2006年10月01日

中国の青年は歴史を学び愛国者と売国奴を区別せよ 米日の「ネット売国奴」から防衛せよ

捜狐社区 2006年09月28日 ソース(中国語)


作者: 鄭求洋

愛国の志をもつ者であれば、米国政府が反テロをグローバル政策としてから、特に第三世界の青年の洗脳工作を行っていることを注目しているであろう。

ネット上の国に災いをもたらすデマ

本部を北米に置く中国語の掲示板を運営する会社が、ネットに書き込みを多くする者の背景の調査を行ったことろ、米国のCIAと日本が、ネットの掲示板で中国を攻撃するデマを書き込む専門の要員を雇用していることが分かった。

米国のCIAのデマを作り出し、要員を雇用し、人心を乱す工作には非常に多くの前科がある。米国のあるテレビ局の特集番組によると、CIAは1950年代、60年代に高い報酬でエルサルバドルで造反者を雇い、米国のテレビ局を使い、エルサルバドルに対して毎日いわゆる「ニュース」を流し、デマを流布し、当時の社会主義政党を倒し、人心を乱し、混乱させようとした。

この後CIAの出した結論は、この種の方法は非常に有効であり、今後各社会主義国家で寝返る者に対して、祖国の母語でデマを流布することとした。

CIAのこのような工作の歴史は長い。中国は現在まさに台頭しており、当然彼らは中国の前進を拒もうとしている。

今年の始めに選ばれた「2005年ネットの8大論争」で、「売国奴」と「憤青」が第2位となった。

ネットではよく知られているが、米国は毎年数千万〜1億ドルを使って中国の「ネット売国奴」を養成し、資金提供をしている。これらの多くの者は国内の
不良学生や、無職、失業人員である。

彼らは定期的に米国からプロパガンダ用語の指示や賃金を受け取っており、多くの者の報酬は数千元である。各フォーラムやコミニティサイトに取り上げられれば、多くのボーナスが手に入ることとなり、彼らは既に職業「売国奴」となっているのである。さまざまな文面を大量に掲示板に投稿し、民衆を米日を支持させるように仕向ける。投稿の内容は規則的で、政府、国家、愛国者を攻撃する。特に反米、反日の同胞を罵り、中傷し、誹謗する。大陸の有名な学者である丁小平教授は2004年2月に「米国がネットスパイを雇い中国に危害を加えている」報道がなされてから、反中勢力の迫害目標となっているのである。

「ネット売国奴」は中国の英雄に対して攻撃を行う。「ネット売国奴」による「考察」によると、岳飛は忠臣ではなく、秦檜が正しく評価されていないとし、誤った評価を再検討すべきなどとする。彼らは中国人に対して種族攻撃を行い、中国人がいかに醜いかを大げさに宣伝し、如何にして劣等民族であり、人肉を食い人の道に外れ、カナダやオーストラリアやその他世界で白人の居住地を汚染しているかを宣伝する。故意に中国の各地区の人民を対立させようとする。ウィグル人は「造反すべき」とし、チベット人は「独立すべき」とする。中国が混乱すればするほど好ましいのである。彼らは、強敵は内部から攻撃することが得策であるこを知っているのである。

歴史を学び愛国者と売国奴を区別せよ

中国に反対、外国に賛成。米日のちょうちんを担ぎ、米国が中国大使館を爆撃するのは正しく、中国の飛行機に衝突するのは、中国の飛行機が悪く、米国人がメディアで他人の不幸を喜ぶのは、彼らのユーモアであるとする。米国は自由、民主を広げる目的で対外侵略戦争を起したとし、反米、反日勢力に対して「糞青」、「愛国奴」、「太子党」、「共狗」等とレッテルを貼る。中国の社会をまだ知らない青年は、これらによって惑わされてしまう。

米国、日本のこの手の技術は相当高度であり、数千万ドルから1億ドルに達する投資により、偉大な中華民族は、思考能力を失い、他国の「文化奴隷」となることになる。ゆえに、「ネット売国奴」、「ネットスパイ」を決して侮ってはいけないのである。

「ネット売国奴」が製造する情報はどこからくるのか? 大部分は米国、日本からである。

我が国民は米国や日本の正義がだけが正義と考え、英雄や祖先や自衛の為の反撃を放棄し、国外の思考への防御をせず、我が民族の先進的な文化を放棄し、米国や日本の文化と精神に傾倒する危機にある。我が国民、特に80年代以降に生まれた者は、まず我が民族の歴史を理解し、その後世界の研究をすべきである。我が政府はつまらない説教をし、米日の物はゴミでもすばらしい等と考えてはいけない。

日本には戦略がある。世界中が彼らのアニメやドラマを見て、彼らの電器製品を使っている。世界の多くの人が気が狂ったように日本を崇拝し、中国にもそれらが多数居る! 我が国民が接するのはすべて外国の文化で、中国の民族文化に興味を持た無ければ、ある日、身の周りがすべて他人の物になっていることに気が付くことになる。後悔してももう遅い。

文化攻撃は少年に有害

中国が社会主義現代化の建設と改革開放を始めた時、新たな時代、新たな形式、新たな任務により、新聞事業も模索と革新、変化が求められた。筆者の提案は、我々が人やられたことをそのままやり返すことである。反中言論が見つかったフォーラムやWebページに対しては、愛国の同胞がすぐに通報し、皆で攻撃する。多くの中国人は愛国であるが、多くの者が団結できるかが、民族の共同利益の力になるかの鍵となる。海外の中国人も理不尽な待遇を忍ぶのではなく、羊のように声を殺すのではなく、積極的に参加しよう。ユダヤ人のように団結し、民族の共同の利益の為、デマを捏造し、人心を乱す、悪意のある「ネット売国奴」に対抗しなければならない。

「民族スパイ病」は治さなければならない。我々は米国政府のネットを使った文化戦略と文化方面の攻勢に注意を払うのである。一旦文化分野での攻勢が成功してしまえば、民族は反撃能力を失う。

青年は祖国の未来である。新中国成立後、西側の国家は「平和的な政変」で中国の政権を転覆させようとした。中国の転覆の望みは我々第三世代、第四世代にかけられ、現在は我々の第五世代、第六世代にかけられている。同時に愛国青年に対しての攻撃と侮辱が続いている。愛国青年を「糞青」等とするのは、彼らが作った傑作である。

「ネット売国奴」は休むことなく、中国にさまざまな恥辱を与えている。中国人は警戒をすべきである。

掲示板でよく転載されている記事です。香港の大公報の記事らしいのですが、元記事の確認が出来ませんでした。

久しぶりの中華思想爆発です。1億ドルの工作活動で思考能力を失うとは、ずいぶん安い偉大な民族ではあります。

米国のCIAと日本が中国のネット上で工作活動をしているそうですが、日本のどの組織なんですかね。どのくらいの予算なんですかね。日本としては、反日で突っ走ってもらったほうが、集団的自衛権も憲法改正もやりやすいんですけどね。どうせ、なんの工作をしなくても内部で互いにレッテル張りして自滅するでしょうし。

この手の記事は、自分が外国に対して行っていることの証明でもあります。最近は日本のネットで怪しい日本語の投稿が散見されます。せめて日本語をもっと勉強してから、工作すべきでしょう。在日の中国人大学教員が千人近くもいるのですから、彼らに綺麗な日本語で書かせたらいかがですかね。まぁ、それでも空気を読めず、自然と中華思想が出て、ばれるでしょうが。
posted by 元祖うぷぷ at 16:55| Comment(20) | TrackBack(0) | 反日記事(文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。