなく、アジアの自由への義務です。日本は、ただ常任理事国に入るだけで、アジアの人々を独裁から救うことができます。だから、反日の度合いは、各国の言論統制に比例しています。
世界の人権にとって最も良いのは、国連総会で日本が支持された後、中国が拒否権を行使することです。だから、中国は、拒否権を使いません。だから、あんなに反対しています。使える拒否権なら、騒がないで、さっさと使えばいいんです。拒否権を使えば、なぜ拒否権を使ったのか丸見えになってしまうことを、中国は知っています。知られては困るような理由で、拒否権を使いたがっています。

私は、靖国が嫌いです。戦争世代の日本人は、神風特攻隊へ若者を送り出したこと、自爆攻撃の野蛮さに鈍感だからです。「今の若い者は、軍隊に行かないから根性が無い」という老人は、不快です。

しかし、私は考えを変えました。
靖国は、中国から圧力を受けたことで、軍国主義の象徴から、アジアの自由の象徴へ変質しています。今こそ、宗教の自由・思想の自由に基づき、靖国に参拝し、中国の利己的な「歴史認識」を粉砕する国際責任が、日本人にはあります。靖国の軍国主義を批判することなら、今までもしてきたし、後でも間に合います。
中国から残酷な扱いを受けている人たちは、21世紀現在も大勢います。南京とは違って現在進行形です。シナ人の詭弁に付き合っている間に、犠牲が拡がります。

そのための近道は、日本の首相も天皇も、靖国に参拝して、江沢民や胡錦涛の「歴史認識」を粉砕することです。そのように、諸外国には、はっきり説明すれば良いんです。だから、中国は、あんなにムキになっています。

私たちは、いま、ユダヤ人へパスポートを発給した杉原千畝に倣うべきです。シナ人は、ドイツや南京の東史郎が好きなのに、杉原の話はしません。なぜなら、彼らが愛しているのは、首相の土下座であって、ユダヤ人ではないからです。

「13億の心の問題」は、彼らが後ろめたさを隠す逃げ道です。いざとなったら
「被害者の気持ちを考えない奴は、人間失格だ」
と怒鳴りさえすれば、何でも要求を通せると思っている。だらしなく要求を聞いている間に、中国を軍事国家に育ててしまった日本は、再び反省しなければなりません。彼らの詭弁に惑わされないことが、日本人の責任です。
いったい彼らが、文革殺戮記念館を作ったでしょうか? 過ちを繰り返さないためには、文革の記念館や教科書は、南京の100倍の規模が必要です。

私たちには、過去の傷と現在の傷のうち、現在の傷の方を選ぶ責任があります。それこそが戦争への反省です。
日本人が、言論の自由を愛するのは、独裁を嫌うのは、台湾の民主主義を思いやるのは、何よりも戦争に反省しているからです。

このブログに発言しているシナ人発言のほとんどは、半ばマインド・コントロールを受けて、弾圧する側の論理に立っています。彼らは、日本で仕事を得るほどに教育を、取りあえず自分に与えてくれた党に感謝し、忠誠を誓っています。
なんとかして、日本人に靖国参拝を止めさせ、日中の主従関係を確立し、文革の劣等感から抜け出そうとしています。
そのためなら、「党による虐待・虐殺は無かったけど、南京大虐殺なら在った」「言論だって、そこそこ自由じゃないか」など、何でも言います。

今この発言は、民族的偏見ではありません。いろいろなシナ人と対話を重ねた結論です。同じ話は、このブログへのコメントを通読するだけでも、充分に見つかります。

私は、安部晋三が、アジア人への愛を込めて靖国参拝する、と信じています。
ここに書いているシナ人たちが、それを阻止しようと、私たちを説得しています。だから、私は、ますます小泉、安部、麻生を信じます。
Posted by アジア人に愛のプロキシを at 2006年04月26日 21:18
プロキシへ

 余分な話はしない、あなたはあなたの思うとおりにやってください。これはあなたの自由です。
ただ何点か注意しなければなりません。

1.日中には、主従関係がありません。アジアのリーダと自己評価することもよくありません。アジア諸国はすべて平等であり、いくら経済支援を行っても、主従関係にはなりません。いくら中国が政治、経済が発展しても、ほかの諸国と平等であることは変わりません。アジアは日本のアジアでも中国のアジアでもなくて、アジアのアジアです。

2.民主主義は万能ではありません。先進性を持っても、必ず民主主義であればすべて正しいとは限りません。あなたも私の質問「アメリカ軍による拷問虐待事件はどう思いますか?」との返事もなかったですね

3.杉原千畝さんのことですが、中国でも紹介されていますよ。下の”抗日”サイトでも杉原千畝さんのこと紹介されていますよ。
http://www.jqkz.com/news/mofei_list.asp?id=807

4.国と国の付き合いは人と人の付き合いと似ています。靖国いやだけと、他人に言われたから、他人に見せるための参拝はあまりにも幼稚的でやめた方がよいと思います。
Posted by mirai at 2006年04月28日 01:43
いま日本人に必要なのは、もうシナ人には騙されない、という毅然とした意思表示だ。
「支」那」と呼ばれることを嫌う彼らの願望は、「中」華」。リーダーシップを取ることにある。
シナ人からの「リーダーシップ」「指導」であるかのような世論工作は、突っぱねよう。

「民主主義は万能ではない」とは、「共産主義が正しい」と説得したいための詭弁。言われなくとも民主主義者は、民主主義を万能と思っていないし、その証拠に、民主主義を批判しても逮捕されない。天安門事件を反省できないシナ人は、この感覚が麻痺している。
アメリカ軍の拷問の原因は、民主主義に無い。むしろ、民主主義下だったから報道されて明らかになった。共産主義に替えたら、ずっと酷くなる。

シナ人は、東史郎が好きだが、杉原千畝の話をしない。
杉原千?/東史郎(<-簡体字の杉原千畝/東史郎)を含むサイトはGoogleで、杉原128件/東164,000件。
シナ人による杉原の扱いは、東の0.1%未満。
彼らが愛しているのは、首相の土下座であって、ユダヤ人ではない。

先ず幼稚なのは「正しい歴史認識を行動で見せろ」と他人に言うこと。他人に言われて見せる参拝中止も幼稚。
日本人が大人としてアジアの幸福のために参拝すると言ったことに対し、「幼稚」と称し、拷問を黙認してでも、他人に参拝中止するよう説得を続けて、民族的プライドを守りたがるのは、極めて幼稚。

「人と人の付き合い」「アジアのアジア」を大事にする気があるなら、中国は国連人権調査にまじめに協力しろ。
Posted by アジア人に愛のプロキシを at 2006年04月30日 04:20
中国人がシナ人と呼ばれるのを嫌がっているんだから、やめたほうがいいじゃないの?
歴史的な経緯とかは別にして、
一般に外国人が嫌がる名称でその国を呼ぶことは避けるべきだと思う。
ただの名前なんだからさ。
Posted by ぽっぺ at 2006年05月05日 15:13
>ぽっぺ
>嫌がっているんだから、やめたほうがいいじゃないの?

そういう安易な妥協がどれだけ日本を損なう結果になってきたのか、まだわかってないんだな。

シナは欧米が使うチャイナと同じでインドの中国に対する呼び名チーナから来ている。
おまけに支那という漢字は中国人が自分で考えた当て字だ。
こんなことを非難するのは中国人自身が歴史を知らない証拠だろう。
Posted by at 2006年05月06日 12:40

ここのシナ人の発言は見て、不快に思わない日本人がいるのだろうか?
そもそも歴史を外交の基礎に置くことが間違いだと気がつかないのだろうか。
両岸より眺める川の景色と言う言葉があるが、歴史認識でも同じである。川の景色は立つ場所によって全く異なるのと同じで、立場が違えば認識が違うのである。例えば、フランスのナポレオン皇帝は英雄とされているが、ロシアでは単なる侵略者である。アメリカは、イギリスから独立を勝ち得た栄光の歴史があるとされるが、イギリスに言わせれば単なる逆賊だ。
つまり、立場が違えば、認識もそれぞれで、1000人いれば1000通りの認識がある。
一つの認識に絞れと言うのはとうてい無理なのだ。
もし、できるとしたら、どちらかが自らの立場を否定して、相手の側に立つことだ。そうしたら、同じ景色(認識)を見ることが出来るだろう。しかし、この場合、どちらかが支配者で他方が奴隷となることだ。
つまり、シナが言うとおりの歴史認識をしろということは、日本に属国になれということだ。
違うかい?シナ人よ。
Posted by carott at 2006年09月22日 18:47
ここのシナ人の発言は見て、不快に思わない日本人がいるのだろうか?
そもそも歴史を外交の基礎に置くことが間違いだと気がつかないのだろうか。
両岸より眺める川の景色と言う言葉があるが、歴史認識でも同じである。川の景色は立つ場所によって全く異なるのと同じで、立場が違えば認識が違うのである。例えば、フランスのナポレオン皇帝は英雄とされているが、ロシアでは単なる侵略者である。アメリカは、イギリスから独立を勝ち得た栄光の歴史があるとされるが、イギリスに言わせれば単なる逆賊だ。
つまり、立場が違えば、認識もそれぞれで、1000人いれば1000通りの認識がある。
一つの認識に絞れと言うのはとうてい無理なのだ。
もし、できるとしたら、どちらかが自らの立場を否定して、相手の側に立つことだ。そうしたら、同じ景色(認識)を見ることが出来るだろう。しかし、この場合、どちらかが支配者で他方が奴隷となることだ。
つまり、シナが言うとおりの歴史認識をしろということは、日本に属国になれということだ。
違うかい?シナ人よ。

Posted by at 2006年09月22日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13628590

この記事へのトラックバック

中国次官「13億人の心の問題」=政策対話で靖国参拝中止を要求
Excerpt: 中国次官「13億人の心の問題」=政策対話で靖国参拝中止を要求 (時事通信) &gt;&gt;中国側が小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「(中国の)13億人の『心の問題』はどうするんだ」と厳しく..
Weblog: 厨禍Watch
Tracked: 2006-02-26 03:53

中国人が日本人から信用されるには?
Excerpt: 園児殺害事件で、在日中国人・帰化人・対日ビジネスマンも居心地が悪くなると思います。そこで、私から、おせっかいな個人的提案です。日本人と話すとき、さりげなく次のように見解を
Weblog: about Anti-JAPAN
Tracked: 2006-03-11 19:14

「日中友好」の罠
Excerpt: 中国人が「友好」という言葉を使ったとき、我々は注意しなければならない。 中国人にとって、日本人は「お人好しのカネづる」だ。彼らの頭の中には、「どうやって日本人からカネを巻き上げるか」「どうやって日本..
Weblog: 厨禍Watch
Tracked: 2006-03-12 06:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。