2005年07月21日

北京で8月13日建国以来最大規模の模擬抗日空中戦が開催予定

競報 2005年07月19日ソース(中国語)

編集者注:今年は抗戦勝利60周年であり、この特別な年に中国人民は各種の記念活動を発動する。60年前に受けた民族の苦難と、非常に多くの抗戦勝利犠牲者や偉大な貢献をした人の記念である。この多くの人々の中に中国の空軍もいる。当時の中国空軍は立ち上がったばかりであり、性能も劣り、多くの者が専門の訓練を受けていなかったが、日本軍の気が狂った空襲に対し、正義のため後に引かず、勇気をもって前進し、命をかけ、知恵を使い戦った。彼らを我々は心に刻む必要がある。

本報記者張偉娜報道 来月中旬、北京航空博物館で最大規模の模擬空中戦が披露される。80あまりの「飛行機」は模型であり、安全面等を考えて、現在市民に開放はされない。これは記者が昨日V60記念活動組織委員会で掴んだ情報である。

模擬空中戦は新中国成立後最大規模

8月13日、北京航空聨誼会が昌平にある北京航空博物館で一連の抗戦勝利60周年記念活動、略してV60記念活動を行う。活動の中でもっとも注目なのは、80機あまりの模型で行われる模擬空中戦である。これは新中国成立後、最大の模擬抗日空中戦である。

60-120メートルの高度での空中戦

活動組織委員会の李東氏によると、去年模擬空中戦に参加した模擬航空機は60〜80機、第二時大戦当時の空中戦の様子と同様に、当時の米国式、日本式の戦闘機を主にする。機体の長さは2〜2.4メートルの間で、最大のものは3メートル、教習専門家が模型の大部分を制作した。これらの模型は60〜120メートルの高度で空中戦を行い、80機の戦闘機で20機が墜落する予定である。各模型には4000元のモーターを使い、実演時は地上の模型隊員がリモコンで操作し、戦闘機のリアルな実演の際は、2人の隊員が手分けして操縦と爆発を制御する。

複数の愛好者が数十万元の私財を投じる

模型一機の制作費用は8000元であり、空中戦の実演を行った場合、80機で計算すると64万元必要となる。これらの資金は何処から出ているのだろうか?李東は、今回は基本的に数人が私財を投じたものであり、この活動はみんなが有意義な活動であると考えており、抗日老将軍の夢をかなえるものであるとした。

模型は小学生の教材に

9月に活動が終わると、一部航空博物館に寄贈されるもの以外の模型は小学生の義務教育用に使われ、幼いうちからその方面の人材を育てる為に使用される。

8000元(11万円程)でできた機体の長さが2メートル以上のラジコン飛行機ですが、当然張りぼててしょうが、飛ぶんですか? すごくしょぼい活動になりそうな気がします。抗日老将軍の夢はこれでいいんですかね。

中国の愛国主義教育は「反日」ではない 国務院新聞弁公室主任(中国駐日大使館)
クラウンがアウディを猛追 中国の公用車市場 (人民網日本語版)
論評 731部隊細菌戦訴訟、中国原告団の敗訴(人民網日本語版)
北朝鮮、500キロ級核兵器を開発中=亡命した北朝鮮高官が証言(大紀元時報-日本)
中共スパイ、CIAに保護を求める(大紀元時報-日本)
汚染に抗議、製薬工場襲撃 中国浙江省の農民 (産経)
中国は周辺諸国の脅威 各種軍事作戦可能に 米国防総省 (産経)
社説 中国軍事力『脅威』を浮き彫りにした米報告(読売)
中国軍、国防予算は公表の2―3倍・米国防総省(日経)
旧日本軍の細菌戦、二審も認定 731部隊訟で東京高裁(朝日)
「つくる会教科書採択を」と地区決定に反対 茨城・大洗(朝日)
「靖国だけが日中の問題じゃない」 小泉首相(朝日)
6カ国協議:26日から北京で開催 中国外務省が日程発表(毎日)
中国:上半期GDPが9.5%増 成長継続を裏づけ(毎日)
携帯電話:激戦続きの中国市場にも「韓流」の兆し(毎日)


posted by 元祖うぷぷ at 20:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 反日記事(政治軍事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。