2005年07月11日

反日漫画 論日本 最終章 中日関係の責任は日本にある

ネット上のソース無し コメント中の写真参照

最近、中日関係に困難な状況が出現している。その原因は日本にあり、歴史上の日本の「強きに従い、弱きをくじく」ことに総括できる。中華が強栄であった頃、日本は
うやうやしくへりくだり教えを請う学生であった。しかし、中国が衰弱した時、日本は往々にして凶暴さを剥き出しにし、たけり狂う、うぬぼれた傲慢な態度を取った。現在、中国は改革開放の経済の持続発展の中で、国力は日増しに強大になり、このことが、一部の日本人の心理を日増しに複雑にし、針の筵に座っているように心が休まらない状態にしているのである。

中華民族は一途に度が大きく、人を善とみなす態度で隣国に対してきた。隣国を侵略し、占領し、略奪するよう政策をとったことは一度もない。中国が日本に対して自分から戦争の賠償を放棄したことは、まさしくこの種の民族性格を如実に示した事例といえよう。
以前の国際調査、たとえ現在であっても、たった26%の日本人のみ自分がアジア人であると答えているのである。このことから日本民族は、「ただ、強者に従い、弱者に敬意を払わない」心理状態が見出せる。日本民族は、根本的にアジアの国家の仲間になるには値しないのである。

日本人は歴史教科書を絶えず修正し、靖国神社を参拝する。日本はアジア隣国を尊重せず、アジアの被害を受けた国の人民の感情を蔑視し、踏みにじっている。日本のこの種の独断専行は、多くの人に日本人の欠落した理性と、過激で幼稚な性格特徴を如実に語っているのである。


写真
P284 中日関係の責任は日本にある 挿絵1
P285 中日関係の責任は日本にある 挿絵2

「論日本」の最終章です。読者の皆様はどのような感想をもたれましたでしょうか。

中華思想から来る日本に対する「優越感」と「劣等感」、日本に対する「出鱈目な知識」と「偏見」。当プログで通常訳している記事に比べて相当レベルが低いですが、筆者の思考力の水準はほぼ全ての中国人の思考力の水準と殆ど同じと思われます。逆にいえば、共産党指導の中国メディアの記事レベルは比較的高いとも言えます。

この漫画は、「共産党により書かれている」ものか

これは読者の方の中でも意見が分かれるところだと思いますが、私は、筆者が「自分の意志」で書いたものだと思います。私がそのように考える理由は以下の3点です。

1、思考が統一した人民による「自己の意思」により書かれている

中国で「現在」情報統制をしている為、共産党の意図通りの報道がされるとの主張があります。これは確かに部分的には正しいのですが、それとともに、60年の共産党支配により、既に共産党の思考と全く一致した思考をもつ人民が量産され、彼らが「自己の意思」として行動していると思うからです。

中国滞在の方で中国人の友人がいる方なら分かると思うのですが、中国人、特に戦争や文化大革命を知らない若者の思考は非常に統一されています。筆者も「隣国を侵略し、占領し、略奪するよう政策をとったことは一度もない」と述べていますが、彼らは「中国は平和を愛する国家だ」と本気で信じています。数千年の周辺国への侵略、現在も続く民族浄化を彼らは全く知らないのです。理解しようとしないのです。

改革開放政策から外資の資金と技術を呼び込み、一部の人民は物質的な豊かさを享受し、「自信」がついてきてます。それらの自信のついた人民が「自分の意志」で共産党と同じ思考で、行動しているのではないかと思うのです。

筆者は最後に中華思想から来る日本人の理性、過激、幼稚な特性が原因としていますが、これは、この辺の経緯と同じですね。知識があろうとも、社会で成功してようとも、日本語がペラペラでも、極々一部を除いて、中国人の思考は統一されてしまっています。

2、筆者は、「反日」の本来の目的を理解していない

中国共産党はなぜ「反日」政策をとるのか。日本が憎いのではなく、その大きな理由は共産党の正当化ですね。だからこそ、日本鬼子が卑怯に攻め込んできて、共産党がかっこよく成敗するわけです。ところが、筆者のこの本は、「日本憎し」で凝り固まってしまっています。共産党の意図するものではありません。

3、情報の誤りが多すぎ、プロパガンダとして失格

プロパガンダでは、「嘘」、「間違い」だと見抜かれないのが最低限の条件でしょう。しかし、筆者の情報、知識はあまりに低レベルで、完全に失敗していると言えます。

この漫画のインパクトは

正直、この漫画の大きなインパクトはないと思います。内容的には、中国人の日本関係の「常識」を繰り返しているだけで、特に注目するものはありません。小林氏の漫画が当時の常識に逆らい、熱狂的なファン生み出したのとは全く異なります。そもそも、価格が22元(300円)と非常に高く、あまり売れないでしょう。書店でも片隅で売られてる類です。子供や事情をよく分からない第三国人向けとしてはインパクトがあるかも知れません。

明日、「論日本」を呼んだ子供が小泉首相に手紙を書いたそうなので、その記事を訳してみます。明日で「論日本」の関係は一旦終了します。

中国製ビール、9割強に発ガン物質(大紀元時報-日本) 在中日本人には大きなニュース。。。
各国の抗議を無視、中国政府は「外交郵便」を検査(大紀元時報-日本)
北朝鮮に完全核放棄要求へ 米長官、中国指導部と会談 (産経)
日本は憲法改正し軍事面で「普通の国」に 米誌、論文を掲載(産経)
文科相、「従軍慰安婦はなかった言葉」とのメール紹介(日経)
「反日」事件で負傷の邦人留学生、上海総領事館に抗議文(日経)
中韓英訳の歴史教科書、8月上旬から外務省HPで公表(読売)
中国:北京駅広場で爆発、時限爆弾装置の部品押収(毎日)



posted by 元祖うぷぷ at 15:16| Comment(17) | TrackBack(0) | 反日漫画(論日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。